« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

『ジーン・ケリー』

__

毎日よく降りますね~。

最近出会う片手袋はかなりの確率で“放置型雨に唄えば系片手袋”ですよ。

今日は久しぶりに軍手類じゃない片手袋と出会ったんですが、やはり“雨に唄えば系”でした。

まあ、季節物ですから今のうち存分に楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

『ルックルックこんにちは』

Photo

朝の築地の景色を背景に片手袋を撮ろうとしたら、駐車するトラックが来てしまいました。

築地は商売人のまち。モタモタしていたら怒鳴りつけられても仕方ありません。この一枚で諦めて、すぐにこの場を後にしました。

片手袋は路上の様々な場所に落ちているので、撮影に気を取られていると危険を招く恐れもあります。

皆さん、くれぐれも気を付けて下さいね!

※“皆さん”といっても全国に五人くらいしかいないと思いますが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

『笈の小文』

Img_2322

こんなのとか、

Img_2023

こんなのとか、

Neko___2

こんなのとか。

今まで何千枚と片手袋の写真を撮ってきましたが、この三枚のように「写真として良く撮れたな」と自分で思える写真はごく一部です。

Photo

一昨日出会ったこの“軍手類放置型路肩系片手袋”の写真なんて、なんの特徴もないイマイチ過ぎる写真になってしまいました。

どんな片手袋でも必ず見所があるだけに、それを上手く撮れない自分にはイラつくばかりですが…。

このように“膨大なイマイチ”を積み重ねていく事しか、僕には出来ないのであります。

「イマイチを 繰り返すうち ピカイチに」(芭蕉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

『追いかけて追いかけて片手袋ばかりさ』

__

「おや?あれは片手袋じゃないか?」

早速近づいて確認して見ると…

Image_2

やっぱりね!でもいつもこんな事ばっかりやってるから、目的地に中々辿りつきません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

『メッシュの起源』

__

今日出会った片手袋なのですが…。

う~ん。僕の長い片手袋生活で初めて出会うタイプでした。洗濯機のゴミ取りのようなメッシュ素材で出来ている手袋。

これは何に使う手袋なのでしょう?美容関係とかでしょうか?ご存知の方いらっしゃいましたら、情報お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

『グリーンジャイアント』

2221__ 091110_082302 100406_091240

101116_085623 110111_092951 110208_085229

120124_093402 212121124__1 Img_1821


Img_2330 P1010044 105

アスファルトの隙間から力強く芽吹いた雑草に感動する人はいても、

道端で踏みつけられても必死に耐えている緑の五本指を思う人はいない。

今日の記事は、緑の片手袋達へ捧ぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

『百年の孤独』を読んで

二ヶ月ほど前、コロンビア生まれの世界的作家、ガルシア・マルケスが亡くなったというニュースを耳にしました。

ガルシア・マルケス、そして『百年の孤独』という名前くらいは聞いた事がありましたが、僕は読んだ事がありませんでした。近所の方と話をしている時にたまたまその話題になったのですが、その方がすぐに『百年の孤独』を貸して下さったのです。

50年近く前に出版され、今まで何度もブームが起きたであろう世界的名作について今さら騒ぎ立てるのも恥ずかしい話なのですが…。とんでもない衝撃を受けました。

『百年の孤独』

Photo

『百年の孤独』はマコンドという架空の村が舞台で、その村を創建した一族の歴史と村の盛衰をおよそ百年に渡り綴った大長編です。

物語の詳細は省きますが(というか不可能)、コップの水の中に大量の砂糖を入れてグルグルとかき回し、やがて砂糖が溶けていくまでの様子を静かに見守っているような小説でした。

故にもし思春期に読んでいたら、「時代という大きな流れの中では一個人の感情や行動など、どうあがいてもやがて消えゆくコップの砂糖粒のようなものだ」という、変な諦念や虚脱感に襲われてしまったかもしれません。

しかし三十も過ぎてから読んだおかげで、「コップの中でグルグルとかき回される砂糖粒はどうあがいてもその力に抗う事は出来ないかもしれないが、やがて出来あがる砂糖水を構成する小さな一要素くらいにはなる事が出来るのだ」という、むしろ優しさに近いような印象を受けました。

時代の進化と共に技術や環境がどんなに進歩しようとも、そこに生きる人間の愚かさや欲望や運命は相変わらず同じ事の繰り返しなのだと思います。しかしその全く同じ営みの繰り返しをガルシア・マルケスが驚くべき緻密さで描写すると、不思議とそこに感動のようなものが生まれてくる。これこそ、マジックリアリズムという事なのでしょう。

つまり『百年の孤独』は溶けていくコップの中の砂糖を客観的に眺めると同時に、グルグルと回り続ける砂糖自身の視点も持ち合わせている。この事に僕は深い感銘を受けたのです。
(※そしてその視点は何となく、村上春樹のエルサレム賞での有名な『壁と卵』のスピーチに通じているのかもしれない。)

さて、何故このような拙い読書感想文を当ブログで綴っているのかというと…。

僕は常々、「もしかしたら、“片手袋を写真に撮る”という行為自体はそれほどオリジナリティがある行為ではないかもしれない」と思っているんです。事実神戸ビエンナーレ以降、「私も撮ってます!」という連絡を幾つか頂きましたし、路上に片方だけ落ちている手袋の事を気にしている人は結構いると思うんです。

肝心なのはむしろ、「片手袋を通じてどのように世界を見るか?世界をどのように切り取るか?」という事の方なんですよね(なんか壮大な話になってしまっているような気がしますが…)。

その際に、溶かされていく砂糖からの視点、卵の視点。これを忘れないようにしたい、と思った次第であります。

思わぬ所にもヒントが隠されているのが、片手袋研究の面白味ですよね!まあ、ガルシア・マルケスは天国で「おい!『百年の孤独』と片手袋、全く関係ねーから!」と怒ってるかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

『わかってくれとは 言わないがそんなに 俺が悪いのか』

212121124__

ガードレールがあったので、少し離れた位置から必死に手を伸ばして撮影した今日の一枚。

傍から見れば完全に怪しい人ですよね。まあ、「いやいや、片手袋を撮ってるだけですよ!」って説明しても、さらに怪しい人だと思われそうですけど。

もし警察に呼びとめられて僕の携帯の片手袋フォルダを見せたら多分、

「はい、確保~!」

だと思いますよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

『木更津キャッツハンド』

今日は潮干狩りをしに木更津へ行ってきました。

__

平日だったので殆ど貸し切り状態!のんびりと楽しめました。

Image

収穫も、決められた重量の上限ギリギリで大満足!潮干狩りなんて子供の時以来でしたけど、来年からは定例行事にしたいくらい面白かったです。

…しかし。それでも何故か埋まらない僕の心の隙間。ハッキリ言って、どんなにアサリが採れても「滅多に行かない場所で片手袋と出会わないで何が人間か!」という感じですよ。

若干の物足りなさを感じつつ、砂浜を後にしたのですが…。

1__

しっかりアイツが待ってて見送ってくれましたよ!

『木更津キャッツアイ』のロケ地となって以降、恋人達の聖地となったらしい橋をバックに記念撮影。

これで完璧な休日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

『Kind of Samurai blue』

夜、街灯もない所で片手袋を撮影すると…

Img_5590

こんな感じで何の写真だか全く分からなくなってしまいます。

しかし先日出会ったオレンジの軍手類片手袋は…

__

自ら光を発するような感じで、ボワッと怪しい写真が撮れました。オレンジ色の軍手自体初めて見たので、「オレンジ、すげーよ!」と一人興奮しました。

しかし今日になってみると、オレンジという色は日本人にとって最も嫌な色になってしまいましたね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

『観察日記』

54654666__

○月○日~観察日記24日目~

今朝、いつもの通り鉢植えの成長を観察する為外に出ました。

すると、鉢植えには見事な赤い花が咲いていました。しかし、その花は手袋のようにも見えました。

そこにちょうど通り掛かった変なおじさんが、

「坊主!これは珍しいな。介入型のようにも見えるが、放置型かもしれん。いつの日かきっと役に立つ日が来るから、キチンと記録しておくんだぞ!」

と言って、一枚写真を撮っていきました。

僕は、(事情は良く分からないけど、暑くなってくると大人でも頭が混乱してくるんだな)と、少し可哀そうな気持ちになりました。

(おしまい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

『投稿頂きました⑭』

※片手袋投稿No.38

Unnamed

【投稿者名】
tuyosiさん

【発見日時】
2014/5/22

【発見場所】
市川市行徳

【発見した感想】
暖かくなってきてなかなか片手袋に出会う事も少なくなってきましたがブログは毎日見させていただいてます、この写真は5月22日市川市行徳のアパートのゴミ捨て場で撮ったものです、軍手ですが送らせていただきます。

あと5月でも夜中にファッション系に一回遭遇しましたが昼に行くとなくなっていたなんて事もありました。

※管理人から一言
tuyosiさん、難しい時期に投稿して頂き有難うございます!しかも写真撮影は出来なかったとはいえ、ファッション系にも遭遇していたとはお見事です。

今回投稿して頂いたのは、ゴミ捨て場周辺にあった放置型の片手袋ですね。ゴミ捨て場周辺の片手袋と言うと、“介入型ゴミ捨て場系片手袋”というのがあります。

6

しかし僕自身、ゴミ捨て場周辺では放置型の片手袋もよく見るんですよね。

159_5917

↑こんな感じで。それが何故なのか解明出来れば分類表に“放置型ゴミ捨て場系片手袋”を加えても良いんですが、今のところ不明なので取りあえず実例を撮り溜めてます。

tuyoshiさん、そして皆様!夏場でも片手袋遭遇のチャンスは沢山ありますので、引き続きよろしくお願い致します!

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

『The Dark Side of the 片手袋』

__

おや?怪しい。すぐ裏側に回ってみる。

2__

やっぱり。俺の目は誤魔化せないぜ!

でもこれ、どういう経緯で片手袋になってしまったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

『記憶のスイッチ』

Img_6116

元は緑だったんでしょうけど、物凄く色褪せてしまった“ゴム手袋類片手袋”。

落ちてから長い年月が経ってしまった事の証なのか、色褪せるまで使い込まれていたのに落とされてしまった証なのか。

いずれにせよ、何故か昔よく行った田舎のお婆ちゃん家を思い出しました。なんか台所にこんなのがぶら下がってた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

『雨ふりサーカス』

12541245__

東京も梅雨入りですかね~。

ただでさえ片手袋と出会いにくい季節。しかも梅雨時に多い“雨に唄えば系”は、汚れて地面と同化してしまっている事が多いので見付けにくい。色々と大変です。

しかしどんな悪条件下でもコンスタントに片手袋を生み続ける、聖地築地。本当にいつも有難う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

『クレヤボヤンスでやんす』

214554546__

歩道から目一杯手を伸ばして撮った、“放置型路肩系片手袋”。

タクシーなどが止まってしまわないよう、信号の様子や車の流れを見極めて撮ります。

“片手袋研究”と聞くと周りが見えてないようなイメージを持たれるかもしれませんが、むしろまちを隈なく観察していないと駄目なんですよ。勘違いしないで下さいね!

“片手袋研究”と聞いても別に何のイメージも湧かないよ、という方に関してはこの限りではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

『detective』

156565___3

なんか、宝石とか美術品を扱う人が付けてる白い手袋。

あれが片手袋になって三角コーン系になってました。

あの白い手袋と言えば、大阪ほんわかテレビロケ中に仏壇屋さんの窓際にあったこれ…

C_2

を思い出します。しかしこれは仏壇屋さん、しかも室内なのだからここに存在する理由は分かるのですが。

白い手袋が野外で、しかも三角コーン系になる理由は皆目見当もつきません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

『対比』

444545454__

咲き誇る花壇の花達。

その横にポツンと片手袋。

楽しそうな家族団欒の食卓を、窓から覗き込むマッチ売りの少女みたいじゃないですか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »