« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

『人間の善意の幅』

落ちている片手袋を誰かが拾い上げ、目立つ場所に置いてあげる「介入型片手袋」。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

放置型片手袋からは「落とした人の物語」を感じますけど、介入型片手袋からは「拾い上げた人の物語」が感じられますよね。皆さん、何とか目立つ場所に置いてあげようと、様々な工夫を凝らしています。

でも、様々な形の悪意があるように、善意にも様々な形があるんですよね。

1010 Photo 120308_1657531

これらの片手袋、地面にあるので一見放置型に見えますが、いずれも少しだけ地面より高い所にありますよね?これ、おそらく介入型なんですよ。

拾い上げて棒やガードレールに挿したり、ガムテープで電柱に貼ったり、時にはビニール袋に入れてあげたり。そういう手の込んだ優しさもありますが、何となく道路の脇に放り投げたり、中には足でチョチョイと端っこに蹴ったり。

まあ、こういうのも一応善意ではあると思うんですよね。むしろこういう事例は人間の善意の幅の広さを知る事が出来て面白いのです。

なので何となく「放置型=視線を下に、介入型=放置型より若干視線を上に」という思い込みは大間違いです。地面にあっても介入型の可能性はあるので注意してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

『トゥギャザーしようぜ!』

片手袋を求めてキョロキョロしながら生きてる訳ですが、心底思うのは「世の中って本当に何でも落ちてるな~」という事。で、その何でも落ちてる物が片手袋とセットで現れてくることもある訳です。

Img_0144
電球の箱と一緒にゴム手袋が落ちてると、感電を恐れた人が落したように見えてきます。つまり、片手袋の横に何かが落ちていると、物語が広がっていくような気がするんです。

Img_3921
寒い中外でカップラーメン食べようとしたのかな?

Img_5724
食べ物、飲物系は多いですね。

091201_090624
煙草の箱に覆いかぶさった片手袋のさらに上に棒。禁煙を破った人が叩かれているようです。

Img_0340
ロマネスコが一緒に落ちてた時は物語というより謎が広がりましたが。

Img_3527
煙草の箱。不思議と片手袋とカラーリングが似てくることがあります。

勿論風の吹き方などによって、落ちてるものが一か所に集まってくるだけかもしれませんが、想像力を刺激されますね。

Img_3170_2
まあ、梅おにぎりが二個重ねて置いてあったりすると、何をどうすれば良いのか全く分からなくなってしまいますけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

『傾向は絶対的なものではない』

Img_3902 Img_3903

先日、銀座周辺を歩いていたら介入型にせよ放置型にせよ、やはり上質な素材の片手袋が多かったです。片手袋の違いを調べていけば、地域間の所得格差なんかが露になってしまうかもしれませんよね。

Img_2508

とはいえ、当然ですが銀座にだって軍手などの片手袋が発生します。「傾向はあるが、それは絶対的な偏差ではない」。これは片手袋研究においてとても重要な事です。

例えば、「銀座には高級な片手袋しかない」と決めつけてしまうと、不思議と人間の目は高級な片手袋しか見えなくなってしまうんですよね。

あらゆる片手袋を発見する為にも、思い込みや決め付けは避けなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

『二大ルール』

片手袋研究をする上で重要なマイルールが二つあって、

①出会った片手袋には触れない

というのと、

②わざわざ片手袋を探す為に出掛ける事はしない

というものです。①は片手袋というものが人間の無意識に深くかかわる現象である以上、僕がそこに意図的な何かを加えてしまっては研究にはならないな、と判断したからです。出会った片手袋をわざと面白い形にして置き直したりしたら、ちょっと研究からは離れてしまいますからね。

②も同じような理由で、片手袋って偶然出会うからこそ「あ、あった!」という驚きがある訳で。最初から見付けようとして出かけるのは、少し違うかな?と思うのです。

しかし近年、近所の人などに片手袋研究家であることをカミングアウトしてから、②は若干緩やかになりつつあります。というのも、近所の方が「あそこに落ちてたよ」と教えてくれることが増えたんです。

で、うちの近所に片手袋がある事を知っているのに撮りにいかないのも、それはそれで研究家失格だと思うので。そういう場合は撮りに行くようにしています。

Photo

これなんか「あったよメール」が来てから0.5秒で家を飛び出して撮ったんですけど、近隣民家通用口の扉の下にポツンと落ちてるのがとても趣深くて。教えて頂いて良かったですよ。

①のルールはともかく、研究を続けていくうえで②のルールに関しては緩やかに変化していくのかな?と思っています。

…「カミングアウト」ってなんだ、俺?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

『そうだ恐れないで、片手袋の為に』

Photo_2


早朝、開店前のパン屋さんの前に置かれていた片手袋。

閉店後、この辺りに落ちていた片手袋を誰かがこのテーブルに置いていったのでしょうか?

早朝の為人通りもなかったので、構図を考えながら何枚も写真を撮っていたらどこからか視線を感じました。このガラスの向こう、店内で既にパンを仕込んでいた職人さんがジッとこちらを見ていたのです。

確かに真剣に仕事する職人さんを邪魔してしまったかもしれない。けどね、僕だって片手袋に真剣なんですよ。

とにかく僕に言えるのは一つだけ。

「申し訳ございませんでした!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

『片手袋は動的平衡である』

先日の日曜天国でもお話しましたが、放送当日TBSラジオに向けて急いでいたらやっぱり現れました。

Img_3897

しかも築地場内以外ではあまり見ない(全く見ない訳ではない)、軍手の介入型だったので暫く立ち止まって観察してしまいました。もう一度書きますが、“急いで”いたんですがね…。

ところが放送終了後、この場所に戻ってみたらもう変化していました。

Img_3899

風も強かったので外れてしまったようです。

片手袋を分類する上で一番重要なのは“放置型”と“介入型”の違いなのですが、その際に注意して欲しいのは、「それはあくまで鑑賞者が出会った瞬間の状態である」という事。一つの片手袋が辿る運命は固定されたものではなく、もっと複雑です。

Img_3278 Img_3280

例えばこの片手袋。放置型の状態で出会ったのに、僅か数分後にここを通ったら、もう介入型に変わっていました。

Img_3816 Img_3821 Img_3822

これなんかは介入型になったり放置型になったり、また介入型になったり、運命に翻弄され続けている片手袋でした。

片手袋という現象として見れば変化はないのですが、放置型や介入型という細かい視点で見れば常に変化し続けているんですね。そもそも介入型は必ず一度放置型の状態を経験している筈ですし。

うん、これが生物学の世界で言う「動的平衡」というやつか!

…違うな。ただ、化石の世界では「タフォノミー」という概念があるそうですし、一つの対象を継続して観察していく視点も重要なんでしょうね。

P.S それにしても、人が片手袋を落とす瞬間は何度か目撃しているのに、人が片手袋を拾い上げる瞬間はこれだけ研究を続けているのに見た事ないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

『日曜天国の補足』

本日、『安住紳一郎の日曜天国』出演してまいりました。起きてる時間の相当な割合をTBSラジオと共に過ごしているので、嬉しい反面、大緊張でしたよ…。

当然のことながらラジオなので、話の中で触れた片手袋を実際に見て頂く事は出来ません(それでも安住さんの説明スキルに物凄く助けられましたが)。なので、本日の補足として、幾つか実例を挙げておきたいと思います。

・片手袋分類図

6

この分類図はあくまで暫定的なもの。実際これまでに何回も改訂しています。また、ここに載っていない片手袋の方が多いというのも大事です。むしろこの分類図は見た事がない片手袋に気付くのに役立つのです。

しかしこんな細かい分類は置いといて、ひとまず落ちたまま放っておかれている「放置型片手袋」と、

Photo Photo_2 Photo_3

落ちている片手袋を、落とし主が見付けやすい場所に誰かが移動した「介入型片手袋」

Img_5459 Img_1884 2

の二種類だけ覚えて貰えれば十分です。

・片手袋に魅かれるのはマニアックなのか?

僕が片手袋に魅かれるきっかけは、小学校一年生の時に出会った絵本『てぶくろ』です。

510yr0gjq2l__sl500_aa300_

他にも沢山の絵本や映画、漫画なんかに片手袋は登場します。また近年、SNSで片手袋の写真をアップする人が世界中に現れ、その様子は『lost glove』などのキーワード検索で伺い知る事が出来ます。伊集院光さんやトム・ハンクスも片手袋を撮っているんですよ。

それらをまとめたのが以下の表です。

Photo_4

1800年代には既に、マックス・クリンガーというドイツの作家によって、人間が片手袋を落とし、それを第三者が拾おうとしている瞬間が版画として残されています。

Photo_8
※『手袋』という作品です

スキー場の片手袋についてお便りをくださった方がいらっしゃいましたが、『フレンチアルプスで起きたこと』という映画をよーく見ると、スキー場の片手袋が生まれる瞬間が映ってます。

勿論「片手袋研究家」に出会ったことは未だにありませんが、果たして片手袋に魅かれてしまう、という事自体はマニアックな事なのでしょうか?

・スマホ対応片手袋&委築地の片手袋

ある土地や時代の変化が、片手袋にも表れる事があります。その例としてスマホと築地の話をさせて頂きました。

Img_1923

手袋をつけたままタッチパネルが操作できるタイプは当初、このような素っ気ないデザインでしたが、

Photo_5

やがてこのようなお洒落なタイプが出てきて、

__

遂には子供用のスマホ対応片手袋と出会うまでになりました。この事は日本にスマホが完全に定着したことを物語っていますよね。

また築地場内の片手袋は、

Photo_6 1 Gw

このように軍手やゴム手袋など、作業に用いるタイプが多いのです。しかし場外に目をやると、

36 Photo_7 Img_2505

特に冬場なんかはこういったお洒落なものが目立ちます。勿論それぞれ例外はありますが、片手袋を通じて場外と場内の役割の違いを感じられますよね?

場内にも介入型はあるのですが、

Img_7876 62

こんな風に、普通は介入型になりにくい軍手やゴム手袋が拾われてるんです!これって場内で大事にされるものと、場外で大事にされるものの価値観の違いを現していてとても興味深いです。

しかしさらに!近年、場内でも

___1

このように子供用の片手袋が介入されていたりするんです!これは僕が築地に通い始めた15年くらい前では考えられませんでしたよ。つまり、築地の変化というのは「河岸と観光地、二つの側面のバランスの変化」であるという事が分かりますね。

・ガードレールとシュシュ

最後に話題に出た、「ガードレールとシュシュ」がこちら。

2_2 3 1_2

ただでさえ片手袋で本当に忙しいのに、どんどん自分を追い込んでしまっています…。

公共の電波を使って30分も訳の分からない話をしてしまいましたが、「この世界の片隅にある断片的なものにこそ、時代の変化や人間の行動は表れる」という事がお伝えしたかったのです。

冬型の片手袋(ファッション類の介入型など)は大体、桜が咲くころまで楽しむことが出来ます。まず手始めに、ガードレールなどに注目してみると、比較的見付けやすいと思いますよ!

Img_7854 Img_5043 Img_2090

私の個人的な研究(というか呪い)を聞いて下さった皆様、本当に有難うございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

『ラジオ出演のお知らせ』

2/19(日)、TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』に出演して片手袋研究について語ります。

午前11時から30分位です。果たして安住さんはどんな反応をするでしょうか?しかも僕は十年来のTBSラジオヘビーリスナー。嬉しい反面、とても緊張しますよ…。

もしよろしかったらお聞き下さい!

http://www.tbsradio.jp/120335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

『介入型フェンス系片手袋』

介入型フェンス系片手袋。

1 Photo Photo_2

Photo_3 2014 5656565__

Img_3210 Img_1917 Photo_4

どんなにフェンスを作ったって、あっち側でもこっち側でもない場所にスルリと挟まりこんで居場所を作ってしまう奴らがいるのさ。見事なもんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

『隙間産業』

Img_2084 101005_0944291

Img_3876 Img_3884

そりゃあ人よりだいぶ片手袋センサーが発達してますけど。

さすがにこういう、塀の下とかから僅かに顔を出してるだけの片手袋に気付いた時は、自分で自分が恐くなりますね。

「よく片手袋が見えますね」

しょっちゅう人に言われます。でもね、「片手袋以外何も見てない」とも言えるんですよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

『ドアを開けられないのは誰だ?』

12 Img_3851


ごくまれに見かける、ドアノブに差し込まれた介入型片手袋。

拾ってあげた人の優しさを感じると同時に、このドアを日常的に使う人の困った顔が浮かびますよね。拾ってあげた人、優しいのは優しいんですけど、もう少し他の場所はなかったんですかね?

誰かの誰かへの優しさが、また別の誰かの困惑を生んでしまう。なかなか考えさせられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

『山車ラジオで語り倒してきたよ!』

「オイサオイサで山車ラジオ」というポッドキャストにお邪魔して、片手袋研究について語らせて頂きました。

山車ラジオは映画を語る会でご一緒しているずまさんと、“ソンシツ物件”“本物ランチサンプル”の収集家として知られる殿下さんがやっているポッドキャストです。

僕と同じように町を舞台にして色々収集していらっしゃる殿下さんもいたので、片手袋研究の話はそこそこに、

  • ・片手袋とは何か?
  • ・我々は路上のものをなぜ写真に撮るのか?なぜ分類するのか?
  • ・収集の欲求の源泉はどこ?
  • ・自分が集めているものを、先に集めている人がいたらやめる?
  • ・「君の名は」は片手袋映画だ!
  • というような、普段しない話を聞いて貰いました。ずまさんはフラットな立場なので、熱くなる二人に冷静な反応をしていたのも面白かったですね~。

    一時間のロングセットですが、是非お時間ある時に聞いてみて下さい!

    こちらのページから聞けます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年2月 9日 (木)

    『手荒い手洗い』

    Img_3702

    スーパーの出口付近。即席で設けられた落し物コーナー。袋に入っているのはハンドタオルだろうか?そしてその上にチョコンと置かれた革の片手袋。

    ん?待てよ?二つの落し物の下には洗面台。手袋を外し、手を洗い、手を拭き、そして手袋もハンドタオルも忘れていった?つまり二つの落し物は同一人物によるもの?

    片手袋というと屋外ばかりイメージしてしまうが、屋内の片手袋も中々に想像を膨らませてくれる存在である。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年2月 8日 (水)

    『バス停の片手袋問題』




    6


    片手袋分類図は固定化されたものではなく、常に追加・変更・修正を考え、時折改訂しております。

    今現在、第三段階に追加しようかと考えてる種類が結構あります。その中の筆頭が「バス停系」です。

    Img_3827 Photo 3

    バスの乗降時、人間は片手袋を落としやすくなるんですね。お金やIC乗車券の出し入れを考えると、理由は分かりやすいかと思います。しかし問題なのは、

    Img_1042 2 Photo_2

    当たり前と言えば当たり前なのですが、放置型だけでなく介入型も多いんですよね。「落とす人が多い=それを拾ってあげる人も多い」という訳です。バス停周辺ってベンチやガードレールが必ずあるので、拾った片手袋を置く場所にも困りませんし。

    となると「電柱系」みたいに

    __ Img_5459

    放置型にも介入型にも組み入れるのが良いのかな?と思うのですが、そうなると放置型は良いとして、「介入型ガードレール系片手袋」と「介入型でバス停のガードレールに置かれた片手袋」をどう区別するのか?という別の問題が浮上してきます。

    Photo_4 Photo_3
    ※この二つの差別化はどう図るべきなのか?

    個人的には、バス停近辺のガードレールに挿さった片手袋は「介入型バス定系」として分類しても良いのかな?と思っています。

    この他にもいくつか変更点を加えて、近々久しぶりに片手袋分類図の改訂を行おうと考えております。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年2月 5日 (日)

    『脳天唐竹割り片手袋』

    冬場、最も見掛ける機会が多い介入型片手袋。それが“ファッション類介入型ガードレール系片手袋”。

    Img_7854 Img_2090 Img_5043

    普通はこんな感じのものをイメージしますよね?

    Img_5728

    でもここに挿したり、

    Img_2164

    手袋の指を用いて結んだり、

    Img_2322

    袋に入れてぶら下げたり、色々なパターンがあるんです。

    今日見たのはこれ。

    Img_3818

    見事な脳天唐竹割り!勢いがあって良いですよ。このように、同じ分類の中にも存在する若干の違いに注目するのも楽しいですよ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年2月 4日 (土)

    『帰ってきた片手袋』

    Photo

    水道橋、某ビルの入り口に介入型片手袋。

    十年以上研究を続けていても分からない事の一つに、介入型片手袋のうち何割くらいが落し主のもとに帰るのか?という問題がある。

    でもこればっかりはどんなに頑張っても、永遠に正確な割合なんて出せませんよね。でもせめて、落とした片手袋が拾われていて見つける事が出来た、という人の体験談を集めたいよ。

    片手袋研究。最近は人に話を聞くことで知見を深めていきたいテーマが沢山出てきてます。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2017年2月 2日 (木)

    『レジー・見らー』

    この時期、スーパーのレジ周りや買ったものを袋に入れるスペースに注意。

    Img_3808 Img_3809

    このように幾つも忘れ物の片手袋が積み重ねられていたりします。簡易忘れ物置き場ですね。

    これ、結構高そうなのもあるので店員さんは困るでしょうね。捨てる訳にもいかず、日付や落ちてた場所をメモして保管。仕事が終わったら他の店員さんにちゃんと引き継いだりしなきゃいけないんですから。

    ちなみに私、このタイプの片手袋がないかキョロキョロし過ぎて、自分が買った豚肉を置いてきてしまった過去あり。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年2月 1日 (水)

    『逆光の頃』

    早朝の築地。良い感じの介入型片手袋と出会った。

    Img_3751

    しかし、朝の日差しが逆光になってしまい上手く撮れない。

    Img_3754

    横断禁止の看板で日差しを遮るように撮ってみるが、構図としてなんか変だ。

    Img_3750

    やや斜めから。イマイチ片手袋が見えない。

    Img_3757

    裏から。片手袋が影になってしまう。

    Img_3760

    先程とは逆の位置で斜めから。うん、まあ今まででは一番良いか。でも、ここでよく分からなくなる。

    「良い片手袋写真とは何だ?」

    元々は記録として撮り始めた片手袋写真だ。良いとか悪いとかの基準は、自分の中でどこにあるんだろう?

    こうしてまた一つ、自分で勝手にやっているのに自分でその意味が分からなくなる、というマッチポンプが発生してしまった。

    いつの間にか太陽は高く上り、築地を照らしていた。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »