« 映画『パターソン』と片手袋的視線~パターン+パーソン=パターソン~ | トップページ | 『祭りの後の、いや最中の静けさ』 »

2017年9月11日 (月)

100年後の世界の片手袋

バイクの様子がなんだかおかしくなり、急遽エンジンを止め押して反対車線に渡っていた。

「重い…」

思えばバイクの免許を取るとき、最初に倒れた400ccのバイクを起こす授業から始まったのだった。あれからもう20年近く経つ。たかが150ccのスクーターすら重くてしょうがない。

「ひーこらひーこらばひんばひん」状態で信号を渡りきる直前、アイツがいた。

Img_5549 Img_5552

軽作業類介入型三角コーン系片手袋。

この時期にはなかなか見ない種類だけに胸が躍ったが、その横に倒れ込んでる三角コーンがなんだか自分みたいに思えて、複雑な気分になったよ。

自分が80歳位くらいになった時、どんなふうに片手袋を見ているんだろう?

|

« 映画『パターソン』と片手袋的視線~パターン+パーソン=パターソン~ | トップページ | 『祭りの後の、いや最中の静けさ』 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/71681335

この記事へのトラックバック一覧です: 100年後の世界の片手袋:

« 映画『パターソン』と片手袋的視線~パターン+パーソン=パターソン~ | トップページ | 『祭りの後の、いや最中の静けさ』 »