写真

2017年9月18日 (月)

『祭りの後の、いや最中の静けさ』

先週末、地元の祭りが終わった。

大雨の中での神輿渡御。火照った体に容赦なく雨が降り注ぎ、湯気が立ち上る。不思議と疲れの蓄積やテンションの低下は担ぎ手に伝播するもので、定期的に掛け声が小さくなる瞬間が訪れる。

それを打ち消すように、再び声を絞り上げる。これを繰り返すうちにトランス状態が訪れ、苦痛は快楽に変わる・・・らしい。

あれは昨年だったろうか。私は例年通り神輿を担いでいたのだが、視界の端にあれが写った。

Img_2465

片手袋だ。軽作業類放置型駐車場コインパーキング系。

僕はすぐに神輿から出て撮影を開始した。満足のいく写真が取れた頃。

Img_2464

神輿の列はすでに遥か彼方に行ってしまっていた。

我を忘れ神輿を担ぐうちにトランス状態が訪れ、苦痛は快楽に変わる・・・らしい。片手袋研究家には一秒たりとも我を忘れる瞬間が訪れないのだ。

いや、むしろ常に我を忘れているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

100年後の世界の片手袋

バイクの様子がなんだかおかしくなり、急遽エンジンを止め押して反対車線に渡っていた。

「重い…」

思えばバイクの免許を取るとき、最初に倒れた400ccのバイクを起こす授業から始まったのだった。あれからもう20年近く経つ。たかが150ccのスクーターすら重くてしょうがない。

「ひーこらひーこらばひんばひん」状態で信号を渡りきる直前、アイツがいた。

Img_5549 Img_5552

軽作業類介入型三角コーン系片手袋。

この時期にはなかなか見ない種類だけに胸が躍ったが、その横に倒れ込んでる三角コーンがなんだか自分みたいに思えて、複雑な気分になったよ。

自分が80歳位くらいになった時、どんなふうに片手袋を見ているんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

『夏場の介入型』

2017

夏場でも片手袋は沢山落ちてますし、こういう介入型片手袋と出会うこともあるんですよね。

しかし、油断はしていないつもりですが冬場ほど目が介入型に慣れていないこともあり、自転車で通り過ぎてからだいぶ経って、

「さっきのはもしかして…」

と引き返して撮ったのでした。なんとか面目を保ちましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

『カーテンを開いて』

カーテンの向こうに隠れた君は、少しだけ恥ずかしそうだった。

Img_5127

そおっとカーテンを開け覗き込んだ僕を、君は口をとがらせながらも優しい目で見てくれたね。

Img_5128

ディスポーザル類放置型片手袋。僕と君の、夏の終わり。

(こいつ、いよいよどうかしてきたぞ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

『後楽園で発見!こんなところに片手袋』

先日、後楽園遊園地で遊んできました。

刺すような日差しの下、久しぶりに訪れる後楽園。子供の頃の記憶が蘇ってきたりしてとても楽しかったのですが、パラシュートの乗り物ごときで大絶叫してる自分に驚きましたよ。昔はジェットコースターが大好きで、何回繰り返しで乗っても大丈夫だったのに。

というわけで、子供の頃は見向きもしなった緩い乗り物がとても有難いのです。ゆっくり進むトロッコがあったので、「こんぐらいがちょうど良いや!」と列に並びます。

Img_5073 Img_5074

レバーを上下させて進むのです。

Img_5071

「さ、頑張るぞ!」と進み始めて僅か五秒。

Img_5069

出た~!なんでこんな所に!

よく見ると奥の方でトロッコの修理をしている作業員の方がいらして、たぶんその方が落としたのかな?と。

それにしても、レバーの上下運動を奥さんに任せ放棄し、片手袋撮影に夢中になっていたんですけど…。久しぶりに片手袋活動に対して嫌な顔をしている奥さんを見ましたね。

「いや、あんた。それなりに大変なこの作業を私だけに任すわけ?」

という感じの。でもね、私は「片手袋研究という名のトロッコ」を少しでも前に進ませることを最優先にしてるんで。改めてその辺の心境をちゃんと察して欲しいと思いましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

『食や物流や土木の裏に片手袋あり!』

Photo

上野公園で掃除をしている方たちの休憩中、片手袋が発生しておりました。

休憩時間の間だけここに挿しておいたのでしょうから、介入型でも放置型でもなく、実用型かな?

Photo_2

でもこの片手袋を見て改めて思ったんですけど、「作業、仕事の裏に片手袋あり」ですよ。

1

頻繁に紹介している築地の片手袋だって、河岸の方達が忙しく働いているから発生する訳です。

Photo_3

唐突に路肩などに発生する片手袋だって、おそらく配送業者の方や物流関係の方が落としていったものも多いのではないでしょうか?

Img_0838 Img_0837

二年位前、「国立競技場の場所に何もない状態を見られるのは今しかない!」と思い、散歩しに行ったのですが、

Img_0836

当たり前のように工事現場の近くに作業用片手袋が落ちていました。

食に物流に建築。私たちが快適に暮らすために必要なものを支えている人達を、私たちは普段全く意識していない。偉そうなことを言える筈もなく、僕もそうやって生きてしまっています。

でも、片手袋を通した時だけそういう現実に思いを巡らせることが自然に出来るから不思議です。

そして最近新国立競技場の現場で起きた事などを考えると、それはやはり必要な瞬間なんじゃないかな?と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

『とまれ』

2

先日、知り合いと歩きながら話していた時に出会った一枚。

「話している時によく見つけられますね!」

と驚かれたけど、皆さんにお伝えしたいのは「僕はちゃんと話を聞いています!」という事。長年の片手袋研究生活により、どんな行動をしている最中でも片手袋を発見できる体質になってしまったのです。

なので僕と付き合いのある人達は、「あいつは全然話を聞いていないんじゃないか?」と嫌いにならないで!

あと、たまに出会うんですけど、「とまれ」の表示と片手袋。

2_2 Photo __

なんか「足と手を止めて自分の人生をよく考えてみろ」と言われてるような気がしてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

『ムッシュ・ムレムレ』

Photo

この時期のディスポーザル類手袋。もうね、ムレムレで中に汗が溜まっちゃうくらいですよね。気密性が高ければなおさら。

そういえば最近、このタイプの手袋を頭に被って(※良い子は絶対にマネしないように!)、鼻息だけで膨らませる芸をよく見ません?あれは実用系片手袋(焼き芋屋さんの屋台に片方だけ置かれている軍手など、片手袋の中では例外的に目的があってわざと片方だけになっているタイプ)とみなしてよいものか、悩んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

『朝活』

早朝。ゴミ出しをした後、コンビニに向かう。

その途中。放置型の片手袋と遭遇。しかし、何たることだろう。携帯を持たずに家を出てしまったので、記録が出来ない。

携帯電話のカメラ機能が向上したおかげで、遭遇した片手袋を撮り逃すことは殆どなくなった。しかし肝心の携帯電話を持っていなければ意味がない。片手袋研究家の習性のようなもので、この十数年、ほんの少しの外出でも必ず携帯を持って出るようになった。

そんな僕に訪れた一瞬の油断。とりあえず落ち着いてコンビニでの買い物を済ませ、家に帰り携帯を持って、先ほどの場所へ再び向かう。

Photo

良かった。まだあった。早朝で殆ど人もいないので、様々な角度から思う存分撮っておいた。

油断はあったけれど、良い朝だった。

…良い朝なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

『雨上がりの夕空に』

前回の投稿で、「この時期に嬉しい介入型との遭遇!」とか書いてましたけど、本日夕方、雨上がりの町を歩いていたらまたもや遭遇!

2017_1 2017_2

民家の郵便ポストの裏から伸びてる棒に刺さってました。ファッション類だったんで、このお宅の方が冬場に家の前に落ちてた片手袋を拾い、目立つようにしてあげてたんでしょうか?

だとすると、もう半年以上ここに居続けてる可能性もありますよね?このお宅の方も慣れちゃって、いまさら捨てる気にもならないのでしょうか?

それとも全然別な理由、例えば何かのサインとか、意味があるものなんでしょうか?

いずれにせよ嬉しいサプライズでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧