« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

『新しさだけが発見ではない』

片手袋の旬である冬を過ぎると出会う数こそ減るものの、滅多に見ない珍品に出会う機会が増える気がします。

Photo_3


昨日出会ったこの片手袋。ゴム手袋なのに介入型ですよ。冬場、革や毛糸の片手袋がガードレールに介入されているのは何の変哲もないよく見る光景です。

革や毛糸なら分かりますけど、ゴム手袋をわざわざ拾ってあげる人もいるんですね~。流石に初めて見ました。

…と思ったけど、何か引っかかって片手袋写真フォルダを調べてみると、

2 Img_2675 __

忘れてただけで、過去にも沢山出会ってましたわ。

やっぱり十年で四千枚もの片手袋を撮ってきたので、本当に見た事ないような片手袋はなかなかありませんね。

でも片手袋研究は珍しさだけを追い求めるものではありません。むしろ「前にも見た」という事から分かってくる事実の方が多いので、注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

『キキの危機』

Photo

いや~、仕事が繁忙期で死にそうですわ。それに加えて、片手袋活動も新しい事を三つくらい同時に進めているので、さすがにキツイです。

でも片手袋には相変わらず出会ってますよ。やっぱり築地様様ですよね。

ブログが疎かになったりする事もあるけれど、私は元気です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

『侘び寂び』

Photo

片手袋の旬である冬も過ぎ、ツツジも鮮やかに色付き始めた今日この頃。もっぱらこういう地味な片手袋を愛でてますわ。

この時期、「侘び寂び」っちゅうんですかね?花が咲き誇り人々の表情も心なしか晴れやかに見えるまちの片隅で、少し汚れて折れ曲がった軍手と、塗装が剥げかかった横断歩道の取り合わせが妙に心に染みます。

片手袋研究的には新たな活動が始まりそうだったりもしてるんですが、ひとまずはこういう地味な出会いを落ち着いて楽しんでますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

『ツーリスト』

Photo

自転車に跨ったまま、手だけを地面に伸ばして撮ったのが今日の一枚。

横着するのがいけないんですが、無理な姿勢をしたせいで内腿を攣りました。いつも以上にどうでも良い話で申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

『キッズ・アー・オールライト』

Photo

子供用の片手袋。キティちゃんです。「なんか前にもあったよな?」と思って探してみたら、

Img_1965

やっぱりありました。子供用の片手袋はただでさえグッとくるものがありますが、キャラが付いてたりすると、「失くした子のお気に入りだったんだろうな」というのが分かって、余計に心を持っていかれます。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

どうかお母さん、お父さん。家に帰ってお子さんが片手袋失くしてても怒らないで上げて下さいね。きっと、子供達が一番悲しんでますから。

そして出来れば通った道を引き返してみて下さい。その子供達の悲しみに共鳴した人達が拾い上げてくれてたりしますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

『喪失感あればこそ』

2016

中々出会えない季節になってしまいましたが、逆に言うと出会った時の嬉しさは倍増ですよね。

例えば今日の片手袋。幾ら「片手袋博愛主義者」を標榜している僕でも、冬場だったら正直軽く写真を撮って済ませてたと思うんですね。

でも今だと、「うっひょ!ひっさしぶり~!雨の中大変だったろうに。今撮ってやるからな。俺だけはお前の存在、忘れないぞ!」という感じになるんですね。

町中に片手袋が溢れる冬場の楽しみ。でも一年中それが続いたら、片手袋が内包している寂しさや孤独に思いが至らない人間になってしまうかもしれません。だから、これからの時期も大切にしていきたいと思ってますよ。

…以上のような話を涙浮かべながら話したりするので、家族ですら段々僕との距離を取るようになってきてますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

『投稿頂きました!第42回』

【投稿者名】
Kさん

Dsc_0932

※管理人から一言
メールで頂いた写真です。Kさんはそれぞれ片方だけになってしまった革の手袋二枚を処分できず、使い道を探しているうちに僕の研究にたどり着いたそうです。

僕が片手袋研究家を名乗る上で一つだけ心残りなのは、「あくまで落とされた方の研究しかできない」という事です。落ちている片手袋が生まれた時、必ず“残された片手袋”も同時に生まれる訳です。皆さんのお宅のタンスの中にも、一つくらいありませんか?

しかし知らない人の家を回って、それらを見せたもらう訳にもいかないですからね。片手袋研究というものは予め不完全である事を運命付けられてしまっている訳です。

でも今回、Kさんは僕が決して見る事が出来ないはずの“残された片手袋”の写真を送って下さいました。落とされた方も介入されたりして結構大事にされてますが、残された方もそれぞれのお家で大事にされてるんですね。その様子が伺い知れてとても嬉しかったです!
~~~~~~~~~~~~~~
【投稿者名】
大伴晶司様

Img_1580a Img_1581a

【発見日時】
2016/3/26

【発見場所】
厩橋上流側歩道(台東区・隅田川)

【発見した感想】
至近距離に2種類ありました。石畳に擬態しようとしているタコのようです。

※管理人から一言
落ちている地面と片手袋の柄が似てくる、という例は本当に多いんですよね。勿論偶然の産物ではありますが、そこに何かを見出してしまうのが人間というもの。片手袋自身が意思を持っているように思えてしまう事が、多々あります。
~~~~~~~~~~~~~~
【投稿者名】
神戸Kさん

Img_1468 Img_1467

【発見日時】
2016/3/13

【発見場所】
軍艦島

【発見した感想】
軍艦島改め軍手島

※管理人から一言
いつも送ってくださる神戸のKさん。三月中に大量に送って頂いていたんですが、中でもこれですよ!軍艦島の片手袋!

軍艦島は現在、人の往来はあれど住人の方はいない訳で。そんな場所でもやはり、当たり前のように片手袋が発生してしまうなんて。これは世界中、片手袋が発生しない場所などない、と考える方が自然なのではないでしょうか?衝撃的なご報告でした。
~~~~~~~~~~~~~~
この他にもTwitterの「#片手袋」で投稿頂いています!

引き続きメールでの投稿は、

【投稿者名】※ブログに掲載可能なもの。ペンネーム可。
【発見日時】
【発見場所】
【発見した感想】

と写真を添付して、

katateblog@gmail.com

までお送りくださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

『恥ずかしがってちゃ、駄目?』

Photo

これね、自転車に乗った婦警さんに睨まれながら撮りましたわ…。

片手袋撮影、本当に悪い事してる訳じゃないんですけどね~。未だに恥ずかしいしドキドキします。

以前タモリ倶楽部に出演したとき、よせばいいのにエゴサーチをしてしまいまして。そしたら、「自分の好きなものを撮るのに恥ずかしいとは何事だ。その時点でマニア失格だ!」とつぶやいてる方がおられまして。

でもね…。やっぱり恥ずかしいですよ、幾ら片手袋が好きでも。むしろ、恥ずかしいと思いながら十年以上も続けている、という点に目を向けて貰えれば嬉しいんですけどね。

個人的に自信満々で撮るより、恥ずかしがってるくせにやめない、という方がよりマニアとしての病理は深い気がしますが。

とにかく、婦警さんに睨まれても、撮影だけは強行でございますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

『タイムズ』

2

この片手袋、このままずっとここにいるようなら、駐車料金請求されちゃうんじゃないか?

そんな事が気になって、今日も眠れそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

『真偽不明』

Photo

植え込みに引っ掛かった軽作業類片手袋。微妙な位置にあるので放置型か介入型か判然としません。

何となくのイメージとして、「軍手とかゴム手袋とか単価が安く地面にあるものは放置型」で、「革や毛糸の手袋で地面より高い位置に置いてあるものは介入型」と思い込みがちですが、別に軍手だって介入型はありますし、地面にあっても介入型の可能性はあります(例えば道路の真ん中に落ちている手袋を、通行人が足で隅によけても介入型ですよね)。

とにかく思い込みは真実を捻じ曲げる事があります。どんな可能性も排除せず研究を続けていきたいと思います。

つまり。今日の片手袋は放置型か介入型かよく分からない、というのが結論です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

『ストック』

Photo

この冬に撮ったものの、まだブログにアップしてない写真が山ほどありまして…。

こちらは文京区の弥生坂で3/3に撮った一枚。低い位置にあるものの、恐らく介入型でしょうね。この坂は片手袋が発生しやすいポイントです。

春になっても暫くは冬の写真を紹介する事になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

『桜の木の下には…』

今日は上野公園に花見に行ってきました。

花見というと、結構寒いのを我慢しながらやるイメージですよね?だから片手袋とも結構出会います。例えば昨年だと…

Img_8484 Img_8485

この子供用片手袋とか…

Img_8404

こんな暖かそうな毛糸の片手袋がありました。どちらの写真もうっすらバックに桜が写っているの、お分かりでしょうか?

でも今年は桜の下でお昼を食べていても、少し汗をかいてしまうくらいの暖かさ。片手袋とも全然出会えません。

若干の寂しさを感じながら桜並木を歩き、西郷さん側の上野公園出口までたどり着いた時!

Img_1363

毎年提灯をぶら下げる為に組まれる鉄骨の下に発見!でもこれ、だいぶ前に落ちたものが放置されたまま、という雰囲気でしたね。

片手袋を観察し続けていると、毎年の気候の変化なんかにも気付く事が出来る一例ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

『ピョコン!』

電柱のカバーから「ピョコン!」と飛び出た片手袋を撮影しようとした瞬間、

Photo

後ろのお店からお兄さんも「ピョコン!」と顔を出しました。

あまりにタイミングが良く面白かったので、モザイクを掛けた上でアップさせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »