« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

『2016年の片手袋研究を振り返る』

今年最後の更新なので、ちょっと2016年を振り返ってみます。

今年も片手袋を撮る、考察する、発表するという活動を積み重ねる日々でした。しかし、今までとちょっと違う流れが生まれてきたのが印象的でした。

まず思い出されるのは、手袋製造メーカーのヨークスさんに声を掛けて頂いて実現した写真展示です。ヨークスさんの新作秋冬コレクション展示会場で写真展示をさせて頂いたのです。

Cillxctugaalfgh_2 Img_1690

いつか手袋業界の方と何かやってみたい、という思いはありましたが、如何せん僕が記録しているのは落し物としての手袋。「業界の方からしてみるとあまり良いイメージではないかも」と思っていましたが、面白がって僕に声を掛けて下さったヨークスさんには本当に感謝です。色々と手袋に関する知識も増えました。

トム・ハンクスの片手袋騒動も面白かったですね。トム・ハンクスがTwitterに片手袋写真をアップし続けている事が話題になったのですが、それを解説する為にラジオに出たりもしました。

Photo_2

またそれを機に、今まで収集してきた世界中の片手袋に関する事象をまとめられたのも良かったですね。

Photo_3

いよいよ、片手袋という文化、現象が世界中に存在している事を無視出来なくなった一年でした。

人気サイト、東京別視点ガイドさんにインタビュー記事を掲載して頂いたのも忘れられません。

「片手袋は呪い」なぜ道路に手袋が落ちているのか。その道30年、片手袋研究家に聞いてきた

今まであまり表に出さなかった「片手袋研究を続ける辛さ」を初めて吐露できましたし、このインタビューがきっかけで、来年早々の片手袋探しツアー「特殊町歩き 片手袋GO」を企画して貰えたのも嬉しかったです(しかもすぐに満員御礼になったのも驚きでした!)。

あの「しょこたん」の番組に出演して、しょこたんを完全に引かせながらもベストニッチマニアを受賞したのも嬉しかった!しかもコメンテーターが昔から大好きだったサンキュータツオさんでしたしね。

谷中の本屋、ひるねこBOOKSさんで行った写真展、トークイベントも忘れられません。特にトークイベント。テレビやラジオ以外では初めて、人前で片手袋研究を語り倒した訳ですが、我ながら結構面白かったしトークイベントは今後も追求していきたいですね。

Talkshow_4

あとブログで詳しく報告していなかったかもしれませんが、小冊子「片手袋研究入門」を作ったのは大きかったです。

Ch2kbnsuyaazs8l_2

今まで初対面の人に「どうも。片手袋研究家の石井です!」とか言っても何一つ伝わらなかったんですが、この8ページの小冊子のおかげで僕が何をやっているのか分かって頂けるようになりました。

この小冊子、「町の本屋さん」の代表格である、千駄木往来堂さんのレジ前に置かせてもらっているので、興味がある方はどうぞ手に取ってみて下さい。勿論無料です。

地味だ地味だ、と思っている片手袋研究も、毎年年の瀬に振り返ってみると結構色んな事をやってるんですよね。上記以外にもテレビ出演や原稿執筆もさせて頂きましたし。こんな活動に興味を持ってお声を掛けて下さる方達には本当に感謝しております。仕事の都合などで引き受ける事が出来なかったお話も幾つかありましたが、これからも宜しくお願い致します。

そして何より、こんなブログやHP『片手袋大全』をご覧頂いている皆さま、Twitterで「#片手袋」を付けて片手袋写真を投稿して下さってる皆様。涙が出るほど嬉しいです。世界中に同志がいる事が判明してきました。常に皆様に片手袋の新たな側面をご報告できるよう、片手袋研究の深度を増していきます。

最後に毎年恒例、2015年最も印象的だった片手袋=MVS(Most Valuable KATATEBUKURO)を発表させて頂きます。今年はこちら!

Cilmrqpuoaibjue

ちょっと変化球ですが、ヨークスさんの展示で社員の方が作ってくれたこの状況です。僕が展示した写真に写っている片手袋がヨークスさんの製品だと気付いた社員さんが、下に実物を展示していてくれてたんですね!

今まで「手袋を落とす人・拾う人・それを撮る人」の循環で成り立っていた片手袋研究ですが、そこに「手袋を作る人」も加わったのです!より大きな循環が生まれた瞬間でした。

2017年は片手袋研究にとってどんな年になるでしょう?今から楽しみです。皆さま、来年もよろしくお願い致します。良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

『移ろい』

Photo

暖かそうな大人用ミトン。「ボコッ」とした存在感が魅力的でした。

ここのところの冷え込みは厳しくて、そのせいか外出するたびに大量の片手袋と出会います。確か去年の今頃はまだ寒さがそんなに本格化していなかった気がします。だから今年一月の七福神めぐりの時は例年より片手袋が少なかったんですよね。

やってること自体は同じでも、その年によって状況は全然違います。片手袋を記録し続けていると、不思議とその年その年の特徴も記録しているんですよね。

果たして、2016年はどんな年だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

『片手袋探しツアーやりますよ!』

※おかげさまで予定人数に達しましたので、ご予約を締めきりました!

以前、インタビューを掲載して頂いた人気サイト、東京別視点ガイドさんが片手袋探しのツアーを企画してくれました!題して…

「特殊町歩き 片手袋GO」

です。町を歩きながら実際に出会った片手袋を解説していきます。でも必ず出会えるとは限らないのも片手袋の魅力。三時間くらい歩いて一つも出会わなかったら悲しいので、片手袋以外にもう一つ目的を追加しました。

それは七福神巡りです!ここ数年、毎年お正月に七福神めぐりをしながらの片手袋探しを個人的に行ってきました。ブログでもその様子はご報告させて頂いてます。(201420152016

Img_0424 Img_0444

これ、地味だけど本当に楽しい町歩きだと個人的に思ってます。ちょっとでも片手袋に興味がある方、是非一緒にやりましょう!

ツアーの詳しい情報、申し込みは以下の東京別視点ガイドさんのページをご覧になって下さい。

http://www.betsushiten.com/?p=2814

宜しくお願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

『ネット時代の片手袋』

クリスマスとは全く関係ない話をします。

片手袋を研究するには当然の事ながら、実際に町で沢山の片手袋と出会わなければいけません。僕は元来出不精なのですが、片手袋研究を始めてからはなるべく外を歩くようになった気がします(とはいえ、何度も書いてますが、自分内ルールで片手袋を探す為だけに外出する事はしないのですが)。

つまり片手袋を研究する為のメインフィールドは町なのです。駅やスーパーなど屋内にも片手袋は存在しますが、いずれにせよ自分の家の外です。

しかし、数年前に気付いてしまったのですが、今の時代自分の家にいながらにして片手袋を探すことが出来るんですよ!

例えばGoogleストリートビュー。試しに片手袋の聖地である築地を見てみましょう、

Photo

ほら、ちゃんと“介入型三角コーン系片手袋”が写ってるじゃないですか!

もう一つの聖地、湾岸道路はどうでしょう?

2

よく見ると、路肩に“軽作業類放置型道路系片手袋”っぽいものが写ってます。

このように、家にいながらにして片手袋観察が出来てしまうんです。

また、Twitterで「手袋 片方 落とした」と検索してみましょう。

3

冬場なんか、片手袋を落とした人達の悲痛な叫びが大量に確認できます。こちらは片手袋を落とした人達(時には介入した人達)の心情を理解するのに役立ちますよね?

このようにして、ネット社会では様々な形で片手袋観察が出来てしまうのです。いや、実際に落とした人の心情など、ネット上でしか観察できない片手袋もあるのです。

片手袋研究家としてやるべきことがまた増えてしまいゲンナリですけど、町で実際に観察した片手袋とネット上の片手袋を組み合わせれば、今までと違った試みも可能かもな?なんて考えたりもします。

今日あたり、「クリスマスに彼女にもらった手袋を早速片方落としてしまった人のつぶやき」みたいなのが大量に見られるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

『カタフライエフェクト』

Photo

この介入型。拾った人は何故、三角コーンではなく、ガードレールに挿すことを選んだのか?

そしてもし、この片手袋を拾った人が三角コーンに挿すことを選んでいたら、世界はどんなふうに変わっていたのか?

いやあの、急に壮大な話をしてしまいましたが、少しの選択の違いでその後の人生が変化していく、というような映画が好きなので(『スライディングドア』とか)、そんなことを考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

『かっぱのマークの道具街』

Img_3274

今日かっぱ橋で出会った介入型片手袋。なんか一か月くらい前にも同じようなのを見た気がしてフォルダを探してみると、

Img_3030

うん、これだ。消火器のケースにパーキングメーター。たとえ僅かでも平らな面があれば、それは即“台”として使われるんですね。

Img_3274_2 Img_3273

ところでこの革手袋。どうも落とし主は横に停めてあったバイクの人なんじゃないかな?という気がします。僕自身、バイクのヘルメットにグローブを入れておいて、いつの間にか落としてしまっていた、という経験があるので、ライダーの皆さんは注意が必要ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

『黒く塗れ』

Photo

これ。新宿の路上で、明らかに怖そうな黒塗りの車の横にありました。

普段、物凄いびびり屋の僕ですが、片手袋に関してだけは別。車の中の人達に怪しまれながらも、撮影しました。

幸い怒られませんでしたが、もし「何やってんだ!」的展開になっても、今まで撮った片手袋写真を見せて必死に説明すれば、「お、そうか。それなら今度俺達も撮ってみるわ!」なんてことになっていた筈。

うん。絶対にそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

『海外の片手袋愛好家達』

昔Instagramのアカウントは作ったんですが、片手袋写真を二百枚くらいアップしたまま放置してました。

https://www.instagram.com/koji_ishii_lost_glove/

しかし最近、何となくまた再開して六百枚以上アップしてみたんです。その際、ハッシュタグとして「#片手袋」と「#lostglove」を付けてみました。

そしたら、世界中の片手袋愛好家がフォローやいいねをしてくれたんですよ!以前、ひょんなことからイタリアの片手袋愛好家がメールをくれた事がありましたけど、 やっぱり世界中にいるんですね~。

今までにリアクションしてくれた方々の国や都市を分かる範囲で挙げてみると、

・ニューヨーク
・コペンハーゲン
・カナダ
・サウスカロライナ
・フィラデルフィア
・ベルギー
・ドイツ

などです。プロフィールに居住地を書いていらっしゃらない方もいるので、実際はもっと色んな国にいる筈です。

世界中にこんな趣味を持っている人達がいるのも面白いのですが、彼、彼女達の片手袋写真を見てみると微妙に視点や拘りが違うのに気づかされます。つまり“共通点”と同じくらい“相違点”も面白いんですよね。

ある人はアップでしか撮っていないし、ある人は放置型しか撮っていない。またある人は見付けた片手袋の横に以前自分が片方失くした手袋を置いて撮ったりしています。

そこで気になるのが、「片手袋写真家は世界中にいるとして、片手袋研究家は僕以外にいるのか?」

という事です。僕は片手袋を写真に撮るという芸術的興味と同時に、片手袋の謎を解き明かしたいという科学的興味も持っている訳です。世界中の人は片手袋の謎とどう向き合っているのだろう?

そこで手始めに、片手袋分類図の英語版を作ってみました。

3

ちなみにこちらは日本版。

6

「実用系」とか説明が難しい幾つかののタイプは英語版には載せませんでした。今回は今までの研究成果を正確に伝える、というよりは、片手袋を研究するという視点の共感者を探る、というのが目的です。

しかし、今のところあまり反応がないんですよね。唯一ドイツの方だけが、

「この分類はドイツの片手袋にも適応できますよ。あなたの仕事に敬意を表します」

みたいなコメントをくれました。

う~ん。やはり片手袋研究という変質的な分野に足を踏み入れてるのは僕だけなのかな?

ああ、やっぱりいつの日か世界中の片手袋愛好家が集まる場を設けたい!勿論その会議の名称は「G20(GはGloveのG!)」。そこで皆にそもそもどうして片手袋に興味を持ったのか?とか見つかる場所に偏りはあるのか?とか聞いてみたいよ。

出不精な僕ですけど、人生で初めて海の向こうに対する興味が湧いてきた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

『新たなる希望』

横断歩道で信号待ち。

反対側のガードレールに、介入型片手袋が見える。しかし向こう側にも信号待ちしている人は沢山いるし、横断歩道上で立ち止まって撮影するのは危険だし右折車の邪魔になる。

「仕方ない。歩きながら撮影だ」

俺は決断し、そっとiphoneのカメラを起動する。

歩きながら撮影する時に最も注意すべきなのは勿論、手ブレだ。iphoneを胸に押さえつけて固定する。

信号が青に変わった。一歩、二歩…。片手袋が近付いてくる。いや、俺が片手袋に近付いているのか?すれ違う歩行者が不自然な位置でiphoneを構えている俺を訝し気に見ているが、もう気にしていられない。

何かを極めるには、何かを犠牲にしなければならない。

いよいよ奴とすれ違う瞬間。絶対に失敗は許されない。狙いを定めてシャッターボタンを押す!

Photo

やった!成功だ!気分はデススター爆破に成功したルークの気分(『ローグワン』、今週末公開!)。

しかし気付いた。信号を渡ってから、横でゆっくり撮影すればよいのだ。

2

片手袋研究と引き換えに俺が失ったもの。それはどうやら「判断力」だわ。

フォースと共にあらんことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

Little green glove

Photo

片手袋の中でも子供用ミトンって、愛らしいし種類も豊富で見てるだけで楽しいです。

でもその反面、落とした幼子の悲しみも凄く感じてしまい…。何だかアンビバレントな状態になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

『Seasons of Wither』

__

銀杏の落ち葉と片手袋。この時期定番の放置型です。

Photo

こちらは銀杏ではないですが、落ち葉の中の片手袋。2005年の12月撮影ですから、もう11年間もこんな光景を撮り続けてきたんですね。2000年代のソフトバンクの絶対的エース、斉藤和巳のプロ生活が11年間ですよ。

…すみません。比較しても全く意味のない事例を挙げてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

『影武者』

Img_3201

今朝上野で出会った“ファッション類介入型ガードレール系片手袋”。

綺麗に色付いた上野の樹木を背景に入れたくてアングルを探ってたんですが。

Img_3200

日差しの関係でどうしても僕の影が映り込んでしまう。

Img_3199 Img_3198

何度やっても駄目。そのうち影が映らないように体を捻じ曲げたり腕を伸ばしたりする姿を、通行人の方達が怪しげに見ている事に気付いてしまい…。泣く泣く諦めました。

こんな感じで、朝の貴重な時間を費やしている訳です。「朝の」っていうか「人生の」かもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

『ここで逢いましょう』

Img_3150

築地の前を通る新大橋通りの交差点で出会いました。この近辺は毎冬、介入型片手袋と出会います。

Img_5728

これは数年前ですが、ほとんど同じ場所です。

初めて歩く場所で出会う初めての片手袋も最高ですけど、毎年同じような場所で出会う片手袋も味わい深いです。

何より、同じ場所で出会う片手袋でも、背後に背負ってる物語は一つ一つ違うんですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

『帰れない一人』

片手袋研究を始めた時から何故か自分に課した、「出会った片手袋には触れない」というルール。

片手袋研究を恥じまたばかりの僕は、わざと面白い形に直したり、変な場所に置き直したりしてしまうと、「人間の無意識の領域を記録してみたい」という片手袋研究の重要なテーマから外れてしまう、という判断をしたんだと思いますが。

Img_3105

こういう片手袋に出会った時などは、「触れない」というルールがもどかしく感じられてしまいますよね。「なんで指がこっち側じゃないんだ!手袋だと分かり辛いじゃないか!」と思っても、直す訳にはいかないのですから。

Img_3106

こういう時は複数枚撮影することで、片手袋の存在している状況が分かる一枚、それが片手袋であるという事が分かる一枚、を両方押さえてます。

ちなみにこれ、いつもだったら家を出てから30分位で済む用事の最中に出会ったんですが。こんな事してるから1時間30分位掛かってしまいましたよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »