« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

『投稿頂きました!第36回』

~~~~~~~~~~~~~~

Crxa8tusaajpps ②Photo

【投稿者名】
Akira.Kさん

【発見日時】
①2015/10/20
②2015/10/27

【発見場所】

京都

【発見した感想】
①発見しました。これは今日のものです。見つけた時は何も持っていなかったのですが、帰りに同じところを通る予定でしたので、あってくれと思いつつ探しました。横から見ると手袋がまるで指を伸ばして這っているようでした。

②発見しました。これで昨シーズンの半分くらいの数となりました。何でかは忘れましたが道を歩いていて立ち止まるとありました。まだ作業用が多いですが、気温も下がってくればまた多くの手袋がありそうです。

※管理人から一言
Akira.Kさん、なんと既に昨シーズンの半分程の回数、片手袋と出会ったそうです。片手袋に限らず、「あると気付いた瞬間、物凄く沢山視界に入ってくる」という事ってありますよね。今シーズンもAkira.Kさんには沢山の出会いがある筈です。

~~~~~~~~~~~~~~

Wp_20151004_16_33_48_pro ②Wp_20151029_14_39_54_pro

【投稿者名】
Hans Schohl

【発見日時】
①2015/10/4
②2015/10/29

【発見場所】
①筑波
②大阪

【発見した感想】
①All the Best.
②From Osaka many greetings.

※管理人から一言
神戸ビエンナーレで出会ったアーティストのHansさんからも続々送られてきています。何週間もかけて日本中を旅しているHansさんからの絵葉書のようで嬉しいです。毎回添えられている一言メッセージも良いんですよね。そろそろ日本を離れるそうなので、次はドイツからの投稿に期待です。

~~~~~~~~~~~~~~
Unnamed

【投稿者名】
たかやんさん

【発見日時】
2015/10/28 14時30分ごろ

【発見場所】
むろいけ園地のトイレ前ベンチ

【発見した感想】
トイレに入ろうとしたが、リュックなど重たいものを持っており、手袋を外し、それらをベンチに下ろしてトイレを済ませたが、外した手袋の片方を忘れてしまったのかな?

※管理人から一言
たかやんさんは日経新聞を見て送って下さったのです。初めての投稿にもかかわらず、いきなり発生の経緯を考察されていてお見事です。写真も何だか秋の終わりを思わせる哀愁が漂っています。有難うございました!

~~~~~~~~~~~~~~
最近、投稿を頂いてからこのブログでご紹介するまでにタイムラグが出てしまっていて。冬場、皆さんがまちじゅうで出会っているライブ感を出すには、画像掲示板などを作った方が良いのかな?と。それかツイッターのハッシュタグなどを利用する手もありますが。ちょっと今、考え中です。

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

『Katate-Bukuroの初期衝動』

2015

こんな素晴らしい片手袋に出会いましたよ!冬らしいファッション類介入型!
興奮して二十枚くらい撮ってしまいました。何年やってても、シーズン初期はいつもそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

『先週のタマフルのちば先生』

僕が毎週聞いているラジオ、『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(通称タマフル)』。先週のゲストが漫画界の大御所、ちばてつや先生でした。

ポッドキャストもあるのですが、一週間ほどで削除されてしまうと思います。

ちば先生の熱狂的ファンであるという宇多丸さんが、繰り返し述べていたちば作品の魅力。それが「物語が主人公の為に奉仕していない。脇役や背景に描き込まれている人に至るまで、様々な人生を背負っている事を感じさせる」というものでした。

宇多丸さんはその理由をちば先生の思想や倫理観からくるものと考えていたようですが、ちば先生の応えは「楽しいから」というシンプルなもの。つまりモブシーンの背景や人物を色々と想像しながら描き込むのが好きなんだそうです。

この非常に興味深い対談を聞いていて、思い出した人物がいます。このブログでも度々触れていますが、僕が最も敬愛する映画監督、ジャック・タチです。

タチの事を詳しく語り出すと止まらなくなってしまうのでやめておきますが、彼が唱えた理論に「喜劇の民主主義」というものがあります。

タチは「フランスのチャップリン」と呼ばれる事もありますが、チャップリンと決定的に違うのがこの考え方だと思います。つまり、誰か一人の特別な人が面白さを持っているのではなく、人間であれば誰でも面白さを発揮する瞬間がある、という考え方です。

言葉で言うのは簡単ですが、それを映画として作品化するとどうなるか?タチが喜劇の民主主義を究極的に追求した作品が『プレイタイム』という作品ですが、主人公という主人公はいないし、物語という物語もない。しかし画面に映る殆ど全ての人が何かしら妙な動きをしていたり、背景にも様々な仕掛けがしてある。それが二時間程永遠に繰り広げられる、という凄まじい作品なのです。是非是非、一度ご覧になってみて下さい。

本当に有難い事に、最近片手袋研究を取り上げて頂く機会も増えました。そうなってくると、「僕が片手袋研究を通じて伝えたいことって何だろう?」と自問自答したりもしました。でも正直言って、“伝えたい事”なんて無いんですよね。

何か伝えたい、という衝動や欲求があって片手袋研究を始めた訳ではないんです。いつの間にか始めてしまっていたし、理由などなく続けている。

でも、“分かってきた事”はあるのです。それがまさに、ちば先生の作品やタチの喜劇の民主主義に通じる事なんです。

どんな人にも不幸や優しさを発揮する場面が訪れる。また、そういった場面が訪れるまでにも様々な物語がある。そういった“特別ではないかもしれない私達”でも背負っている豊かな物語。それを象徴しているのが片手袋だし、それを紹介する事が個人的な趣味としての片手袋研究を離れた時に僕が意識している事なのです。

42
※子供用の片手袋なんて特にそうです。凄く大事にしていて落として悲しんでるかもしれないし、お母さんに怒られてるかもしれない。でもまた新しい手袋を買って貰って喜んだりもしてるかも。色々な物語が想像されます。

間違っても「ちば先生やタチと自分が同じ事を考えてる」などと大それたことを言いたい訳ではありませんが、とにかく片手袋研究を深めていくきっかけは思わぬ所に潜んでいるのです。

それが最大の楽しみなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

『生唾』

東京では木枯らし一号が吹いたそうで、朝晩などは本当に寒くなってきました。

Photo

昨日も夜、コンビニの前にファッション類らしき片手袋が。今日の朝も既に厚手の手袋をしている人を見掛けました。

いつも言っているように、片手袋を愛しているからと言って皆が手袋を落とすように祈っている訳ではありません。そんなの落とさない方が良いに決まってます。

でも正直。「ゴクリ」。唾を飲み込んでいる自分がいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

『日経新聞を見て下さった方へ』

本日の日経新聞の記事をご覧頂き、いつもより多くの方が当「かたてブログ」を訪問して下さっているようです。こんな活動に少しでも興味を持って頂き、本当に有難うございます。

「片手袋研究家」などという謎が多すぎる肩書きを名乗っておりますので、ここで普段僕が行っている事を簡単にまとめてみたいと思います(そうしないと、たまに自分自身不安になってしまうので…)。片手袋研究家の活動は大きく四つに分けられます。

①撮影
屋外屋内問わず、まちで出会った片手袋を必ず撮影しています。なお、見付けた片手袋には触れない、片手袋をわざわざ探しに行く事はしない(偶然の出会いを大事にしている)という自分内ルールを設けています。現在までに四千枚程、片手袋写真を撮影してきました。

Img_2242
※こんな不自然な片手袋も、僕が演出したのではなく元々この状態だったのです

②妄想・想像
一番分かりにくいと思うのがこれ。出会った片手袋を落とした人は誰なのか?どうして落としてしまったのか?または誰が落ちている片手袋を拾い上げたのか?といった事を想像してニヤニヤしている、という薄気味悪い趣味でございます。何か根拠がある訳でなく自由に空想を広げているので、どちらかというと文学的な態度で楽しんでいます。

Img_2471
※一か所に二つの片手袋。仲良しの子供が二人揃って忘れていった姿が目に浮かぶようです

③分類・研究
沢山の片手袋と出会っていると、やがて落ちやすい場所や季節などに気付くようになります。こういった傾向や偏りをきちんと分類したり、時代の移り変わりと片手袋の変化の相関関係を考察したり、どちらかというと科学的態度で楽しんでいるのがこの活動です。十年間の研究の末、「片手袋分類図」を確立したのが最大の成果です。なおこの分類図は日々更新、変更を加えている未完成のものです。

6_2
※最近の懸案事項だった「駐車場・コインパーキング系」を追加した、最新の分類図です

④普及
片手袋の魅力を発信するのも大事な活動の一つです。普段はこの「かたてブログ」や「片手袋大全」というホームページを通じて、日々の出会いや研究成果を発信しています。その他に今回の新聞記事やラジオやテレビ、また展覧会で片手袋写真を作品として昇華する事で、様々な角度から片手袋の魅力にスポットライトを当てています。何しろ片手袋には子供の頃から魅かれていますし、研究も十年続けてきたので、話したい事や表現したい事はまだまだ尽きる事がありません!

Photo
※神戸ビエンナーレ2013に作品を出品した事で、それまで個人的な趣味だった片手袋研究を普及していく、という新たなモードに突入しました

以上が片手袋研究の概要です。しかし、映画や本を見ても、仕事中も、まちを歩いている時も、常に片手袋研究に通じる事が無いか考えながら生きているので、もはや人生の大部分を片手袋研究に捧げていると言っても過言ではありません!

…と胸を張れば張る程、どんどん世間から隔絶されてしまうような恐怖感と戦いながら、日々片手袋と向き合っています。でも辞めたいと思った事は一度もないし、僕を突き動かす根底にあるものは、やはり「楽しい!」という衝動なんだと思います。

これから寒さも本格的に厳しくなり、片手袋の旬を迎えます。皆様も一冬に絶対一度は片手袋に出会う筈。そんな時はちょっとだけその片手袋の背後にある物語、そして僕の活動に思いを馳せて頂ければ嬉しいです。

これからもよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

『明日の日経新聞に掲載されます』

1 2

3 4

明日、10/23(金)、日経新聞朝刊文化面にて、片手袋について“かたって”おります。比較的長い記事ですので、自分でも驚いております。

もし機会がありましたら、ご覧下さいませ。

今日の写真は新聞の記事に合わせて、片手袋の背後にある物語を比較的創造しやすいものを選んでみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

『重いブログへの思い』

昨日は二年ぶりに神戸を訪れ、神戸ビエンナーレを見てきました。あれからもう二年も経ってしまった事に驚きつつ、神戸のまちを楽しんできました。

それにしても、早朝神戸に到着して二分くらいで片手袋と出会ったのには笑いましたよ。

Photo

その他にも片手袋との出会いがあった事も、神戸ビエンナーレの詳細についても、今度書きます。

今日は皆様に謝らなければならない事があります。ここ一ヶ月くらい、我が家で「かたてブログ」を表示すると、読み込みが異常に遅かったんです。

「うちのPCのスペックの問題かな?」と思っていたんですが、神戸で再会した方に「ブログが重くない?」と聞かれまして。初めて自分のPCだけの問題じゃない事に気付いたのです。

今日色々いじっていたら、どうやらツイッターのフォローボタンが原因らしい事が判明しまして。ボタンを外してみたら、取りあえず順調にトップページが表示されるようになりました。

また問題を起こさない形でフォローボタンを設置しようと思いますが、とりあえずアカウント名「rakuda2010」で下らない事を呟いておりますんで。

ここ一カ月程、全国数千万人の片手袋ファンの方々にご迷惑をお掛けしていた事、お詫び申し上げます。これからも当「かたてブログ」をよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

『確信』

Photo

前回の記事をアップしてすぐに出会ったのがこの片手袋。

こりゃあ、「放置型駐車場・コインパーキング系片手袋」は分類図に追加確定ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

『久々に分類図に追加?“放置型駐車場・コインパーキング系片手袋”』

Photo

時折、変更、追加、修正を加えている片手袋分類図。今のところ最後に改訂をしたのは今年の三月。

実は「第三段階に加えても良いかな?」という候補は結構ある。例えば以前も触れた室外機の上の片手袋。

___1

これなんかはかなり実例が溜まっているが、肝心の発生理由が未だに分からない。「拾った人が置きやすい場所なんだろうな」という予想は出来るが、確信はしていない。

つまり、数はあるが根拠が無いのだ。

その意味で言うと、数も根拠もしっかりしてきた例もある。今日も出会ったのだが、

Photo_2

駐車場、コインパーキングの放置型片手袋。これは年間通じて出会う事が出来る。大体が軽作業類だが、ファッション類もたまにある。

軽作業類に関しては、コインパーキングが工事車両や運送業、作業用トラックが多く駐車する場所である事が関係しているだろう。そういう車両は荷台などに軍手などを積んでいる事が多いので、必然的に落ちる可能性も高まる。

120227_1206011

また、数年前から路上駐車取締が厳しくなり、少しの間しか駐車しない運送業者などもコインパーキングを利用するようになった事も関係しているかもしれない。確かにここ数年、コインパーキングの軽作業類片手袋は増加しているように感じる。つまり時代の流れを反映している片手袋かもしれない。

そう言えば、バイク用の駐車場では一か所に三つの片手袋が落ちていた、なんて事も。

3

あと地面が砂利の駐車場なんかは、軍手が砂利に埋もれるように落ちている事が多い。

Photo_3

これなんかは、落ちた後に他の車にどんどん轢かれていくんでしょうね。

ファッション類に関してはどうか?

2
※分かりにくいけど駐車場内です

これは手袋に限らないのだが、やはり車の乗り降りの際には色んなものを落としてしまう、という事がある。片手袋だけでなく靴なんかも駐車場には落ちているし、何より僕自身色んなものを落としてきた経験がある。冬場、大型のショッピングモールの駐車場なんかは、結構片手袋が落ちてる事が多い。

このように実例も理由も充分であるのだから、“放置型駐車場・コインパーキング系片手袋”は近々分類図に加えても良いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

『日常回帰』

Photo

前回、早すぎるファッション類介入型との出会いに湧いた訳ですが、当然後が続きません。さすがに片手袋冬の旬には早すぎますよね。

もうしばらく軽作業類やゴム手袋との付き合いが続きそうです。でも、僕は片手袋博愛主義者。あいつらの事も心から愛してますよ。

今日のコイツだって、車に魅かれていくのをただただ見守るしかなくて、心が痛みました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

『祝!2015年最初のファッション類介入型片手袋』

先月書いた記事で、「“ファッション類の介入型と遭遇し始める”というのが片手袋冬のシーズンインの目安」と書きました。

試しに「その年最初のファッション類介入型との遭遇」を過去三年分調べてみたら、

2012→10/26
2013→10/28
2014→11/10

という結果。大まかに言えば、10月後半から11月初旬に初遭遇を迎える訳です。ところが昨日…。

2015

なんと10/9、10月初旬にして今年最初のファッション類介入型と遭遇してしまいました!冬の介入型の定番、ガードレール系でした。

これ、子供用の手袋なんですね。あくまで想像ですが、ここのところ東京は寒い日が多かったので、親御さんが子供の事を思って手袋を持たせたのではないか?と。しかしまだまだ冬本番、という程でもないので、子供は落としてしまったのかな?

いずれにせよあまりに速い初遭遇だったので、これからバンバン介入型に出会う、という事ではないと思うのですが、やはり凄く嬉しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

『変 HEN』

今週は久し振りに、とある媒体の取材を受けました。とても楽しい取材でしたので、掲載される時はまたご報告します。

取材を受けていると、自分の喋った事に自分で納得してしまう事があって。今回再確認したのは、「僕は変わった事、オリジナリティ溢れる事をやっているつもりはない」という点でした。

メディアで片手袋研究を紹介させて頂く際、「自分の変さアピール」をしなければならない局面も少なくありません。でも何しろ僕が片手袋に魅かれ始めたのは幼少の頃だったので、片手袋研究をする事は変な事だ、という意識がないんですね。

それと僕の片手袋研究を知った方が、「片手袋の写真を撮るのなんて○○さんもやってるよ」という反応を返してくる時があります。でも、そもそも僕が幼少の頃片手袋を好きになるきっかけとなったのは、ウクライナの『てぶくろ』という古典絵本。つまり僕が生まれる前から片手袋に魅かれ、作品にまで昇華してしまった人達がいる訳です。自分だけが片手袋に注目している、なんて一度も思った事がないのです。

まあ、研究対象として一生関わっていこうとしている人は僕以外にいないかもしれませんが、僕は「片手袋は自分だけのものだ!」と主張するより、むしろより多くの方々と魅力を共有していきたいんですよね~。

つまり、変人アピールがしたい訳じゃないんです!

その為に今後も、皆様に片手袋の面白さと魅力を伝えられるチャンスを与えて頂けるなら、出来る限り発信をしていこうと思っております。

Photo

なんか硬い&抽象的な話になってしまいましたので、最後に最近出会った片手袋写真を。

久し振りにペッタンコになっている片手袋と出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

『徐々に奇妙な片手袋』

Img_0862

あ…ありのまま 今日 起こった事を話すぜ!

「おれは 奴が壁に引っ掛けられていると
思ったら いつのまにか張り付いていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何が起こったのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか手品だとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

Img_0863

なんか唐突に慣れないポルナレフパロディをしてしまいましたが、この壁に張り付いていた不思議な片手袋。見た時に最初に思い浮かべたのが、ジョジョの「ハイウェイスター(足跡だけが追い掛けてくる)」というスタンドだったもんで。

こいつ、もしかしたら放置型から自力で介入型になろうとしている、片手袋界初の存在かもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

『キュッパのびじゅつかん』展に急げ!

大学時代の友人が一冊の絵本と展覧会を薦めてくれました。「石井君は絶対好きな筈!」と。

絵本は『キュッパのはくぶつかん』、展覧会はその絵本を元にした『キュッパのびじゅつかん』です。片手袋研究を初期から知ってくれていた友人ですので、これは気になる。早速絵本を買いに近所の本屋へ。

…これがね。素晴らしかったです。簡単な内容紹介をAMZONから引用しますと…

キュッパは、いろいろなものをあつめるのがだいすきな、まるたのおとこのこ。でも、はこもひきだしも、もういっぱいです。キュッパは、集めたものを分類して、ラベルをつけます。こんどはそれを展示して、記録に残します。最後はリサイクルと、なにをしたと思いますか?もしかしておかたづけって、芸術のはじまり?キュッパのはくぶつかんのはじまりはじまり。

つまりキュッパという主人公は、「何かを集める→研究観察→分類→公開→アーカイブ」という作業を経験するのですが、これはそのまま博物館が担っている役割なのです。と同時に、この作業って僕が試行錯誤しながら十年間、片手袋を通じて行ってきた事そのものな訳ですよ!

僕自身片手袋研究の面白味を伝えるのに苦労する事もあります。しかし『キュッパのはくぶつかん』は何かを集めたり分類したりすることの楽しさを、子供から大人まで誰にでも分かるように伝えてくれるのですから感心しました。しかもキュッパが森で集めてくるものの中に、沢山片手袋も描かれているのです!

こんな素晴らしい絵本を元にした展覧会も見てみたい!

と、いう事で昨日、仕事終わりに急いで東京都美術館へ向かいました。

Img_0854 Img_0855
※ポスターにも早速片手袋が。期待大!

結論から言いますと、展覧会も素晴らしかった!

会場には「収集・分類」がテーマになっている作品がいくつも展示されていたのですが、やはりメイン会場の企画がとても面白かったです。

Img_0856
※メイン会場

参加者は最初に木箱を一つ支給されます。会場にはまるで統一性のない雑多なものが所狭しと並べられているのですが、参加者は一つテーマを決めて(丸いもの・赤いものetc)その中からピックアップしていきます。

Img_0857
※こんな感じで雑多な物が沢山並べられている

木箱に集めたものを並べて、何をテーマに集めたのかを記入したタグを付けたら、公開スペースに置いて終了。

Img_0859
※僕の作成した箱。“2を感じさせる物”というテーマで作成。

Img_0860
※片手袋をピックアップしていた人がいたので、横に置かせて貰った。

つまり、参加者自身がキュッパになり、キュッパが絵本で経験したことを疑似体験する仕組みになっているのです。

他の人がどういうテーマで箱を作成したのかを見るのも楽しいです。

Photo
※この人のテーマは恐らく“黄色い物”

これはつまり、自分と違うまなざし、自分と違う思考で世界を見てみる、つまり「他人には世界がどう見えているのか?」を知る事にも繋がります。

また、一見雑多に見える物達も、一つテーマを決めるだけで視界がすっきり拡がる感じ。それは僕が片手袋を研究し始めてから、一見つまらない町並みが一気に複雑で豊かな景色に変貌してしまった経験と重なりました。

Img_0858
※例えば“丸い物”というテーマを設けただけで、無関係に見えた物達が意味を帯びてくる。

絵本は最後、キュッパが「自分が今回経験した過程。それはもしかしたら芸術というものだったのかな?」と気付く事で終わります。“芸術”というと全く新しい感性によって全く新しいものを生み出す行為のように考えてしまいがちですが(そういう側面も強いのだが)、「既存のものをどのようなテーマで切り取り、選び取り、結論付けていくのか?」という視線。その視線そのものがまさに芸術であるのだ、というメッセージに深く共感します。

ただ二つ残念な事があって。一つは明日、10/4で展覧会が終了してしまうので、当ブログで強く推薦してもあまり意味が無くなってしまった事。もう一つは、片手袋研究とテーマが完全にシンクロしているこの展覧会に、アーティストとして参加させて貰いたかったな、という事です(いや、分不相応である事は分かった上で言ってますよ!)。

後一日ではありますが、お時間と興味がある方は是非行ってみて下さい!展覧会が終わっても絵本はいつでも買える訳ですし。

都美術館から出る時、こんな立て看板にすら何かシンクロニシティを感じてしまった僕でした。

Img_0861

P.S それにしても片手袋研究を始めるきっかけとなったウクライナの『てぶくろ』、僕の十年間の活動を分かりやすく代弁してくれているような『キュッパのはくぶつかん』。両方共に福音館書店の本である事に、何か運命を感じましたし、お礼を言いたい気持ちで一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

『ザ・ガードマン』

昔数寄屋橋交差点に建っていた「モザイク銀座阪急」。僕も地下のラーメン屋などよく利用していましたが、数年前に取り壊されました。

先日跡地のそばを歩いたら、いつの間にか物凄くモダンなビルが建設中でした。急ピッチで工事を進めているのか、周辺では工事車両や工事関係者の方を沢山見掛けました。

すぐ横のわき道を歩いてみると、ビルをぐるっと工事用の仮フェンスが取り囲んでいます。そしてなんと、そこから僅かに見えるビル敷地内に片手袋が沢山落ちているではありませか!以前撮った写真で言うと、こんな感じです。

101005_094429

当然、全て撮影しようとしたのですが、なんかガードマンの方が複数人立っていらして…。しかもなんか雰囲気がピリピリしている。

Img_0852
※現場はこんな状況でした

今まで挙動を怪しんだパトカーが横に止まろうとも撮影を断行してきた僕ですが、何故かこの日は勇気が出ません。結局歩道の反対側に落ちていた片手袋を一枚撮るだけで諦める事に。

Img_0851
※しかもこれ、アウトドアメーカーのロゴが入っていたので、工事現場とは関係なさそう

いや、久しぶりに自分の覚悟の足りなさを思わされました。ガードマンの方に事情を説明してでも撮るべきでした。片手袋“研究家”であるなら…。

ただね。その“事情”が何なのか、未だに自分でもよく分かっていないんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »