写真

2017年3月23日 (木)

『表に出たら二秒で片手袋』

映画が好きなので、日比谷や有楽町によく行きます。

地下鉄を降りて地上に出る時、日比谷みたいな大きな駅は幾つも出口がありますよね。雨が降っている時などは目的地に出来るだけ近い出口を選びたいですが、晴れてればまあ別にどこでも良い訳です。

でもね。なんかこう、ビビッと直感が働くんです。

先日、いつもは使わない出口から地上に出たところ、

Photo

はい、目の前に片手袋!こういう事がね、少なくないんですわ。さすがに「持ってるな、俺」と思ってしまいますよ。

…もうちょっと大きな事で持っている人間になりたかった、というのが本音ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

『平行・垂直』

Photo

地面に近いけど、おそらく放置型でなく介入型。

煉瓦ブロックに対して垂直でなく平行に置いてあげたことで、何だか一直線に伸びていく前向きさが感じられます。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

過去の画像を見返してみると、ブロックに対して平行に置いてあげる例の方が圧倒的に多いですね。

Img_5383

目立たせる、という意味では垂直に置いた方が良いような気もしますが。やはり人間は自然と納まりが良い方を選んでしまうのでしょうか?

片手袋自体細かすぎる着眼点かもしれませんが、「平行か垂直か」というさらに細かい所にも注目すると面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

『3m下にある片手袋』

今日、とある駅の前で待ち合わせをしていた。相手が来るまでボーっとしていたのだが、駅前の景色を眺めていて何かオーラを感じた。

Img_4033

このような感じ。地面から底上げされて建てられた駅舎と外の道路にある隙間。

Img_4035
※反対から見た感じ

放り投げられたたばこの吸い殻や空き缶、ビニール傘が散乱している雑多な風景。しかし僕は直感した。

「この散乱したゴミの中に片手袋がある筈!」

駅から出て鞄から出した手袋を歩きながら装着…の最中に誤って下に落としてしまった人が絶対にいる筈だ。待ち人はまだ来ないので、下を覗き込んでみる。

Img_4028

「あ!」

Img_4029

「やっぱりあった!」

ファー付きの高そうな片手袋。直感は正しかった。横に移動しながら、なおも観察を続ける。

Img_4031

画像では分かり辛いが、二つも片手袋が落ちている。しかも、どれもファッション類。これは捨てられたのではなく、やはり誰かが誤って落としてしまったのだろう。

当然下に降りていって撮影する事も考えたが、

Img_4033_2

立ち入り禁止のフェンスが設けられ、それは出来なかった。しかし片手袋がある、という直感が正しく働いた事に気を良くした僕は、待ち人が既に到着している事にすら気付かないのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

『移調』

Photo

背景にまだ散る前の鮮やかな銀杏。

Img_3142

銀杏が散り始めた頃。銀杏の絨毯のようでこれはこれで綺麗。

Photo_2

散ってから暫くすると雨などでぐちゃぐちゃになり汚くなってしまう。

片手袋の写真フォルダを見返していたら、銀杏ってちょうど冬型の片手袋の移り変わりと併走している植物なんだな、と思いました。

こちらは番外編。

Img_4023

一年中散る事のない銀杏と片手袋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

『戻り片手袋』

季節ってある日突然変わってしまう訳ではなく、徐々に徐々に変化していくものですよね。今は冬でもなく春でもない。そんな日々が続いています。

むしろ日毎というより一日の中で季節が変わっていく感じで、朝晩はまだまだ寒いですが、日中は上着を投げ捨てたくなる位暖かい時もあります。そのせいか、最近は夜に片手袋と遭遇することが多いです。

Photo

先日出会ったこの凄く厚手の暖かそうな片手袋。魚で言えば餌を沢山食べて脂がたっぷりのった戻り鰹のようなものです。

片手袋を魚で例える意味があるのかどうか、私にも分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

『ここで逢いましょう、築地で』

築地、どうなっちゃうんですかね?

十五年以上も通ってるので、そりゃあ、あの場所に対する思いは特別なものがあります。片手袋の聖地だという事は抜きにしても、大好きな場所です。

移転が決まってから(このような事態を想定していなかったので)、片手袋だけでなく築地の何てことない風景も撮るようにしてました。場内、場外問わずです。

Img_2853 Img_2872 Img_2915

Img_2951 Img_3245 Img_3305

Img_3306 Img_3307 Img_3746

そしてどんな時でも当然のように僕を出迎えてくれる、築地の片手袋。

Img_3964

先は全然読めないけど、築地の片手袋と築地の日常風景。この二つはこれからも許される限り記録し続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

『人間の善意の幅』

落ちている片手袋を誰かが拾い上げ、目立つ場所に置いてあげる「介入型片手袋」。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

放置型片手袋からは「落とした人の物語」を感じますけど、介入型片手袋からは「拾い上げた人の物語」が感じられますよね。皆さん、何とか目立つ場所に置いてあげようと、様々な工夫を凝らしています。

でも、様々な形の悪意があるように、善意にも様々な形があるんですよね。

1010 Photo 120308_1657531

これらの片手袋、地面にあるので一見放置型に見えますが、いずれも少しだけ地面より高い所にありますよね?これ、おそらく介入型なんですよ。

拾い上げて棒やガードレールに挿したり、ガムテープで電柱に貼ったり、時にはビニール袋に入れてあげたり。そういう手の込んだ優しさもありますが、何となく道路の脇に放り投げたり、中には足でチョチョイと端っこに蹴ったり。

まあ、こういうのも一応善意ではあると思うんですよね。むしろこういう事例は人間の善意の幅の広さを知る事が出来て面白いのです。

なので何となく「放置型=視線を下に、介入型=放置型より若干視線を上に」という思い込みは大間違いです。地面にあっても介入型の可能性はあるので注意してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

『トゥギャザーしようぜ!』

片手袋を求めてキョロキョロしながら生きてる訳ですが、心底思うのは「世の中って本当に何でも落ちてるな~」という事。で、その何でも落ちてる物が片手袋とセットで現れてくることもある訳です。

Img_0144
電球の箱と一緒にゴム手袋が落ちてると、感電を恐れた人が落したように見えてきます。つまり、片手袋の横に何かが落ちていると、物語が広がっていくような気がするんです。

Img_3921
寒い中外でカップラーメン食べようとしたのかな?

Img_5724
食べ物、飲物系は多いですね。

091201_090624
煙草の箱に覆いかぶさった片手袋のさらに上に棒。禁煙を破った人が叩かれているようです。

Img_0340
ロマネスコが一緒に落ちてた時は物語というより謎が広がりましたが。

Img_3527
煙草の箱。不思議と片手袋とカラーリングが似てくることがあります。

勿論風の吹き方などによって、落ちてるものが一か所に集まってくるだけかもしれませんが、想像力を刺激されますね。

Img_3170_2
まあ、梅おにぎりが二個重ねて置いてあったりすると、何をどうすれば良いのか全く分からなくなってしまいますけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

『傾向は絶対的なものではない』

Img_3902 Img_3903

先日、銀座周辺を歩いていたら介入型にせよ放置型にせよ、やはり上質な素材の片手袋が多かったです。片手袋の違いを調べていけば、地域間の所得格差なんかが露になってしまうかもしれませんよね。

Img_2508

とはいえ、当然ですが銀座にだって軍手などの片手袋が発生します。「傾向はあるが、それは絶対的な偏差ではない」。これは片手袋研究においてとても重要な事です。

例えば、「銀座には高級な片手袋しかない」と決めつけてしまうと、不思議と人間の目は高級な片手袋しか見えなくなってしまうんですよね。

あらゆる片手袋を発見する為にも、思い込みや決め付けは避けなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

『二大ルール』

片手袋研究をする上で重要なマイルールが二つあって、

①出会った片手袋には触れない

というのと、

②わざわざ片手袋を探す為に出掛ける事はしない

というものです。①は片手袋というものが人間の無意識に深くかかわる現象である以上、僕がそこに意図的な何かを加えてしまっては研究にはならないな、と判断したからです。出会った片手袋をわざと面白い形にして置き直したりしたら、ちょっと研究からは離れてしまいますからね。

②も同じような理由で、片手袋って偶然出会うからこそ「あ、あった!」という驚きがある訳で。最初から見付けようとして出かけるのは、少し違うかな?と思うのです。

しかし近年、近所の人などに片手袋研究家であることをカミングアウトしてから、②は若干緩やかになりつつあります。というのも、近所の方が「あそこに落ちてたよ」と教えてくれることが増えたんです。

で、うちの近所に片手袋がある事を知っているのに撮りにいかないのも、それはそれで研究家失格だと思うので。そういう場合は撮りに行くようにしています。

Photo

これなんか「あったよメール」が来てから0.5秒で家を飛び出して撮ったんですけど、近隣民家通用口の扉の下にポツンと落ちてるのがとても趣深くて。教えて頂いて良かったですよ。

①のルールはともかく、研究を続けていくうえで②のルールに関しては緩やかに変化していくのかな?と思っています。

…「カミングアウト」ってなんだ、俺?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧