« 『才能』 | トップページ | 『洗濯バサミという選択』 »

2015年12月28日 (月)

『投稿頂きました!第38回』

【投稿者名】
Akira.Kさん

Img_0367 ②Img_0368

Img_0369 ④Img_0370

【発見日時】
①2015/11/13 ②不明 ③不明 ④2015/12/7

【発見場所】
不明(恐らく京都)

【発見した感想】
①11/13日頃の発見でした。昨年とほぼ同じ時期なのでシーズンインです。

②続けてやはり昨年もあった紅葉と手袋。指先がないのでカメラ用かもしれません。今年の紅葉は非常に遅く、色づきも悪かったです。観光客のみなさんは11月中に来られた方がほとんどでしょうが、また青かったみたいですね。

③これは最初は道路の真ん中に落ちていたのを見つけていましたが何も持っていなくてしまった!と思っていました。帰りに探しても道路にはなくて道の反対側に渡るとなんと植木鉢缶に乗っけてありました。だから放置→介入です。

④昨日信号待ちをしていたら目の前にありました。横断中に落とされたものでしょうか?

※管理人から一言
沢山投稿して頂いている京都のAkiraさん。今冬も沢山出会っています。それにしても紅葉と片手袋など、羨ましいシチュエーションですね!

~~~~~~~~~~~~~~

【投稿者名】
たかやんさん

1450428388166 ②1450428466647

【発見日時】
①②2015/12/18

【発見場所】
①寝屋川市打上新町
②寝屋川市明和

【発見した感想】
①高速道下を貫通しているトンネルの中央付近の壁際に落ちていました。薄暗い中ほこりをかぶって寂しそうな手袋でした。

②坂道の途中の排水溝の蓋の上に落ちていました。子どもを自転車にのせて坂道を下る途中で、子供が落としたのかな。それとも、近くに小学校があるので登下校の児童が落としたものかもしれませんね。

※管理人から一言
子供用の片手袋は、本当に色々な事を想起させますよね。一日で二つも子供用に出会うなんて、とても不思議な経験をなさいましたね!

~~~~~~~~~~~~~~
【投稿者名】
Chakoさん

Image1_3 Image2

【発見日時】
2015/12/25 現地時刻13:50頃

【発見場所】
ハワイ(ワイキキ周辺)

【発見した感想】
遂に遠征先での遭遇です!お買い物に向かおうとしていたら、ふと目に留まった青色のディスポーザブル手袋。「アロハ!片手袋!」とココロの中でご挨拶しました(笑)

確かアメリカでは出国手続きのボディチェック時にも、このタイプの青色の使い捨て手袋が使用されています。なので、公的な関係者による落し物かも知れません?!

旅先、しかも常夏の国でいささか浮かれ気味の私でしたが、しっかり発見できたこと、何よりもの収穫でした!

※管理人から一言
Chakoさん、最初のAkiraさんも羨ましいシチュエーションでしたが、こちらもまた違う方向で羨ましい!年末に南国、しかも片手袋との遭遇。最高じゃないですか!

実は僕も新婚旅行で行ったロタという南国の島で片手袋に遭遇しました。新婚旅行で一番嬉しい瞬間でしたね(やや問題発言)!

1

つまり、片手袋は寒い時期でないと出会わない、というのは完全に思い込みなんですよね。条件さえ合えば、世界中どこでも片手袋は発生するのです!

~~~~~~~~~~~~~~
【投稿者名】
大伴晶司

Img_1120 Img_1121_2

【発見日時】
2015/12/5

【発見場所】
巣鴨駅改札脇(JR東日本・山手線)

【発見した感想】
庚申塚に餃子を食べに行った帰りに発見。こんな衆人の中で、いや人ごみの中だからこそ、振り向かれない存在なのかもしれません。

※管理人から一言
お初の投稿、ありがとうございます!初めてなのにこの状況の片手袋を撮るとは素晴らしい!やっぱり片手袋を撮ってると凄く見られますからね…。

~~~~~~~~~~~~~~
2015年も片手袋投稿を沢山頂きました!本当に有難うございます。

ご紹介が遅れてしまう事もありますが、皆様からのご報告が片手袋研究をどんどん高みに押し上げてくれているのであります。来年も宜しくお願い致します!

※投稿の際の手引はこちら

|

« 『才能』 | トップページ | 『洗濯バサミという選択』 »

投稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/63197367

この記事へのトラックバック一覧です: 『投稿頂きました!第38回』:

« 『才能』 | トップページ | 『洗濯バサミという選択』 »