« 『失敗作』 | トップページ | 『読売新聞に掲載されます』 »

2015年2月13日 (金)

『地面の介入型問題』

片手袋を大きく二つに分類すると、“放置型”と“介入型”に分かれる事は何度も書いております。

放置型は…

Unnamed4

誰かが落してそのまま忘れ去られている片手袋。

介入型は…

___1

誰かが落ちている片手袋を拾って、落とし主が見付けやすいよう目立つ場所に置いてあげたタイプです。

じゃあこれはどちらのタイプでしょう?

Img_8151

「そんなの簡単だよ、放置型だろ?」。

うん、そう思いますよね?でもちょっと待って下さい。道端で誰かが落した片手袋が、こんなにピッタリ角におさまりますかね?これ、道の真ん中だと車や人に踏まれる、と考えた誰かが、ここに寄せた可能性もあるんじゃないでしょうか?

だとすると単純に「地面にあれば放置型で、それ以外が介入型」と決めつける事が出来なくなってきます。

この「地面にある介入型問題」。一年くらい前からすごく気になっております。皆さんもちょっと気にしてみて下さい。

※ホームページ、『片手袋大全』もよろしく!
http://katatebukuro.com/

|

« 『失敗作』 | トップページ | 『読売新聞に掲載されます』 »

片手袋研究発表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/58923558

この記事へのトラックバック一覧です: 『地面の介入型問題』:

« 『失敗作』 | トップページ | 『読売新聞に掲載されます』 »