« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

『自由への疾走』

片手袋は悲しい存在に見えますが、考えようによっては自由の身に解放された、とも見えるかもしれませんね。

0938391

片手袋の横のバイクに貼られていた『自由』というステッカーを見て、そんな事を思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

『メディアの中の片手袋⑬:ポゴリラヤ選手』

いや~、昨日29日のフィギュアスケート世界選手権。感動しましたよ!

本当に素晴らしい演技でしたね、ロシアのポゴリラヤ選手!

Img_6152 Img_6153 Img_6155

ブルーの片手袋で演技する姿は、世界中の涙を誘いました。まさに『カタと氷の女王』!

片手袋界では、彼女金メダルですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

『のし片手袋』

174__

雨が降ってガードレールにペットリの片手袋。

これに気付けた自分を褒めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

『男の星座』

片手袋の聖地、築地。

豊洲に移転が決まってからも色々あって、先行きは未だ不透明なまま。勿論、大前提としての移転は変わらないのでしょうが…。

最近は築地へ行くたびに、今まで当たり前だと思っていた景色を意識して撮っています。特に僕が好きなのは…

__

築地場内の屋根に用いられている波板には、無数の穴があいているので…

Image

その穴から差し込んだ光が、壁に星座のような模様を作り出すのです。

先日撮った、ターレー(築地特有の乗り物)に忘れられていた片手袋の写真。

1image

よく見ると背景の壁にその模様が写り込んでいました。

築地の景色。築地の片手袋。あとどれくらいの時間が残されているのかは分かりませんが、出来る限り撮り続けていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

『スマートなフォン』

1254__

ここ数年、“放置型横断歩道系片手袋”が増えてます。

様々な理由が推測出来ますが、一つには「スマホの普及」があるのではないか?と思います。

スマホの登場により、僅かな時間でも様々な情報が得られる時代になりました。信号待ちの間にいそいそとスマホをカバンから取り出しいじっていたら、いつの間にか信号は青に変わっていた…。そんな経験ありませんか?

大慌てで信号を渡ったのは良いが、スマホを操作する為に外していた手袋を落としてしまった事に気付かない。そんな経緯で“放置型横断歩道系片手袋”が増えているのではないでしょうか?

片手袋。意外に時代の移り変わりを反映しているのです。

P.S 全部妄想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

『投稿いただきました!⑩』

※片手袋投稿No.26

Bjlfxllcqaezutv_2


【投稿者名】
Kuruさん

【発見日時】
不明

【発見場所】
長崎県グラバー邸

【発見した感想】
はじめましてこんばんは。!この回のガチャガチャV6を楽しく観させて頂きました。つい先日のこと。修学旅行で長崎に行った際...見つけました。片方の手袋。そして報告がしたくなり突然ですがさせていただきました
手袋を見つけたときに「はっ!手袋って本当に自ら探す、というより出会うなんだな」と感じました。即パシャリでした。ただ、実際はこのあと持ち主がこの辺で手袋無かったですか?とすぐに探しに来られたので逆にちょうど良い瞬間だったのだなと思いました。

※管理人から一言
ガチャガチV6を見て下さった方からの嬉しい初投稿です!

僕は九年間も片手袋を研究していますが、落とし主が戻ってきた瞬間って見た事無いです。恐らく初めての片手袋撮影でそんなレアな瞬間に立ち会うなんて…。羨ましいです!

※片手袋投稿No.27

Bjqt0bhcqaecynr

【投稿者名】
よぴさん

【発見日時】
2014/3/21

【発見場所】
不明

【発見した感想】
初めまして^_^ ガチャVを見て石井さんを 知りましたなかなか片手袋と出会えませんでしたが今日、やっと出会えたので記念に 撮ってしまいました!!

※管理人から一言
こちらも嬉しい片手袋初遭遇のご報告です!冬の終わりはファッション類の放置型が多くなりますね。

そして撮影者様の影が映り込んでいるのが良い!僕も時々意図的に自分の影が映り込むように撮るんです。なんか「俺はお前の事気にしてるよ」っていう思いが可視化出来るような気がして。

Img_1819

※片手袋投稿No.28


1unnamed 2unnamed

【投稿者名】
tuyosiさん

【発見日時】
2014/3/15

【発見場所】
市川市の吉野家の駐車場

【発見した感想】
レザーの似たタイプの色違いの片手袋です。明るい茶色と黒が吉野家の看板とよく似ています(笑)おそらく夫婦か仲良し2人組が同時に片手袋だけを落としたのかな~と想像します。ちなみに今日見に行ったらもうなかったです。

※管理人から一言
前回初投稿して頂いたtuyosi様が再び送って下さいました!

tuyosi様は最初から片手袋の背景まで想像して送って下さるので、素晴らしいです。そして既にダブルヒットをゲットするとは!一つでも色々なストーリーが浮かんでくる片手袋。それが二つ並んでいると、余計に色々と考えてしまいますよね。

Img_2377 Img_2505

※片手袋投稿No.29

Unnamed

【投稿者名】
川原理子さん

【発見日時】
2014/3/17

【発見場所】
有明がん研の隣の公園

【発見した感想】
庭仕事の手袋でしょうか、公園で休憩をしていた方の落とし物でしょうか。手から落ちることはなさそうだし、ちょっとズボンのポケットにというわけにもいかなさそうだし、あんまり落ちなさそうな手袋のような気がしました。

※管理人から一言
僕の片手袋研究を最初期から知っている地元の友人から投稿してもらいました。今回の写真と似た雰囲気の写真を撮った事があります。

76

こういった植え込みや花壇にある放置型片手袋って、確かに「落とした」という感じがしないんですよね。どちらかと言うと「忘れていった」という感じが強いです。

以前知り合いから聞いた話ですが、土足厳禁の車に乗せて貰った時、サービスエリアで靴を脱いで車に乗り込み、そのまま置きっ放しで発車してしまった事があるそうです。

これらのタイプの片手袋は、何となくその話を思い出すような雰囲気があります。またよく分からない例え話をしてしまった気がしますが…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回は初投稿の方が多かったですね。最近は色々な方面から写真投稿を頂いております。本当に本当に感謝しております。

寒さが長引いたとはいえ、さすがにこれから徐々に暖かくなってくるでしょう。そうすると片手袋を見付けるのが難しくなってくる、と皆さま思うかもしれませんが、冬以外は放置型片手袋が多くなるので気が抜けません。

皆さん、頼りにしてますよ!

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

『私のお気に入り』

Kodomo__

まだ完全には終わっていないけれど、この冬一番のお気に入り写真はこれかな?

カラフルな子供用片手袋と、黒一色の大人用片手袋。こんな対比が一か所で見られたのだからラッキーだった。

ちなみにここはバス停。しかも凄く本数が少ない路線のバス停。つまり待ち時間が長くなる場合が多い訳で、その辺りに片手袋が多く発生してしまう原因があるのかもしれない。

後日、もう一つ増えて三つになった時もあったのだが、それは三つの片手袋全てを一枚に上手く収められなくて悔しい思いをしたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

『エシレ』

__

結構急いでいる時に出会った“介入型電柱系片手袋”。

急いでいるけれど、どの角度から撮るのが良いか探る為、電柱のまわりを何周もしてしまいました…。

私、半分バターになりかけてましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

『One hand samba』

昨日の東京は本当に暖かくて、「いよいよ本当に片手袋の旬も終わりだな」と覚悟していたのですが、今日は一転して凄く寒かったですね。

夜、乃木坂のビルボード東京でライブを見終え駅まで向かっていると、幾つも介入型片手袋がありました。

20__

さあ、今年はいつまで豊作が続くのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

『スネークピット』

先日テレビを見ていたら、森の中の地面に開いてる穴にカメラを突っ込んでヘビがいるかいないかを確かめてたんですけど。

「うわ~、よく出来るな~」

と思いながら見ていました。

しかし昨日、植え込みの奥の方に片手袋が落ちていたので、しゃがみ込んでカメラを突っ込んで撮っていた時、「あ、俺も同じようなもんか」と思いましたね。

574__

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

『メディアの中の片手袋⑫:アナと雪の女王』

現在公開中の『アナと雪の女王』。

Poster2

とにかく素晴らしい映画でした。そしてなんと、片手袋も重要な役割で出てくる映画でした!

現在CMや映画館の予告編でガンガン流れている、このシーン。

映画の前半のクライマックスだと思いますが、見事に片手袋がフューチャーされていますね!松たか子さんの歌う『Let it go』の素晴らしさに自然と涙が溢れてきましたが、片手袋からも目が離せませんでした。

映画と片手袋というと、以前スピルバーグ監督の『リンカーン』をご紹介しましたが。新たな片手袋映画の誕生です!

全国5000万人の片手袋ファンのみなさん。『アナと雪の女王』、是非ウォッチして下さい(宇多丸さん風に)!

※ちなみにディズニー映画では『美女と野獣』にも片手袋が出てきます。

1010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

『投稿頂きました!⑨』

※片手袋投稿No.23.24

Unnamed2 Unnamed

【投稿者名】

tuyosi

【発見日時】

(左)2014.3.10
(右)2014.3.12

【発見場所】

両方共に市川市

【発見した感想】

(左)散歩に出て10分もかからずに発見しました、ブロックに掛けられた婦人物の片手袋、この100メートルほど先が小学校なので保護者のお母さんの物かと想像します、あまり面白みに欠ける写真かと思いますが^^;初遭遇記念に投稿させていただきます。

(右)確定申告に向かう途中に酒屋の駐車場で見つけました、あまり見ない黒にオレンジの軍手はひょっとしてジャイアンツファンでしょうか?
指が4になってるのは「死」を意味するのかも、、酒の飲み過ぎには気をつけろってメッセージでは••なんて考えてしまいました(笑)

※管理人から一言
先日のガチャガチャV6を見て下さった方より投稿頂きました。最初の投稿が送られてきてから、すぐに二件目が届きました。凄く思うのは、「あの放送が冬で良かったな~」という事。

tuyosiさんのように番組を見て、すぐにまちで実物の片手袋を見付ける。そうすると、片手袋が実際まちじゅうに溢れている事を実感して貰えますもんね。

いずれにせよtuyosiさん、ありがとうございます。既に二枚目の方が一枚目より撮り方が面白くなっている辺り、素晴らしいですよ!

※片手袋投稿No.25

Img_9370

【投稿者名】
フレシオンかめやさん

【発見日時】

2014.3.12

【発見場所】

神戸

【発見した感想】

お仕事終わりに発見したそうです。(頂いたメールより)

※管理人から一言
フレシオンかめやさんは神戸の工務店さんです。ウッドデッキなどを主に取り扱っていらっしゃるのですが、昨年の神戸ビエンナーレの僕の作品の土台を制作して下さいました。それだけでなく、資材の買い出しに連れていってくれたり、神戸のまちを案内して下さったり、食事の心配までして下さったり、本当に本当に色々とお世話になりました。

僕、今猛烈に神戸が恋しいんですけど、神戸がそこまで好きになってしまったのも、かめやさんの存在が大きいです。

僕とかめやさんの間には不思議なご縁もあるのですが、全ての出発点はやはり片手袋。神戸ビエンナーレが終わってからもこうして写真を送って下さるのですからね!

僕は片手袋を通じて人と人との繋がり、みたいなものを語ろうとしていますが、その活動を通じて僕自身に様々な繋がりが出来ていくのだから本当に不思議です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回も皆さま、ありがとうございました。千葉と神戸、場所は違えど片手袋の面白さは変わりません。その面白さは、いよいよ日本中に広がりを見せ始めています。

そういえば、片手袋活動の原点であるmixiの『片手袋』コミュニティ。開店休業状態が長らく続いておりましたが、最近北海道の方が続々と写真投稿して下さっています。興味がある方は是非ご覧になってみて下さい。

引き続き、写真お待ちしております。

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

『テレフォン・ラブ』

僕みたいに片手袋について九年間も研究しなくても、何となく「あそこには片手袋が発生しやすいだろうな」という場所があると思います。

それは簡単に言えば、「手袋の脱着をしやすい場所」です。例えば…

ポスト!

Img_2188

はい、あります!

切符売り場!

Img_2488

はい、あります!※ちなみにこの写真、両手袋に見えますが、別々の片手袋が二つ重なっていたのです。

ATM!

Image

はい、あります!

うん、やっぱり予想通り「手袋の脱着をしやすい場所」にはもれなく片手袋があります。

しかし、ただ一か所だけ、イメージでは片手袋が発生しやすい筈なのに、九年間で一度も見付けた事のない場所があります。

それは…

__

電話ボックスです。

電話ボックスでは財布から小銭を取り出す、手帳をめくる、小さなボタンを押す。手袋を外す条件が整ってる筈なんです。それなら片手袋も…。だけど一度も見つかりません。

このように、こちらが用意したストーリーを時に裏切ってくるのも片手袋の魅力なんですよね。

研究とは、事前の予測を裏付けるもの。研究とは、事前の予測に沿わないものを見付けだす事。両方重要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

『リラの咲くころバルセロナへ』

__

この“介入型ガードレール系片手袋”。

鼻がツンと尖がった動物みたいで可愛かったです。

「何かに似てるな?」

と思ってたんですけど、バルセロナ五輪のマスコット、コビー君でした!

Images
空前のユルキャラブームですから、どこかの自治体で片手袋キャラを採用してくれませんかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

『Just Fit!』

Df__

なんだ、この片手袋のスッポリ感。

なんか、なんか…気持ち良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

『ちゅうかなかたてま!』

__

「よーし、今日の昼は何にするかな?葱ラーメンも良いし、坦々麺も良いな。でもチャーハンって手もあるし…。よし、決めた!右下の片手袋にしよう!」

片手袋研究家を名乗っている以上、どんなに腹が減っていても片手袋を選んでみせますよ!

それにしても、なんでこんな場所にまで片手袋が落ちてるのか、皆目見当もつきません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

『三年』

あれから三年。昨年に引き続き、三年前、震災直後に書いた記事を再掲載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

114__

これは僕が“介入型”と呼んでいるタイプの片手袋です。

落ちている片手袋に気付き、見つかりやすい場所に移動してあげた誰かが存在する。

そうして生まれるのがこの“介入型”の片手袋なのです。

我々には有事ではなく普段から、このようなちょっとした、でもとても重要な心の優しさが備わっています。そう信じています。

ましてや過去最大級の有事が起きている今この時。

批判や言い争いや怒りはひとまず置いておいて、正確な情報や落ち着いた行動に基づく優しさを発揮しましょう。

僕自信、自分に出来る事は何か、冷静に考えてみます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

変わった事、変わらない事。上に書かれている事の中には、三年経ってみて僕自身違和感を感じる箇所もあります。

しかし片手袋に対する僕の気持ちには微塵の変化もありません。

本来僕は片手袋を“研究の対象”として見ている訳で、片手袋に“自分の心象を託す”というのは危うい行為です。

でも片手袋を通して、何か大きな物語を導き出しそれを語り継いでいきたい。それもまた僕の素直な気持ちなので仕方ありません。

まあ大袈裟な事を書きましたが、「片手袋と日々出会い、それを皆様にご報告する」という、オッサンの極めて怪しい行為はこれからも続いていく、というだけの事です。

これからも当ブログをよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

『お早よう』

今朝、早起きして我が家の納戸を整理していました。捨てる物が大量に出てきたのですが、ちょうど今日はゴミ回収日。ゴミ袋を取りに行くと…ない。ゴミ袋が無い。

「マジかよ…」

でも、一度ゴミと認定したものをこのまま家に放置しておきたくありません。仕方がないので近所のコンビニまで買いに行く事にしました。

時間はまだ六時。明るくなってはいましたが、物凄く強い風が吹いていて凄く寒い。

「ツイてないな…」

しかしコンビニに向けてトボトボ歩いていたその時!

__

ありましたよ、恐らく介入型の片手袋が。

昔から「早起きは三文の徳」と言いますが、僕はこう思いました。「早起きは五本の指」と。

馬鹿な事書いてるようですが、早朝、人がまだ活動し出す前の時間は、夜のうちに落ちたり拾われたりした片手袋が捨てられていない可能性が高い筈。

だから、片手袋的には早起きは絶対に良いんですよ!まあ僕は、だとしても温かい布団により長く入っていたいですけど!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

『コンステレーション』

壁のシミすら人間の顔に見えてくる。そういう経験はないだろうか?


つまり、人は全ての事象を“物語”として把握しようとする生物であるらしい。“シミ”という無機的な事象を“顔”
という有機的な事象に置き換えて理解しようとする。


一説によると、電車の中で携帯電話で話す人が耳障りなのは、うるさいからではなく片方の人の話しか聞こえないからだそうだ。つまり、“会話という物語”を受け取れないことがストレスになるのだそうだ。


星もそうだ。星が一つだけなら、それはただの星。しかし、二つ三つ星が集まってくると、本来何の関係性もない筈のそれらを結んで物語を紡ぎ出す。星座というのは物語だ。


急須は急須。ラジカセはラジカセ。何の関係性もないこの二つが路上で出会うと、不思議と何か物語が浮き上がってくるような気がする。

Image_2


片手袋というのは、それ単体でも物語を想像しやすい存在だ。「誰が落としたんだろう?」「何で落としたんだろう?」「誰が拾ってあげたんだろう」…。片手袋から紡ぎ出される物語は尽きる事がない。


そんな片手袋に加えて、何か他の物体が写り込んでいたら。片手袋とその物体の間に、また新たな物語が立ち上がってくる。


__

放置型の片手袋と青いプラスチック製の箱。皆さんはここからどんな物語を想像するだろうか?


何が言いたいかというと、「地味な片手袋写真ほど、無駄な前置きが長くなってしまいますね!」という事なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

『いまそこにある片手袋』

初めはちょっとした動きに過ぎなかったのに、ふと気が付くと大きな潮流となっている。そんな時代の流れをしばしば目にする。

ちょっとこれを見て欲しい。

__ Image

全く違う場所で撮られた二葉の写真。しかし、ともに自転車の片方のハンドルに片手袋が刺さっている。これは何だろう?

何かの用途があってわざとこうしてあるのか?それとも同じような条件が重なって、偶然同じような状態になってしまったのか?だとするとその“条件”とは何なのか?

片手袋研究家を名乗る私でも流石にまだ分からない。そもそも事例として二件というのはあまりにも少なすぎる。しかし、もしかしたら数年後にはこれが当たり前の光景となっているかもしれない。

とにかく今私達に出来る事は、今後自転車のハンドルを注意して見ていく、という事に尽きる。

片手袋にはまだまだ謎が隠されている。

※今日の結論=おばちゃん達が髪を紫に染めはじめたのはいつ頃からなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

『投稿頂きました!⑧』

※片手袋投稿No.21

__

【投稿者名】
Akira.Kさん

【発見日時】

2014.2.25

【発見場所】

東大路二条

【発見した感想】

また見つけました。場所は東大路二条の交差点南西角、信号待ちをしていたら目の前の交通標語の看板にかかっていました。よく見ると婦人物のようです。研究にどうぞお役立て下さい。

※管理人から一言
Akira.Kさん、既に投稿の常連さんですね!片手袋は気付かない時は全く目に付きませんが、一度気付くとどんどん見付かります。Akira.Kさんは既にそういう状態に入っているのでしょうね。

さて、今回投稿して頂いたのはファッション類介入型電柱系片手袋”ですね。これと全く同じような写真を僕も撮った事があります。

741

では「既に僕も撮った事があるから意味がないか?」と言えば全然そんな事ないのです。僕の片手袋研究は九年目に突入しましたが、研究範囲はあくまで東京近郊。つまり、研究結果が日本全国に当てはまる強度を持ったものなのか?という事は未だ自信が無いのです。

なので、例えどんな写真であろうと、「おう!やっぱり東京以外にもこのタイプがあるんだな!」とか「このタイプは東京では見た事ないな」とか、色々と参考になります。

今回のAkira.Kさんの写真は京都で撮ったそうですが、少なくとも介入型電柱系片手袋”は東京だけの物ではない、と分かりました。有難うございます!

※片手袋投稿No.22

Dsc00646

【投稿者名】
Kさん

【発見日時】
2014.2.16
 

【発見場所】

東京都文京区

【発見した感想】

ブログ時々見てますよ!手袋よく落ちてますね。どうやって投稿すればいいのかわからないから添付で送ります。本郷通りにありました。

※管理人から一言
こちらの写真。なんと私の親戚から届いたものです。

今まで九年間、“片手袋研究”などという怪し過ぎる趣味については、近しい友人や家族くらいにしか言った事ありませんでした。でも昨年の神戸ビエンナーレをきっかけに、こうして親戚から投稿を頂くまでになったのだから感慨もひとしおです。

さてこちらの片手袋は、“ファッション類放置型路肩系”に該当すると思われます。僕のコレクションで言えばこれなんかが近いかな?

P1310438

うん、アングルこそ違えど、ブロックの位置などがそっくりですね。

先月末くらいに気付いた事があります。冬はファッション類の介入型がととても多くなる季節ですが、冬も終わりに近くなってくると、何故か放置型のファッション類が多くなってくるんですね。

これが今年の冬特有の現象なのか、毎年の事なのか?それを実証するには、この先何年も冬の終わりを検証してみなくてはなりませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回改めて思ったのですが、同じような片手袋でも撮る人によって微妙にアングルや雰囲気が違ってくるから面白いですよね。

さて、文中でも触れましたが、片手袋研究の精度を上げていくには、とにかく多くの事例を検証しなければなりません。皆さん、どんな写真でも良いので、もし片手袋を撮ったら僕に送ってみて下さい。

よろしくお願い致します!

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

『海へ出た冬の旅』

冬は片手袋の季節。誰でもまちじゅうで片手袋を見付ける事が出来ます。

一方、季節を問わず年間通じて片手袋と出会える場所もあって、それを僕は片手袋の聖地と呼んでいます。今のところ東京で聖地として認定しているのは築地と、東京湾奥エリアの二箇所です(※番外として高速道路というのもありますが)。

しかし昨年末。僕は三つ目の聖地を見付けてしまったのです。しかもその場所は、日本中どこにでもあるのです。

三つ目の聖地。それは“海辺”です。

昨年末、僕は内房の漁師料理の店へ行きました。その店の前には小さな砂浜があり、食べ終わってからちょっと歩いてみる事にしました。

砂浜に降りてからすぐに、まずコイツに出会いました。

Img_4940

「お、片手袋じゃん!意外な所で出会ったな!」

そんな気持ちで写真を撮っていると、家族が僕を呼びます。

「こっちにもあるよ~!」

急いでそちらに行ってみると、確かにあります。

Img_4963

(なんでこんな至近距離に二つもあるんだろ?)。疑問に感じて辺りを見回して驚きました!小さな砂浜のいたる所に片手袋があったのです!

Img_4947 Img_4957 Img_4980

さらに注意してみると、海中にも幾つもあります。

Img_4951 Img_4968

結局、僅か30分ほどで20個以上の片手袋を見付けました。こんな密度で落ちているとは、築地以上ですよ!

海辺の片手袋の特徴としては、(少なくとも今回は)全て軍手である、という事です。港湾の作業で使われた軍手が流れ着いたのか、それともタンカーや漁船上で使われていた軍手なのか?

あるいは、

♪名も知らぬ~遠き島より~

じゃないですけど、どこか遠くの国や島から流れてきたのか?いずれにせよ、都市部で出会う片手袋とは少し違う大きな物語を予感させる片手袋達でした。

たまたま内房のこの砂浜にだけ大量に流れ着いた、というのはちょっと考えづらいので、恐らく全国の海辺に共通の現象なのではないでしょうか?

皆さま、僕自身この事実に気付いたばかりで研究材料に乏しく、まだまだ疑問が残ります。今後、海に行く際には磯遊びや男女の青春を爆発させるのも良いですが、是非片手袋にも注目してみて下さい。

そして出来れば写真などを送って頂ければ幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

『ガチャガチャV6出演の記録』

昨日、3/4(火)の深夜に関東圏で放送になった『ガチャガチャV6』に出演させて頂きました。今日は撮影の日の事を書きたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

二月初旬、TBSテレビ『ガチャガチャV6』の取材で、片手袋探しのロケをしてきました。

今年の冬の寒さは厳しく、それが原因なのか片手袋も大量に発生していました。

しかしロケ日が迫ってくるにつれ、東京は既に春の兆しが見え始め気温も徐々に上がってきていました。僕は一年中片手袋を見付けているとはいえ、やはり寒い時期の方が見付けやすいのは確か。簡単に片手袋が見つかるかとても不安でした(後に東京に大雪が二度も降るなんてこの時は考えてもみませんでした)。

当然ですが、片手袋探しは例えテレビのロケだろうとガチンコ。ディレクターの方は「見つけられなかったら見つけられなかったなりの内容にする」と言って下さいましたが、片手袋研究家としては意地でも一つは見つけたい。気合が入ります。

最初に公園で「片手袋とは何か?」という事を一通り解説して、いざ片手袋探しへ!

…と意気込んだのですが、OAを見て頂いた方はご存知の通り、最初の交差点であっさり3つも見つけてしまいました(本当はもっとあった)。

1

12_2 22 31

その後も行く先々で片手袋と出会う事が出来まして、最初の心配はどこへやら。結局今回のロケでは8つの片手袋と遭遇。

42 51 6

72 82

本当は一つの片手袋につき10分近く、分類や背景や考え得る背後の物語なんかを語ったのですが、当然それは殆どカットになってましたね!

この日の特徴としては、全て介入型片手袋だった事。去年放送された『大阪ほんわかテレビ』のロケは、まだ手袋をするなんて考えられないほど暖かかった10月に撮影したので、全て軍手を中心とした放置型。つまり前回と今回、二つの番組を見て頂ければ片手袋のおおよその全貌はお分かり頂ける形となりました(でも『大阪ほんわかテレビ』は関東では見られず、『ガチャガチャV6』は関西では見られないので残念!)。

なにはともあれ、今回のロケも無事終える事が出来ました。番組の最後にも言いましたが、片手袋とは偶然の出会い。本当に片手袋達は大事な時に現われてくれるのだから、素敵な偶然に感謝です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、八年間誰にも相手にされず続けてきた片手袋研究。しかし有難い事に、昨年の神戸ビエンナーレをきっかけに新聞やテレビで「片手袋とはなんぞや?」という事を取り上げて頂けるまでになりました。

我儘なようですが、いよいよこれから「片手袋に僕が何を見出しているのか?片手袋は人間の行動や心理の何を反映しているのか?」という確信について語らせて貰える場を探っていきたいと思います。勿論、「片手袋に興味あるんだけど一から教えて欲しい!」なんていう人がいたらそれも大歓迎!

いずれにせよ片手袋を語る場を与えてくれる奇特な方達がいましたら、是非ご連絡下さいませ。

それと今回の番組をきっかけにブログを見て下さった皆様。本当に有難うございます。これからもたまに、ブログを覗いてやって下さいませ。そして、少しだけ片手袋を気にしながらまちを歩いてみて下さい!

P.S 客観的に番組を見て気付いた結論=俺、痩せなきゃ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

『私情』

Ll__

築地では毎朝、トロ箱に使われる発泡スチロールのゴミが大量に出ます。その廃棄場の脇のネットにぶら下げられていた片手袋です。

片手袋の聖地築地では、未だに見た事もないようなタイプの片手袋と出会います。九年目に突入した僕の片手袋研究は、築地という場所がなかったらここまで進化&深化していなかったと思います。

僕と築地の片手袋達との時間は、あとどれくらい残されているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

『限りなく地面に近いブルー』

101004_024615 110329_084900 110725_113227

111018_095535 120109_164158 120117_182919

Img_1570 Img_2141 Img_2144

Img_2250 Img_2252 50

今度からたまに、今までの片手袋写真コレクションから一つのテーマで写真を選んでアップしてみる。

今回のテーマは見ての通り、“ブルーのゴム片手袋”。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

『メディアの中の片手袋⑪名探偵コナン編』

僕は片手袋を通じて“人と人との繋がり”なんかを訴えてきた訳ですが、勿論片手袋からはそれ以外にも“不思議”や“おかしみ”や、その他いろんな感情を想起させられます。

意外かもしれませんが、“恐怖”というのもそんな感情の一つです。何しろ片手袋はそのまま手首を連想させますからね。

P8150006

このブログの最初期の記事でもその事には既に触れています。

今までCMやら漫画やら絵本やら、色んなメディアに登場した片手袋をご紹介してきましたが、どれも片手袋の纏うほんわかしたイメージにスポットを当てていたと思います。しかし、今日ご紹介するのは今までの使われ方とはとは全く違います!恐怖そのもの!まずはとにかくこの画像をご覧あれ。

Photo
(小学館『名探偵コナン』57巻P.21より画像引用)

『死を呼ぶ片手袋』!恐い!さすがどんな状況でも殺人事件を呼びこんでしまうコナン君、片手袋も例外ではありません。

この事件では、被害者の遺体の手に片方だけ手袋が嵌められていた事がキーワードになってくるのですが…。続きは是非読んでみて下さい。

実はこの情報は遡ること八年前。僕の片手袋活動最初の舞台であるmixiの片手袋コミュニティにおいて、参加者の方が既に報告してくれていたんです。それを先日思い出して単行本を購入しました。

ずいぶん時間が経ってからの確認になってしまいましたが、片手袋研究における貴重な資料がまた一つ増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »