写真

2017年6月21日 (水)

『雨上がりの夕空に』

前回の投稿で、「この時期に嬉しい介入型との遭遇!」とか書いてましたけど、本日夕方、雨上がりの町を歩いていたらまたもや遭遇!

2017_1 2017_2

民家の郵便ポストの裏から伸びてる棒に刺さってました。ファッション類だったんで、このお宅の方が冬場に家の前に落ちてた片手袋を拾い、目立つようにしてあげてたんでしょうか?

だとすると、もう半年以上ここに居続けてる可能性もありますよね?このお宅の方も慣れちゃって、いまさら捨てる気にもならないのでしょうか?

それとも全然別な理由、例えば何かのサインとか、意味があるものなんでしょうか?

いずれにせよ嬉しいサプライズでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

『ジミヘン・ハデヘン』

Img_4483 Img_4482


この時期に嬉しい介入型との遭遇!

でも勘違いしないでください。僕の信念は「片手袋博愛主義」「片手袋に貴賎なし」。地味な放置型に比べて、派手な介入型の方が遭遇した時に嬉しい、なんてことは絶対にありません!

ただ冬が終わり、しばらく出会えていない介入型を見られたことに対する喜びなのです。

…まあ、片手袋に興味ない人からしてみれば、「放置型=地味、介入型=派手」という時点で意味不明ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

『片手袋研究が熟成された場所』

Photo

築地移転問題、どうやら大きな流れが決まりつつあるようですね。

とにかく、僕は十数年片手袋研究の基礎を支えてくれた築地の片手袋を、これからも築地場内という場所がある限り記録し続けます。その時間はあまり多くないようにも思われますが。

今日も出会いました。軽作業類放置型片手袋。築地の皆様、いつもお仕事お疲れ様です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

『あなただけよとすがって泣いた』

2017

ディスポーザル類の片手袋。

薬局で買えば何百枚も入って千円しないで買えちゃうような代物。しかし、それが一度人間の手を通ってから落ちると、なぜだか急に愛おしく感じてしまう。

まあさすがにそれは僕だけだろうが、大量生産された既製品を購入して手にした瞬間、自分だけのものに感じられてしまう。

この「既製品が自分(or誰か)だけのもの」に変容していく境目に興味があるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

『初心者』

先日取材で、

「この時期、初心者はどこを探したら片手袋と出会えますか?」

という質問を受けました。まあ片手袋において“初心者”も何もないのではないか?という疑問はひとまず置いといて。

「やっぱり路肩を注意するのが一番の近道でしょうね」

とお答えしました。

Photo

今日出会ったのはそんな言葉通りの片手袋。「軽作業類放置型道路系片手袋」です。

冬以外の代表的な片手袋ですけど、よく考えたらこのタイプ。初心者の人にとっては何が面白いんだか全く分かりませんよね?

Photo_2

冬場のこういうタイプなら、ほんのちょっとは片手袋の魅力も分かって頂けると思うんです(まあ、それでもかなりハードルは高いでしょうけど)。

でも、「軽作業類放置型道路系片手袋」に関しては…。僕なんか路肩の片手袋を見てるだけで何杯でもいけちゃうんですけどね(下戸なんでヤクルトを)。

この時期、「最も見つけやすい片手袋」が「最も魅力が伝わりづらい片手袋」である、というのはなかなかに悩ましい問題であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

『知られざるクロウ~空からの力~』

昨日、自転車で出かけた時の事。

この時期でも片手袋との出会いは沢山ありますので、いつものように気を引き締めて周辺をくまなくチェックしておりました。勿論、事故を起こさないように運転を最優先しながらですよ。

すると突然、後頭部に激痛が!

…私、人生で初めてカラスに襲撃されました。激痛だったんですけど、周囲の目が恥ずかしくて「いや、別に。普通ですけど?」みたいな感じでそのまま自転車をこいでいたんですが。

再度の激痛!

…はい、二度目の襲撃でした。子育てに勤しむカラスにとっては、キョロキョロと怪しげな動きを見せる私は即攻撃対象だったのでしょうか?

Photo

その後、無事片手袋に出会えたからまだ救われましたが、実は結構精神的ショックが大きかったです。

何しろ私、保育園の遠足でカラスにおやつの「おっとっと」を箱ごと持っていかれて以来、カラスが怖くてしょうがないんですよ。それが初めて直接攻撃された訳ですから。

片手袋を見逃さないようあらゆる場所をチェックしながら生きていますが、これからは空からの一撃にも備えて行動したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

『いつも何度でも』

2017

毎度おなじみ、築地でございます。ゴム手袋類放置型道路系片手袋でございます。

この時期、多くの方に「片手袋のシーズンもオフですね。さみしいですか?」などと聞かれますが、築地がある限りシーズンオフなどありえません。

僕が毎週築地に通う環境にない人間だったら、片手袋研究はどうなっていたんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

『珍プレー好プレー』

2017

もう何枚撮ったかも思い出せない築地の「軽作業類放置型片手袋」。

Photo __ Photo_2

Photo_3 Img_3964 Img_2258

確実に数百枚は撮ってますが、不思議とやっぱり毎回嬉しいんですよね。

昔「珍プレー好プレー」を見ていると、必ず最後に司会者が「一生懸命プレーしているからこそ、珍プレーが生まれるのです」と言って番組を締めてましたが、築地の片手袋もそういう事ですよね。

「河岸の人間が一生懸命働いているからこそ、片手袋が生まれるのだ」。

あとどれくらい、築地の片手袋と出会えるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

『愛のむきだし』

4

なんてことはない「軽作業類放置型横断歩道系片手袋」に見えますが、片手袋撮影のテクニックが発揮されてますよ。

何しろ横断歩道ですから。他の歩行者や右左折車の邪魔になってはいけません。したがって、歩きながら撮影して、なおかつブレないように注意しなければなりません。

これぞ十数年、片手袋に愛を注ぎ込んだ成果ですよ!こんなにも他に役立たない成果も珍しいですね!

おやすみなさいっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

『籠の中の片手袋』

冬場だけでなく、一年を通じてコンスタントに出会える片手袋がいくつかある。『放置型籠系片手袋』もそのうちの一つだ。

惜しむらくは、それが発生するメカニズムを未だ明確に解明出来ていない事。しかし、このタイプが多いことだけは事実なのだ。駅前の駐輪場などを一回りしていれば、大抵一つは籠に入った片手袋を見つけることが出来る。

Photo

これも先日で合った『軽作業類放置型籠系片手袋』。不思議なもので、このタイプは冬でも圧倒的に軽作業類が多い。

そんな訳で、自転車やバイクを見ると籠をチェックせずにはいられない体質になってしまった。つくづく「片手袋によって俺の人生は様々に変わってしまったなぁ」と実感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧