« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

『片手袋研究十周年を振り返る』

今年もあと僅かになりました。

今年は片手袋研究十周年の記念すべき年。年初に、「やれる事は何でもトライしてみよう!」と密かに決意しておりました。その結果、自分でも信じられないほどの成果が得られ、飛躍の一年になったと思います。

まず年初に大好きなTBSラジオの番組、『オレーラ』に出演させて頂きました。何しろ僕は仕事中もずっとTBS聞いてますからね。番組中でも「マムちゃんからチキまで聞いてます」と言いましたが、嘘でも何でもありません。控室に宇多丸さんが番組で使ってるガチャガチャが置いてあったので本当に感動しました。

ラジオはその他に『くにまるジャパン』や『こころにきくラジオ』にも出させて頂きました。パーソナリティーやスタッフの皆様が、“片手袋の魅力”などという話を熱心に聞いて下さるので感動しました。そしてそれぞれの番組出演後、リスナーの皆様がメールを下さったり、片手袋投稿して下さったりと、ラジオというメディアの送り手と受け手の距離の近さを実感しました。

読売新聞や日経新聞、新聞メディアにも片手袋研究を取り上げて頂きました。新聞は普段と違う方面から反響がきますね。近所のお年寄りの方が「これあなたじゃない?」と話しかけてくれたのは嬉しかったです。

テレビも出演させて頂きました。『ワケありレッドゾーン』では片手袋の聖地である新木場周辺を探索したのが面白かったです。そして『タモリ倶楽部』。赤瀬川さん亡き今、なんとかタモリさんには片手袋研究を届けたい、と常日頃願っていましたが、十周年という記念すべき年に叶ったんですからね…。正直、緊張で殆ど何も覚えていませんが、一生の思い出です。

今年はネットメディアにも取り上げて頂きました。「ねとらぼ」では残された片手袋の使い道についてお話しさせて頂きましたし、 「TokyoWise」でも片手袋に対する熱い思いを語らせて頂きました。

そして今年は、神戸ビエンナーレ以来二年ぶりにアートの世界で片手袋作品を発表する事も出来ました。

___3

ソーシャルデザインアワード2015に出品させて頂いた『手から手』は、鑑賞者の方にも参加して頂く作品でしたが、100人近い方が参加して下さった事は今後に繋がる大きな力となりました。(こちらこちらの記事をご参照ください)

片手袋研究について語る機会が増える程、今までの研究成果がまとまって見られる場の必要性を感じ、HP『片手袋大全』を開設したのも大きかったです。当初考えていたよりも沢山の方が毎日訪問して下さっているようです。

こうして振り返ってみると、今まで地味に地味に続けてきた片手袋研究とは思えない一年ですね。神戸ビエンナーレ以降、徐々に声を掛けて頂くようにはなりましたが、今年は一気に世界が広がった感じです。

そう、世界が広がったんです。色んなメディアに登場出来た事が嬉しいのではなく、片手袋が見知らぬ人と繋がる可能性を秘めている事に気付けた事、これが最高に嬉しかったです。

来年以降も機会があれば色んな事に挑戦してみようと思っていますので、気になる方がいらっしゃいましたらお声をおかけください!

最後に毎年恒例、2015年最も印象的だった片手袋=MVS(Most Valuable KATATEBUKURO)を発表させて頂きます。今年はこちら!

Img_2190

いや、実はこれは今年出会った片手袋ではないのですが、タモリさんがこの片手袋が発生した背景の物語を想像して下さったのが嬉し過ぎたので。本当に涙が出ました。

それでは皆様、来年も片手袋研究を宜しくお願い致します。良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

『人として』

iphoneを新しくして、以前より夜間の片手袋の撮影がしやすくなりました。

Img_2061

前はせっかく出会った片手袋も、夜だとこんな感じのよく分からない写真になっていたので。

とは言え新しいiphoneでも夜間撮影は未だに難しいです。ちょっとでも手ブレなどしてしまうと、ちゃんとは映らないんですよね。先日出会ったコイツも…

2

このように微妙に片手袋がボケてしまう。寒い寒い夜だったので、微妙に手が震えているんですよね。納得がいかずひたすら撮り直していると、

Photo

ようやく納得のいく一枚が撮れました。最後は地面に膝をついて撮っていたので、立ち上がりその場を後にしようとして、気付いたのです。

後ろにガラスが映ってると思うのですが、これはレストランの窓だったんですね。僕はそんな事に全然気づかず片手袋撮影に夢中になっていたのですが、中のお客さんが何人も僕を怪しげに見ておりました…。

良い片手袋写真を得るという事は、人間としては何かを失う事なんですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

『洗濯バサミという選択』

Photo

放置型片手袋から受ける印象って、どちらかというと「寂しさ」や「儚さ」みたいなものですよね(勿論、笑えるのも沢山ありますが)。

3131__

一方の介入型片手袋からは、見知らぬ人の落し物でも素通りできない人間の「優しさ」みたいなものを感じる訳です。

そんな介入型の中でも特に優しさを感じて、タモリ倶楽部などでも紹介させて頂いたのがこちら。

Img_2322 Img_4466

こういう袋入りの介入型。片手袋を拾ってからわざわざ一回家に帰って袋を取ってきたんでしょうかね?すごい繊細な心遣いだと思うんです。

先日、この袋入りに迫る繊細な介入型を見付けました。惜しむらくは両手袋だったのですが…。

Photo_2

洗濯バサミで手袋を挟み、その洗濯バサミを電柱に固定する為にビニール紐を用いる。手間がかかってますよ~。

以前も特集した事があるのですが、介入型電柱系は電柱に固定しなければいけない、というハードルをクリアする為の工夫が、そのまま人間の優しさの象徴になってるのが面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

『投稿頂きました!第38回』

【投稿者名】
Akira.Kさん

Img_0367 ②Img_0368

Img_0369 ④Img_0370

【発見日時】
①2015/11/13 ②不明 ③不明 ④2015/12/7

【発見場所】
不明(恐らく京都)

【発見した感想】
①11/13日頃の発見でした。昨年とほぼ同じ時期なのでシーズンインです。

②続けてやはり昨年もあった紅葉と手袋。指先がないのでカメラ用かもしれません。今年の紅葉は非常に遅く、色づきも悪かったです。観光客のみなさんは11月中に来られた方がほとんどでしょうが、また青かったみたいですね。

③これは最初は道路の真ん中に落ちていたのを見つけていましたが何も持っていなくてしまった!と思っていました。帰りに探しても道路にはなくて道の反対側に渡るとなんと植木鉢缶に乗っけてありました。だから放置→介入です。

④昨日信号待ちをしていたら目の前にありました。横断中に落とされたものでしょうか?

※管理人から一言
沢山投稿して頂いている京都のAkiraさん。今冬も沢山出会っています。それにしても紅葉と片手袋など、羨ましいシチュエーションですね!

~~~~~~~~~~~~~~

【投稿者名】
たかやんさん

1450428388166 ②1450428466647

【発見日時】
①②2015/12/18

【発見場所】
①寝屋川市打上新町
②寝屋川市明和

【発見した感想】
①高速道下を貫通しているトンネルの中央付近の壁際に落ちていました。薄暗い中ほこりをかぶって寂しそうな手袋でした。

②坂道の途中の排水溝の蓋の上に落ちていました。子どもを自転車にのせて坂道を下る途中で、子供が落としたのかな。それとも、近くに小学校があるので登下校の児童が落としたものかもしれませんね。

※管理人から一言
子供用の片手袋は、本当に色々な事を想起させますよね。一日で二つも子供用に出会うなんて、とても不思議な経験をなさいましたね!

~~~~~~~~~~~~~~
【投稿者名】
Chakoさん

Image1_3 Image2

【発見日時】
2015/12/25 現地時刻13:50頃

【発見場所】
ハワイ(ワイキキ周辺)

【発見した感想】
遂に遠征先での遭遇です!お買い物に向かおうとしていたら、ふと目に留まった青色のディスポーザブル手袋。「アロハ!片手袋!」とココロの中でご挨拶しました(笑)

確かアメリカでは出国手続きのボディチェック時にも、このタイプの青色の使い捨て手袋が使用されています。なので、公的な関係者による落し物かも知れません?!

旅先、しかも常夏の国でいささか浮かれ気味の私でしたが、しっかり発見できたこと、何よりもの収穫でした!

※管理人から一言
Chakoさん、最初のAkiraさんも羨ましいシチュエーションでしたが、こちらもまた違う方向で羨ましい!年末に南国、しかも片手袋との遭遇。最高じゃないですか!

実は僕も新婚旅行で行ったロタという南国の島で片手袋に遭遇しました。新婚旅行で一番嬉しい瞬間でしたね(やや問題発言)!

1

つまり、片手袋は寒い時期でないと出会わない、というのは完全に思い込みなんですよね。条件さえ合えば、世界中どこでも片手袋は発生するのです!

~~~~~~~~~~~~~~
【投稿者名】
大伴晶司

Img_1120 Img_1121_2

【発見日時】
2015/12/5

【発見場所】
巣鴨駅改札脇(JR東日本・山手線)

【発見した感想】
庚申塚に餃子を食べに行った帰りに発見。こんな衆人の中で、いや人ごみの中だからこそ、振り向かれない存在なのかもしれません。

※管理人から一言
お初の投稿、ありがとうございます!初めてなのにこの状況の片手袋を撮るとは素晴らしい!やっぱり片手袋を撮ってると凄く見られますからね…。

~~~~~~~~~~~~~~
2015年も片手袋投稿を沢山頂きました!本当に有難うございます。

ご紹介が遅れてしまう事もありますが、皆様からのご報告が片手袋研究をどんどん高みに押し上げてくれているのであります。来年も宜しくお願い致します!

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

『才能』

Photo

珈琲を飲みに近所の喫茶店に行ってさっき帰ってきたんですが、その間だけで五個の片手袋と遭遇しました。

謙虚に生きているつもりですが、片手袋との遭遇率だけはやはり才能に恵まれているんでしょうな~。

人間誰でも必ず生まれてきた意味があると言います。僕の場合、やはりこの才能がそれなのだと思います。

…だけどさ、何その人生!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

『マチカネフラクタル』

「片手袋ってそんなに落ちてるものですか?」って聞かれますけど、「はい、落ちてます」としか答えられません。少しでも片手袋に興味を持ち探して頂いた方なら、お判り頂けますよね?

片手袋ばかり探していると、むしろ片手袋なんて普通で、「なんでこんなものが!」という不思議な物に出会う事があります。

Photo

先日出会った片手袋。一見何てことない風景に見えますが…

2

片手袋の横に、何故か野菜のロマネスコが落ちてたんですよ…。

このフラクタルな光景を目にして、何となく「世の中なんでもありだな」という気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

『サンタさんへ』

「サンタさんへ」

僕ももう、35歳のオッサンです。プレゼントなんて何もいりません。世界中の子供たちに幸せを届けて下されば、それで良いのです。

ただ、これからも沢山の片手袋と出会えますように。そして朝に出会う白い軍手類片手袋を撮る時に、

Photo

こういう感じで白飛びしてしまう事が減りますように。

僕ももう、35歳のオッサンです。面倒臭い願い事なんて、全然する気はありません。

メリークリスマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

『スーパー!』

スーパーで買い物をしていると…

Img_0306

ん?野菜の下に片手袋!状況から見て、

100531_112848

こういう感じで、「店員さんが作業用に落とした軍手かな?」と思ったのですが、

Img_0305

よく見ると毛糸の手袋でした。

恐らく店内に落ちていたのを店員さんが拾い、落し物として処理する前に一時的にここに置いておいたのかな?と。

とにかく、皆さん、片手袋は屋外だけで出会うものではありません。屋内であっても油断は出来ませんからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

『視野狭窄』

Photo_3

とりあえず、バンバン出会ってます。

でもこの時期、つい“介入型ガードレール系片手袋”ばかりに頼ってしまい、視線が固定されている気がします。

もっともっと視野を広くして世の中全体を見ていかなければ、大事な事を見落としてしまいますよね。

“もっともっと視野を広くして世の中全体を見ていかなければ、大事な事を見落としてしまいますよね。”←これだけ読むと何だか良い事書いてる気がしますけど、片手袋の話なので全く汎用性がない、っていうね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

『最後の築地での年末』

Photo

築地でカレーを食べている時、何となく店員さんとお客さんの会話が耳に入ってきました。

「来年の今頃はもう、ここにはいませんからね」…

それで初めて、築地の年末を味わえるのも今年が最後である事に気付きました。15年間も通っていたので、やっぱり凄く寂しいです。

長年通い続けた事による愛着とは別に、僕の場合片手袋研究を飛躍的に発展させてくれた場所である事も大きいです。

正直、築地が移転した後片手袋研究がどういう変化をしていくのか、皆目見当もつきません。今はただ、残り少ない築地での時間を大切にしていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

『袋構え』

Photo

はい、サクッと“介入型ガードレール系片手袋”です。

本当に旬がやってきましたね。何度も「今年は旬の入りが遅い」と書きましたが、気が付けば一日で五個くらい出会うのは当たり前になってきました。

今日の片手袋、いい袋構えですよね~(※袋構え=片手袋における面構えの意味)。毎日外出するのが楽しいです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

『カイチョウ』

Photo

今日出会った季節感あふれる片手袋。

雪どけこんにちは系片手袋”じゃないですけど、この時期、イチョウの落ち葉の下には誰にも気付かれない片手袋が沢山あるのかもしれませんね。

だとしたら、今日の片手袋は出会えただけでラッキー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

『濡れてる時は滑りやすい』

Image

先日の朝、物凄い雨が降る中撮りました。

寒くても雨が降ってくると手袋を取る人って結構多いんですよね。高級だったり大切な逸品だったりすると濡らしたくないですし、そもそも毛糸の手袋なんかは濡れると逆に手が冷たくなってきてしまいますし。

だから雨の日って片手袋と遭遇する率が上がる気がします。一つ問題なのは、そんな日に片手袋を撮影してると、こちらが必要以上に濡れてしまうんですよね…。

何かを得るためには何かを失わなくてはならない。この道を極めるためには、そういう覚悟が必要です。ただ、私の場合それで何を得ているのか、どなたか教えて頂けませんでしょうか?よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

『失敗は成功の片』

日々、沢山の片手袋と出会いブログで報告していますが、その中には当然ブログに載せるようなクオリティにないものも沢山あります。今回はそういった例を幾つかまとめてご紹介します。

①そのそも片手袋か分からない

Img_0266

ガードレールに挟まっていたのですが、「片手袋には触らない」という自分内ルールがある為、片手袋なのかどうか確認出来ず。子供用の手袋であることは間違いないのですが、両揃いの手袋を丸めてあるようにも見えます。

②パッと見よく分からない

Img_0272

スーパーの表に立ってるノボリの重しに挟まれていました。こちらは間違いなく片手袋ですが、やはり「片手袋には触らない」というルールの為こんな状態しか撮れません。こういう事は結構しょっちゅうあって…

Img_8509

これなんかもそうでした。

こんなの僕が拾って広げて置いたら手袋であることはすぐ分かるんですが、それをやっちゃあ~お終いよ。

③トロンプ・ルイユ

Img_0265_2

軍手が入っていた袋が落ちてましたよ。夜中だったので、すごく紛らわしかったです。 まるで騙し絵。でもこれに“何かを騙される”こと自体、僕以外にはあり得ないとは思いますが… 。

こんな感じで、数多の失敗の上に展覧会などで使えるような片手袋写真をものにしてる訳です。

野球選手だって、10回のうち3回打てば一流と言われる訳です。7回の失敗を恐れずに、これからも精進してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

『I Wanna Go Where The Katate-Bukuro Go』

今でこそ静かな音楽を中心に聞いている僕ですが、高校、大学生の頃はハードロックやメタル、パンクなんかも大好きでした。

その中でも一番好きだったのがイギリスのThe Wildheartsというバンド。「ビートルズmeetsメタリカ」と例えられていた事からも分かるように、激しい演奏に極上のメロディが乗る、という夢のようなバンドでした。


※彼らの代表曲『I Wanna Go Where The People Go』

活動休止期間や幾多のメンバーチェンジを乗り越え今でも活動しておりますが、先日1995年に発表された名盤、『P.H.U.Q』を全曲演奏するライブをやる、という事で渋谷のTSUTAYA O-EASTに行ってまいりました。

彼らの来日公演は10回近く見てると思うのですが、最後に行ったのは多分10年近く前。というより激しい音楽のライブを見ること自体、物凄く久し振り。若干緊張しながら会場に着くと、まだ入場が始まっておらず沢山の人が並んでいました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、TSUTAYA O-EASTは円山町のラブホテル街のど真ん中にあるんですよね。そこに人だかりが出来ているのですから、ちょっと異様な光景なのですが…

Img_0155

はい!思いっきり落ちてました、片手袋!

大勢の人の前、しかもラブホテル街でカメラを撮るのは憚られましたが、素早く実行。

Img_0156

いつもの片手袋に出会えたおかげで緊張も解け、ライブも楽しめましたよ!

大事な時に奴は現れてくれる。いつだってそうなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

『詰めの甘さ』

Photo

この片手袋、実は見付けた時は両手袋だったのです。朝の忙しい時間だったので撮らないで通り過ぎてしまいました。

しかし帰りにもう一度通ったら、このように片手袋になっていたのです。こういう事があるから、両手袋も撮っておかなければいけないんですよね…。落とされた手袋がどのように変化していくのかが分かるのですから。

昨日に引き続き、片手袋研究家としての実力不足に気付かされる出来事でした。ちょっと気を引き締め直します。

P.S “片手袋研究家としての実力不足”って何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

『片手袋研究家失格』

自転車で走っていますと…

Photo

自転車を降りて、撮影。再び走り出します。すると向かい側から歩いてきた歩行者の方が、

「すみません。後ろから誰か追い掛けてきてますよ」

と。驚いて後ろを見ると、確かに僕に向かって手を振りながら走ってきている人がいます。息を切らしながら僕に追いついたその方は、

「すみません。手袋片方落とされましたよ!」

…え?なんと僕、片手袋を撮る際に自分の手袋を外して自転車の荷台に置いたのですが、それを忘れて走り出してしまったのです。そして走っているうちに荷台から片方だけポロリ。

僕の片手袋を拾って走ってきてくれた方。確か、僕が片手袋を撮影しているのを不思議そうに見ていた方なんですよ。

(なんであいつ、手袋なんか撮ってるんだ?おい、しかも自分の手袋も落としていったぞ!)

多分そんな心境だったと思いますが、完全に挙動不審のおかしな奴なのにすぐに拾って追いかけてくれたんですからね。優しすぎます。

ただ、物凄く恥ずかしくなってしまい、お礼を述べてその場を逃げるように去りましたよ。片手袋研究家なんて名乗っておきながら、この体たらく。研究家失格ですよ!

…とはいえ、拾われる人の気持ちも初めて理解できたのだから、研究家としてレベルアップした、とも言えるかも。

前向き!

※今日の結論
片手袋研究家ですら片手袋を落とすのだから、片手袋は誰でも落とす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

『紅い花』

Photo

路上の植え込みにハッとする鮮やかな片手袋。レザーでファー付き、女性物の片手袋でした。

冬のシーズン初期の介入型は、どうしても“ガードレール系”に偏りがちですが、こうして“介入型植え込み&花壇系片手袋”も出会えるようになってきたという事は、いよいよですね。

個人的にはGW前後に咲き誇るつつじより、冬の植え込みにそっと咲いているこの紅い片手袋の方が断然好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

『慰めの報酬』

映画が好きだ。映画そのものは勿論、劇場の暗闇で一人になれる時間は貴重だ。

良い映画を見る。心が動かされる。しかし東京という町では時に、映画館から出て駅に着くまでにその感動が全て消えてしまうような、そんな経験をする事もある。

感動が維持されるような町にある映画館は中々ない。

仕事柄、映画に行くのは日曜の深夜が多い。そんな時間でも上映している映画館は、今まで新宿に一軒しかなかった。しかし最近、すぐそばにもう一軒出来た。選択肢が増え事は、単純に嬉しい。

しかしその巨大なゴジラの映画館。場所柄、駅に着くまで(深夜の場合はバイクの駐車場に着くまで)どころか、映画館から出る前に感動が消え失せる事も多くて…。昨日は、上映が終わり客電が付くと、ゲロまみれの酔っ払いが床に倒れていたのであった。

客引きの声をかき分け、微妙な気持ちでバイク駐車場に向かう。そこに現れたあいつ。

Photo

僕は根本的には東京の繁華街が合わないのかもしれない。でも最後の最後で「でもこの町も悪いばかりじゃないな」と思わせてくれるのは、やっぱり片手袋のおかげなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

『ナンダカンダ』

手が凍える程寒い日。ポケットに手を突っ込み背中を丸めながら、「今日は結構出会えそうだな」と注意しながら歩くけど、出会えない。

結局不発に終わってしまい、がっかりしながら家のそばまで来たところで出会う。

Photo

そんなパターンが続いています。つまり、なんだかんだで外出するたびに出会うようになってきました。

いよいよ。いよいよ、シーズンに突入したようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

『東大麓暮らし』

毎朝東京大学の中を通り抜けるのですが、今朝、農学部の正門前にありました。

Photo

門の前の柵に対してキッチリ直角に置かれ、背景のイチョウとのコントラストも美しい。

「真実を追求する者が、善き行いを忘れず、美しい形で片手袋に介入していた」。つまり、日本トップクラスの知能を有する人たちが、真善美も有している事が嬉しくなりましたね。

と同時に、「東大生でもやっぱり片手袋落とすんだな」っていうのが嬉しかったのも事実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

『酉の市は撮りの市②』

前回に引き続き、酉の市と片手袋の話を。

僕は片手袋を意図的に探しに行かず自然な出会いを大事にしています。とはいえ、特別な場所に行く時などは、その場所ならではの片手袋に出会えないかやはりキョロキョロしてしまいます。

そういう意味で酉の市は絶好の機会です。片手袋の本格的なシーズン到来を告げる象徴性、賑わいと寂しさの対比性。一枚の片手袋から色んな事を感じられますからね。

でも気合いを入れて行くんですけど、とにかく人が多いので撮影自体難しいのです。

Img_1783

これなんて、酉の市と書かれた提灯やお賽銭箱も映り込んでる絶好のチャンスだったんですけど、慌ててたのでブレブレ…。家に帰ってから写真を確認して落ち込みましたよ。

でも今年は酉の市ならではの写真を撮れました!

Img_0193 Img_0194

参道の石灯籠が即席の落し物置き場になっていました。帽子やポーチなどと一緒に、やっぱり片手袋もあったのです。熊手も背景に写ってるし、この場所ならではの一枚になりました!

片手袋研究。長くやってると、数年越しに成就する思いもあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »