« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

『冬のスイカ、夏の寄せ鍋』

1475

おお!30℃を超える暑さの東京で、“ファッション類介入型電柱系片手袋”!嬉し過ぎる!

五月末にファッション類介入型に出会った事なんて今まであったかな~?数日前にここを通った時は無かったので、ごく最近落とし、拾われた片手袋の筈。

嬉しい半面、これを落とした人は何故この時期に手袋を持ち歩いていたのか、とても気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

『くたびれもうけ』

45__

DVDレンタルとCD購入の為に近所のTSUTAYAに行く。

DVD。お目当ての映画が貸し出し中。

CD。お目当てのCDが取扱なし。

全くの無駄足でうなだれながらの帰り道。

片手袋。ちゃんとある。

ならOK…か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

『片手袋の分類法(追加)~雪どけこんにちは系~』

僕は“片手袋写真家”ではなくて“片手袋研究家”を名乗っている。それはただ片手袋の写真を撮るだけではなく、「片手袋が何故、誰によって、どうして発生するのか?」という事についても研究を続けているからだ。

長年の研究成果はこのブログで“片手袋研究発表”として一通り綴ってきた。中でも片手袋を分類する方法を確立したのは大きな成果であった。

2

研究発表は一通り済んだものの、当然その後も検証が続いている。中には新たにこの図に加えたいものも出てきているのだが、まずは実例を積み重ねてから、という慎重な態度を忘れないようにしている。

さて度々このブログでも触れているが、僕が片手袋活動を始めた最初の場はmixiの“片手袋コミュニティ”である。活動の場をこのブログに移してからは開店休業状態であったのだが、今年に入って活発に片手袋写真を投稿して下さる方がお二人現われて活気を取り戻している。

その方達と片手袋研究に関しても活発な議論を繰り返しているが、その中で「これは片手袋分類図に加えても良いだろう!」という事例が上がってきたので今日はご報告したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・○○類放置型雪どけこんにちは系片手袋

1363910728_196 1363017812_5 1363909220_219

これらの片手袋写真は、北海道在住のみかりんさんが片手袋コミュニティに投稿して下さったものである。これらの片手袋、どこに共通点があるかお分かりだろうか?

みかりんさんは僕の活動を知り北海道で片手袋探索を始めて下さったのだが、当初、「北海道なら沢山あるだろう」と思っていたそうだ。僕もそう思っていた。

ところが雪がすぐに降り積もってしまうので、落ちた片手袋がすぐに埋もれてしまい見付けにくい、という事実が判明したのだ。これは東京在住の僕には絶対に気付かない、現地にお住まいの方ならではのリアリティのある報告だった。

しかし“現地にお住まいの方ならではのリアリティのある報告”はさらに続く。季節は移り変わり北海道にも春が訪れると、雪が溶けて冬の間埋もれていた片手袋達が次々に出てきたのだ!

これが北海道在住みかりんさんの発見した“雪どけこんにちは系片手袋”である!

1364913744_56 1364913744_248

“雪どけこんにちは系”は、春先の公園などで見つかる事が多いという。公園は雪が積もるスペースが多い上に、子供達が手袋を落としていく確率も多いのがその原因だろう。

みかりんさんからは相当数の“雪どけこんにちは系”の実例を投稿して頂いた。これはもう分類図に加えるのに十分だろう。

さて、コミュニティではこの分類図そのものに関する議論も進んでいる。次回の片手袋研究発表では、“雪どけこんにちは系”を含めた改訂版の分類図をご報告出来れば、と考えている。

※今日の記事の写真は全て、みかりんさんより投稿して頂いたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

『約束の橋』

121212__

先日、内房に遊びに行きましたあの辺りの漁港周辺は本当に片手袋が多いです。もれなく軍手類ですが。

先日も沢山の片手袋に出会いましたが、中でも浜金谷漁港すぐそばの橋の上で出会ったこの片手袋は嬉しかったです。何故なら、“橋+海+片手袋”というシチュエーションから、

3

片手袋研究最初期に撮ったこの写真(撮影地:江東区若洲)を思い出したからです。

なんとなく懐かしい気持ちになったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

『虎の穴』

2121218__

なんだい、片手袋?

なんでタイガーのホットプレートを指差してるんだい?

駄目だ、僕にはまだ片手袋の真意を理解出来ない。こんなんで“片手袋研究家”?笑っちまうぜ!

もっと熱く熱く、片手袋の事を思ってあげなきゃ駄目だ!

…はっ、そういう事か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

『ピーピングトム』

12555__

先日の記事では、「まちなかで片手袋の写真を撮るのが恥ずかしい時もある」なんて書きましたが。

今日の手袋はパッと見で片手袋か両手袋か分からなかったので、屈んで覗き込んでましたからね。他人から見れば完全にアウトな人ですよ。

まあその結果片手袋認定が出来たので、無事こうしてアップ出来る訳です。片手袋の世界では、客観性を持ってしまったら負けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

『ニュートン』

_1111_

久々の“三つの片手袋問題”!

でも、殆ど全ての人にとっては無問題!

でもまあ、リンゴが地面に落下する事だって、殆ど全ての人は何とも思わなかった訳ですから。

今に見てろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

『いつ何時、誰の片手袋でも…』

65987456__

この写真を見て分かる事。

「“放置型横断歩道系片手袋”であるという事!」。うん、それは勿論なんですが。もう一つあるんです。

私、片手袋研究を長きにわたり続けてきた結果、写真撮影の際他人の視線はほぼ気にならなくなりました。人は他人が写真を撮っていると何を撮っているのか確認する習性があるようで、始めた頃は恥ずかしかったんですけど慣れって怖いですね。

つまり。こんなに引きの中途半端な写真を見て分かるのは、「そうは言っても流石に堂々と撮るのが恥ずかしい状況だったんだろうな」という事。

この時は横断歩道の向こうから大勢の外国人観光客がやってきて、なんか照れてしまったのでした。

片手袋ストロングスタイルの完成はまだまだです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

『涙、相当』

6666666___2

さすがに毎日ブログで報告する程、片手袋とは出会えなくなってます。しかし昨日、よく通る道で軍手類放置型と出会ったのです。

「よっしゃ!」

でも真夜中だったので携帯のカメラでは全然撮れません。せっかくの出会いなのに記録が出来ない悔しさで涙が溢れてきましたよ。

そして今日。明るくなってから祈るような気持ちで昨日の場所に行ってみると、ちゃんと待っていてくれてるではありませんか!私、嬉しさで涙が溢れてきましたよ!

早速写真を撮っていると、なんと通りすがりのおばちゃんに「何撮ってるの?」と聞かれてしまいました。私、動揺で涙が溢れてきましたよ…。

P.S ちょっと眼科に行ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

『俺は俺の片手袋を撮りたい』

_555555_

さすがにあんまり出会えてないんですが全くゼロではなくて、「わざわざブログで報告するほどでもないかな?」という感じの片手袋は結構あるんです。

でも、“わざわざブログで報告するほどでもない”という考え方自体が、片手袋博愛主義者として失格ですよね。僕、なんか調子に乗ってましたわ。

という訳で、反省の意を込めての“軍手類放置型雨に唄えば系片手袋”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

『久々の介入型』

65666__

うわ!この時期に“ファッション類介入型ガードレール系片手袋”!

「片手袋は冬だけの現象ではない」といつも書いてますが、正直介入型に関しては冬が来るまで出会わないと思ってました。しかもファッション類ですから嬉しかったです。

上質の革手袋でしたが、やや痛んでました。この場所で長らく風雨に晒されていたのか、元から使い込まれていた手袋が拾われたのか?

真相は分かりませんが、五分ぐらい立ち止まってウットリ眺めてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

『ウィリアム・TEL』

2221__

雨に濡れて怪しく光る緑のゴム片手袋。

時期iphoneは防水防塵対策が施されるらしいですけど、片手袋研究家としては絶対実現して欲しいですね。

もし実現するなら、様々な状況で写真を撮らなくてはいけない片手袋業界ではバカ売れですよ、Appleさん!

…早めに言っておこう。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

『不思議、大好き』

ガチャガチャV6のロケで片手袋探しをした2014年2月4日。こんな片手袋に出会いました。

_4_

面白い状況だったのと厚手で暖かそうな手袋だったのとで、印象に残る一枚でした。

先日、コイツと出会ったこの場所から直線で300mくらい離れた所を歩いていると、

__

こんな片手袋に出会ったのです。「お!五月も近いというのにファッション類か!」という感動。そして「何故室外機の上は片手袋が多いのだろう?」という疑問。その二つが頭をグルグル廻っていたのですが…。

「これ、ロケの時に出会ったアイツなんじゃないか?」という疑問が浮かんできました。

_11_

どうでしょうか?よく似ていると思いませんか?幾つかの可能性が考えられますが、整理してみると…

①よく似ているが全く違う片手袋である
②同じ片手袋が(どういう経緯かは分からないが)二ヶ月かけて移動した
③一組の手袋が左右別々の場所に落ちて二つの片手袋になった

この状況だけでは結論は出せませんが、三つのうちどれであっても不思議な現象だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

『パッション』

5666566__

今まで出会ってきた片手袋の中で一番ボロボロかもしれません。

というか、片手袋研究をやってなかったら、これが軍手である事すら分からなかったかも。

この片手袋の受難はいつか報われる日が来るのでしょうか?それとも、片手袋研究家である僕だけでも気にかけてあげた事で、少しは報われたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

『片手袋の舟唄』

Img_6389

この片手袋、なんか土下座しているように見えて不憫になってしまいました。しかも直後に、

Img_6391

これですからね。

「拾われる片あれば捨てられる片あり」。放置型と介入型の間には、深くて暗い川があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

『カタの地下水道』

__h 121__ Img_1570

片手袋とマンホールの相性が良い事は知ってたけど、

55455__

先日工事現場で出会った片手袋は、マンホール(?)として機能する前のマンホールと一緒でした。それでもやっぱりなんか良い感じでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

『投稿頂きました⑬』

※片手袋投稿No.36

Unnamed Unnamed2

【投稿者名】

友人F君

【発見日時】
2014/4/27

【発見場所】
四谷三丁目

【発見した感想】
最近めっきり片手袋見ないなと思っていたらいるじゃないですか!場所がら車通りも多く、介入はされていないようでした。タクシーを降りる際にうっかり落とされたのではないでしょうか?あまり接写というのは好きではないのですが、寄りで撮ると、荷物を小脇に抱え大股で歩くユロ氏に見えるような見えないような

※片手袋投稿No.37

Bmwl4bycmainfvx

【投稿者名】

Akira.Kさん

【発見日時】
不明

【発見場所】
京都

【発見した感想】
また発見しました。場所は三条通、京都と山科•大津を結ぶ道路沿いの歩道です。軍手以外はもうないだろうと思っていた種類の片手袋に遭遇してビックリしています。研究にお役立て下さい。

※管理人から一言
お二方とも、既に投稿の常連さんですね。ありがとうございます!

今回は二つの投稿にまとめてコメントをさせて頂きます。というのも西の都と東の都、それぞれの投稿にほぼ同じ事が書かれていたからです。

つまり、「暖かくなってきて厳しいかと思っていたが、片手袋と遭遇出来た」という内容です。以前片手袋と季節の関係について書きましたが、その中にこんな一節があります。

“つまり季節は、片手袋の量と種類に影響を及ぼすものの、観測自体は一年を通じて可能なのである。”

この考察は日本中で通用するのだな、と今回のお二方の投稿を見て実感致しました。有難うございます。

確かに量自体は少ないものの、気は抜けません。皆さま、まだまだ投稿お待ちしてますよ!

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

『黄金の回転』

皆さん、充実したGWをお過ごしですか?今年は暦通り四連休、という方が一番多いそうですね。

僕のGWは大充実でありまして…

2121__

四連休を暗示するようなこんな“放置型横断歩道系片手袋”に出会いましたよ!

他には特に何もないですけど、いや~、充実してます!

…誰が何と言おうと充実してるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

『神戸からの贈り物』

Img_3836 Img_3844 Img_4130

昨年、奇跡的に神戸ビエンナーレに作品(『まちに咲く五本指』)を展示させて頂いたお陰で、地味だった片手袋ライフも新たな展開を迎える事が出来ました。

会期中は色々な感想を頂きましたし、未だに日本各地から片手袋写真の投稿も頂いてます。そして神戸ビエンナーレの事務局の方々や工務店さんなど、一生物の素敵な出会いも沢山ありました。

仕事をしながら、しかも40ftコンテナを写真で埋め尽くす、という初めての大がかりな展示でしたので、正直何度も心が折れ掛けましたが、本当に参加して良かったと思っています。

「あれからもう半年が過ぎようとしているんだな~」と考えていたある日、小包が一つ神戸から届きました。差出人は神戸で大変お世話になったある方です。

「何だろう?」と思って開けてみると…

Img_6442

なんとコンテナの模型!しかも…

Img_6435 Img_6437 Img_6439

コンテナの扉は開閉式、屋根は取り外し可能、内部も写真一枚一枚完全再現です!

僕の作品を気にかけて下さり、本当に色々とお世話になった方だったのですが、まさかこんな素敵なプレゼントを作成して下さるなんて。本当に涙が出ました。

Img_6443
(※縮尺の参考として100円玉を置いてみました)

僕の作品、『まちに咲く五本指』は、片手袋を通じてまちに広がる人間同士の繋がりを実感して貰いたくて作成しました。しかし作成過程において、僕自身が色んな繋がりを実感する事になりました。

片手袋のおかげで、大事な大事な宝物がまた一つ増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »