« 『両手袋問題を考える絶妙な事例』 | トップページ | 『レジー・見らー』 »

2017年2月 1日 (水)

『逆光の頃』

早朝の築地。良い感じの介入型片手袋と出会った。

Img_3751

しかし、朝の日差しが逆光になってしまい上手く撮れない。

Img_3754

横断禁止の看板で日差しを遮るように撮ってみるが、構図としてなんか変だ。

Img_3750

やや斜めから。イマイチ片手袋が見えない。

Img_3757

裏から。片手袋が影になってしまう。

Img_3760

先程とは逆の位置で斜めから。うん、まあ今まででは一番良いか。でも、ここでよく分からなくなる。

「良い片手袋写真とは何だ?」

元々は記録として撮り始めた片手袋写真だ。良いとか悪いとかの基準は、自分の中でどこにあるんだろう?

こうしてまた一つ、自分で勝手にやっているのに自分でその意味が分からなくなる、というマッチポンプが発生してしまった。

いつの間にか太陽は高く上り、築地を照らしていた。

|

« 『両手袋問題を考える絶妙な事例』 | トップページ | 『レジー・見らー』 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/69449507

この記事へのトラックバック一覧です: 『逆光の頃』:

« 『両手袋問題を考える絶妙な事例』 | トップページ | 『レジー・見らー』 »