« 『桜舞い散る春も』 | トップページ | 『KANの戻り』 »

2015年4月 7日 (火)

『レジで始まり、桜で終わる』

口が酸っぱくなる程繰り返し言ってますが、片手袋は冬以外でも存在してます。

ただやはり、質、量、種類共に冬が一番豊富なのは確か。では一口に冬と言っても、片手袋の旬は一体いつからいつまでなのか?

何となく「11月から3月くらいまでかな?」と思うのですが…。最近投稿コーナーなどを通じて分かってきたのは、片手袋にも地域差があるんですよね。だから「〇月から〇月まで」という定義の仕方には少し無理を感じます。

ずっと考えてみて、「実例で示せば良いのではないか?」と気付きました。具体的に言いますと片手袋の冬の旬は…

Img_7505 Img_6734

スーパーのレジや荷造り台にファッション類片手袋が現われると始まり、

桜が散ると終わる、という感じです(終わりに関しては、終わりなので具体的な写真がありません)。

不思議なのは、桜が咲いている時はまだ若干ファッション類の片手袋が観察出来るんですよね。

3131__ Photo

それが桜が散ると同時に、ガクンと減る。気候が暖かくなる事は当然として、「桜が散ったのに手袋を持ち歩く事はないな」という心理が働くんじゃないかと思います。

この説を裏付けるキチンとした証拠はないんですけど、これなら具体的な日付ではないので全国的に適用出来るのではないでしょうか?

今冬でまずこの仮説を提唱出来たので、来冬で理論付け出来るように観察をしてみたいと思います。

|

« 『桜舞い散る春も』 | トップページ | 『KANの戻り』 »

片手袋研究発表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/59562070

この記事へのトラックバック一覧です: 『レジで始まり、桜で終わる』:

« 『桜舞い散る春も』 | トップページ | 『KANの戻り』 »