お知らせ

2017年7月 1日 (土)

『別視点ナイト、ご来場ありがとうございました』

昨日、無事『別視点ナイト』が開催されました!

9f14ad8es

100人以上のお客様にご来場頂いたそうですが、楽しんで頂けたでしょうか?

僕は片手袋の分類や、研究対象が広がりすぎて収拾がつかなくなっている話をさせて頂きました。まあそれは良いとして、僕以外の登壇者の方々のお話が本当に面白く、壇上で大笑いしてしまいました。

ただ面白かっただけでなく、共感する部分が多々ありました。焼きそばの塩崎さんや便所サンダルの飯田さんは「ちょっと分野が違うのかな?」と思ってましたが、やはり何かを突き詰める、という過程において見えてくる景色や苦労は同じなんですね。心の中で(ああ、分かる)と何度もつぶやいておりました。

個性が豊か過ぎる五人のトークを別視点ガイドの松澤さんと地理人さんが上手く導いてくれたおかげで、奇跡的に統一感のあるトークイベントになったのではないでしょうか?

自分がやっている事が何なのか、未だに自分でも分かっていないのですが、こうして皆様の前で自分の活動を客観的に紹介させて頂く事で整理出来たりします。またいつか、こういう機会があれば是非チャレンジしてみたいと思います。

会場の風景などを撮る余裕が全然なくて、文字だけのご報告になってしまいましたが、とにかく本当に楽しかったです!

あ、そうそう。実は片手袋分類図を二年ぶりに改訂して発表したのですが、このブログでもいずれ変更点を詳しく解説しますね。

あと補足ですが、「ヒトデすら片手袋に見えてしまう」という時期に、池袋の水族館にヒトデを観察しに行ったときの写真がこちら。

091123_142015 091123_142059

なんと「カワテブクロ」というヒトデがいて、「カタテブクロ」と一文字しか違わなかったのには驚きましたね…。


P.S. トークの休憩中、こんなメモを渡してくださったお客様がいました。

Img_4591
※トラックのガソリンタンクのキャップに軍手がよくかぶっているのでそれもおススメです。

ありがとございます!もちろん記録しておりますよ!

3 Photo

これがトラックの走行中に落ちてしまうのも、道路の片手袋発生理由の一つでもありますね。詳しくは過去の記事をご参照くださいませ。

『高速道路の片手袋問題』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

『別視点ナイト、いよいよ今週金曜です!』

路上の達人たちに交じって僕も登壇させて頂くトークイベント、『別視点ナイト』開催が迫ってまいりました。

9f14ad8es

便所サンダルにゴムホースに植木鉢。焼きそば、空想地図に珍スポット。それぞれの専門家が語り倒すこのイベント、カオスに陥るのか思いもよらぬケミストリーが生まれるのか?是非、目撃しに来てくださいね!

チケットは締め切りも見えてきたそうですから、どうかお早めに。片手袋的には、このイベントで初めて明かす片手袋研究に関するある事柄もいくつかあります。

今週金曜、6/30の20:00より渋谷のカルチャーカルチャーで開催です!

詳細はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

『サンキュータツオさんの新刊に片手袋研究が!』

321510000579

本日(5/29)発売されたサンキュータツオさん著『もっとヘンな論文』。

奇妙だけど興味深い、内容と同じ位「何故それを調べようと思ったのか?」が気になる、何より熱意に溢れた学術論文が並び紹介される中、街の研究者枠でなんと片手袋研究が紹介されてます!

http://www.kadokawa.co.jp/product/321510000579

私、タツオさんが出演されている東京ポッド許可局というラジオ番組をずっと聞き続けている一ファンでございます。現在はTBSラジオで放送されてますが、最初はメンバーのお三方が自分たちで運営していたポッドキャスト番組だったんですが、その頃からのリスナーですからね。

そんなお方のご著書で紹介していただけるなんて、本当に光栄です。まあ僕のことは抜きにしても、とにかく面白い本です。ちょっとどんな論文が紹介されているのか、目次を引用させて頂きますと…

【目次】
はじめに
一本目  プロ野球選手と結婚する方法
二本目  「追いかけてくるもの」研究
三本目  徹底調査! 縄文時代の栗サイズ
四本目  かぐや姫のおじいさんは何歳か
番外編1 お色気論文大集合 
五本目  大人が本気でカブトムシ観察
六本目  競艇場のユルさについて
七本目  前世の記憶をもつ子ども
番外編2 偉大な街の研究者
八本目  鍼灸はマンガにどれだけ出てくるか
九本目  花札の図像学的考察
十本目 その1 「坊ちゃん」と瀬戸内航路
十本目 その2 「坊ちゃん」と瀬戸内航路 後日譚
あとがき

どうですか?こういった研究に人生を捧げているような方達が存在しているという事実。私、なぜだかとても勇気付けられましたよ。

笑いながら言いようのない感動も味わえますので、皆様も是非ご覧下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

ご近所さんと片手袋について語り合った!

僕の拠点である東京の「谷根千」の魅力を伝え続けるユニット、ロジロジさん。

実はロジロジさん、昨年の秋冬シーズン、片手袋を撮り続けていたんです。なので冬シーズンの終わりごろ、片手袋の魅力を語り尽くしてきました。

ロジロジさんのブログにアップされておりますので、是非ご覧下さい。

https://rojiroji-blog.tumblr.com/post/160789677291/lostglove-interview

楽しい数時間を終えて僕が強く感じたのは、「いつか手袋という装身具の歴史から始まり、手袋や片手袋がモチーフとして現れるあらゆるジャンルの表現物、そして僕の片手袋研究や写真を集めた展覧会を企画したい」ということ。

タイトルももう決まってます。『手袋・片手袋の表現史』。絶対に面白くなるはず。

死ぬまでに必ず実現させたい夢が一つ増えました。これを目にした美術関係者の方、是非ご一考ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

『トークイベント出演のお知らせ』

昨年のインタビュー記事、今年のお正月のツアーでお世話になった東京別視点ガイドさん主催のトークイベントに出ますよ!

9f14ad8es

2017年6月30日(金)に「別視点ナイト」を開催します!
別視点ツアーでガイドいただいスペシャリスト勢ぞろい。
便所サンダル、片手袋、植木鉢、ホース、焼きそば、地図、珍スポットを観察しつづける7名で路上観察を語ります!

http://www.another-tokyo.com/archives/50551982.html

もちろん僕は片手袋を中心にお話しさせて頂くと思いますが、他ジャンルの専門家のお話を伺えるのが僕自身も楽しみです。

かなり面白いイベントになると思いますので、是非よろしくお願いいたします。チケットは既に発売中ですのでお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

『小冊子 片手袋研究入門について』

そういえば、一年近く大事な事をこのブログに書いていなかったことに気付きました。

Img_1690

昨年、手袋製造販売メーカー「ヨークス」さんの2016新作秋冬モデルの展示会に参加させて頂きました。新作手袋が展示されている横で、片手袋写真の展示をしたのです。

仕事の都合で展示会場にいられなかったので、名刺を置いておこうと思ったのですが…。「片手袋研究家 石井公二」と書かれた名刺、何が何だか意味が分かりませんよね?

その時、思い出したんです。岡山で素敵なトートバッグを作ってらっしゃるポール工房さんのブログに、A6判、8ページの小冊子を作る方法が書かれていたことを!

http://letterstosamuel.com/?p=7181 (⇐こちらのページです)

そこで、一冊で片手袋研究の基礎的な事だけは伝わるような小冊子を作る事にしたのです。

1451464746_126

数百部刷ったのですが、おかげさまで展示会の期間中に全てなくなってしまいました。

でもこの初版、致命的なミスをしてしまいまして…。前回の記事でも書いたんですが、地面に落ちているから放置型、というのはとても短絡的な考え方でして。

1451464746_165 Photo

ところが私、放置型の具体例として、どう考えても「地面にあるけど介入型」の写真を選んでしまったのです…。片手袋研究家失格ですよ。文春にすっぱ抜かれなかったのが不思議なくらいですよ。

そこで気を取り直して、第二版では写真を入れ替えてまた数百部刷りました。

Photo_2

しかし…。この写真、何故か左右反転したのを入稿してしまったのです。

Photo_3
※正しくはこちら

本当に馬鹿ですよね。でもまあ、破棄するのも勿体ないので、泣く泣くこれを配っていたのです。で、この第二版もようやくなくなりました。

そして昨年末、ようやく全て間違いを直した状態で、第三版を刷ることが出来ました。初めてお会いした方や、片手袋関係のイベントの参加者の方にお配りしてます。

手のひらサイズの小冊子ですが、我ながら8ページに片手袋研究が簡潔にまとまってると思います。

基本的には直接お渡しする以外ないのですが、東京都文京区にある「往来堂書店」さんのレジ前と、昨年写真展とトークイベントをやらせてもらった谷中の「ひるねこBOOKS」さんに置かせてもらってます。お近くの方はお立ち寄りの際に是非ご覧下さい。

また、メールで住所等教えて頂ければ郵便でお送りしますので。もしそのような奇特な方がいらっしゃったらご連絡くださいませ!

katateblog@gmail.com 石井公二まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

『日曜天国の補足』

本日、『安住紳一郎の日曜天国』出演してまいりました。起きてる時間の相当な割合をTBSラジオと共に過ごしているので、嬉しい反面、大緊張でしたよ…。

当然のことながらラジオなので、話の中で触れた片手袋を実際に見て頂く事は出来ません(それでも安住さんの説明スキルに物凄く助けられましたが)。なので、本日の補足として、幾つか実例を挙げておきたいと思います。

・片手袋分類図

6

この分類図はあくまで暫定的なもの。実際これまでに何回も改訂しています。また、ここに載っていない片手袋の方が多いというのも大事です。むしろこの分類図は見た事がない片手袋に気付くのに役立つのです。

しかしこんな細かい分類は置いといて、ひとまず落ちたまま放っておかれている「放置型片手袋」と、

Photo Photo_2 Photo_3

落ちている片手袋を、落とし主が見付けやすい場所に誰かが移動した「介入型片手袋」

Img_5459 Img_1884 2

の二種類だけ覚えて貰えれば十分です。

・片手袋に魅かれるのはマニアックなのか?

僕が片手袋に魅かれるきっかけは、小学校一年生の時に出会った絵本『てぶくろ』です。

510yr0gjq2l__sl500_aa300_

他にも沢山の絵本や映画、漫画なんかに片手袋は登場します。また近年、SNSで片手袋の写真をアップする人が世界中に現れ、その様子は『lost glove』などのキーワード検索で伺い知る事が出来ます。伊集院光さんやトム・ハンクスも片手袋を撮っているんですよ。

それらをまとめたのが以下の表です。

Photo_4

1800年代には既に、マックス・クリンガーというドイツの作家によって、人間が片手袋を落とし、それを第三者が拾おうとしている瞬間が版画として残されています。

Photo_8
※『手袋』という作品です

スキー場の片手袋についてお便りをくださった方がいらっしゃいましたが、『フレンチアルプスで起きたこと』という映画をよーく見ると、スキー場の片手袋が生まれる瞬間が映ってます。

勿論「片手袋研究家」に出会ったことは未だにありませんが、果たして片手袋に魅かれてしまう、という事自体はマニアックな事なのでしょうか?

・スマホ対応片手袋&委築地の片手袋

ある土地や時代の変化が、片手袋にも表れる事があります。その例としてスマホと築地の話をさせて頂きました。

Img_1923

手袋をつけたままタッチパネルが操作できるタイプは当初、このような素っ気ないデザインでしたが、

Photo_5

やがてこのようなお洒落なタイプが出てきて、

__

遂には子供用のスマホ対応片手袋と出会うまでになりました。この事は日本にスマホが完全に定着したことを物語っていますよね。

また築地場内の片手袋は、

Photo_6 1 Gw

このように軍手やゴム手袋など、作業に用いるタイプが多いのです。しかし場外に目をやると、

36 Photo_7 Img_2505

特に冬場なんかはこういったお洒落なものが目立ちます。勿論それぞれ例外はありますが、片手袋を通じて場外と場内の役割の違いを感じられますよね?

場内にも介入型はあるのですが、

Img_7876 62

こんな風に、普通は介入型になりにくい軍手やゴム手袋が拾われてるんです!これって場内で大事にされるものと、場外で大事にされるものの価値観の違いを現していてとても興味深いです。

しかしさらに!近年、場内でも

___1

このように子供用の片手袋が介入されていたりするんです!これは僕が築地に通い始めた15年くらい前では考えられませんでしたよ。つまり、築地の変化というのは「河岸と観光地、二つの側面のバランスの変化」であるという事が分かりますね。

・ガードレールとシュシュ

最後に話題に出た、「ガードレールとシュシュ」がこちら。

2_2 3 1_2

ただでさえ片手袋で本当に忙しいのに、どんどん自分を追い込んでしまっています…。

公共の電波を使って30分も訳の分からない話をしてしまいましたが、「この世界の片隅にある断片的なものにこそ、時代の変化や人間の行動は表れる」という事がお伝えしたかったのです。

冬型の片手袋(ファッション類の介入型など)は大体、桜が咲くころまで楽しむことが出来ます。まず手始めに、ガードレールなどに注目してみると、比較的見付けやすいと思いますよ!

Img_7854 Img_5043 Img_2090

私の個人的な研究(というか呪い)を聞いて下さった皆様、本当に有難うございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

『ラジオ出演のお知らせ』

2/19(日)、TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』に出演して片手袋研究について語ります。

午前11時から30分位です。果たして安住さんはどんな反応をするでしょうか?しかも僕は十年来のTBSラジオヘビーリスナー。嬉しい反面、とても緊張しますよ…。

もしよろしかったらお聞き下さい!

http://www.tbsradio.jp/120335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

『山車ラジオで語り倒してきたよ!』

「オイサオイサで山車ラジオ」というポッドキャストにお邪魔して、片手袋研究について語らせて頂きました。

山車ラジオは映画を語る会でご一緒しているずまさんと、“ソンシツ物件”“本物ランチサンプル”の収集家として知られる殿下さんがやっているポッドキャストです。

僕と同じように町を舞台にして色々収集していらっしゃる殿下さんもいたので、片手袋研究の話はそこそこに、

  • ・片手袋とは何か?
  • ・我々は路上のものをなぜ写真に撮るのか?なぜ分類するのか?
  • ・収集の欲求の源泉はどこ?
  • ・自分が集めているものを、先に集めている人がいたらやめる?
  • ・「君の名は」は片手袋映画だ!
  • というような、普段しない話を聞いて貰いました。ずまさんはフラットな立場なので、熱くなる二人に冷静な反応をしていたのも面白かったですね~。

    一時間のロングセットですが、是非お時間ある時に聞いてみて下さい!

    こちらのページから聞けます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年12月26日 (月)

    『片手袋探しツアーやりますよ!』

    ※おかげさまで予定人数に達しましたので、ご予約を締めきりました!

    以前、インタビューを掲載して頂いた人気サイト、東京別視点ガイドさんが片手袋探しのツアーを企画してくれました!題して…

    「特殊町歩き 片手袋GO」

    です。町を歩きながら実際に出会った片手袋を解説していきます。でも必ず出会えるとは限らないのも片手袋の魅力。三時間くらい歩いて一つも出会わなかったら悲しいので、片手袋以外にもう一つ目的を追加しました。

    それは七福神巡りです!ここ数年、毎年お正月に七福神めぐりをしながらの片手袋探しを個人的に行ってきました。ブログでもその様子はご報告させて頂いてます。(201420152016

    Img_0424 Img_0444

    これ、地味だけど本当に楽しい町歩きだと個人的に思ってます。ちょっとでも片手袋に興味がある方、是非一緒にやりましょう!

    ツアーの詳しい情報、申し込みは以下の東京別視点ガイドさんのページをご覧になって下さい。

    http://www.betsushiten.com/?p=2814

    宜しくお願い致します!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧