« 『カーテンを開いて』 | トップページ | 『夏場の介入型』 »

2017年8月23日 (水)

『高速道路、それは罪悪感へ続く道』

夏休み。久しぶりにレンタカーをして、内房まで遊びに行ってきた。

楽しい予定の筈。しかし僕は出発前から気持ちが重かった。何故か?そう。『高速道路の片手袋問題』である。

高速道路の片手袋。他のどの種類より量が多い筈なのに、落ちている場所、そして運転中という僕の状況、その二つが組み合わさって今まで一枚も撮れていない片手袋達だ。

東京から内房に向かう首都高。そしてアクアライン。あるわあるわ、ゴム手袋類や軽作業類の片手袋。

目的地に近づくにつれ、はしゃぎ始める家族。それと正反対にどんどん心が重くなっていく僕…。

片手袋研究家。それは夏休みの当り前の楽しみも許されないさだめ。

今日はアップできる写真は一枚もない。高速道路の落下物を回収する職業があると聞く。今、僕の頭にある単語が浮かんでいる。

「転職」

|

« 『カーテンを開いて』 | トップページ | 『夏場の介入型』 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/71505803

この記事へのトラックバック一覧です: 『高速道路、それは罪悪感へ続く道』:

« 『カーテンを開いて』 | トップページ | 『夏場の介入型』 »