« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

『今年もありがとうございました』

今年も片手袋界は色々と賑やかな一年でしたね!ざっと振り返ってみますと…

一月:片手袋研究に明け暮れる日々

二月:片手袋研究に明け暮れる日々

三月:神戸ビエンナーレに入選の知らせ

四月:片手袋研究に明け暮れる日々

五月:片手袋研究に明け暮れる日々

六月:片手袋研究に明け暮れる日々

七月:片手袋研究に明け暮れる日々

八月:片手袋研究に明け暮れる日々

九月:片手袋研究に明け暮れる日々

十月:神戸ビエンナーレに『まちに咲く五本指』出品

十一月:神戸ビエンナーレに『まちに咲く五本指』出品

十二月:流行語大賞、史上初の四つ同時受賞。そして片手袋研究に明け暮れる日々

いや~、本当に色々あった一年でした!って、神戸ビエンナーレ以外何もねーじゃねーか!

…でも皆さん。この八年間、その神戸ビエンナーレすらなかったんですから、恐ろしいと思いませんか?今年はこれでも、片手袋史上もっとも慌ただしい一年だったんです!

三月以降、仕事以外は全て作品制作に費やしました。その過程で、新たな出会いがあったり、より深く片手袋について考えたり出来るようになりました。そして神戸ビエンナーレが始まると、予想以上に大きな反響を頂く事も出来ました。

何十万人もの人が僕の片手袋写真を見てくれるなんて、今まで想像すらした事なかったです。おまけにテレビや新聞の取材もお受けして、さらに多くの人に届く事になったんですからね~。神戸ビエンナーレ以降、道で出会った片手袋の写真を投稿してくれる人まで出てきたんですから、八年前の自分に教えて上げたいです!

来年もこの流れを絶やさないよう、色んな形で片手袋を広める活動が出来たら、と考えております。勿論、基本は日々の片手袋研究&ブログの更新にあるので、皆さま、時折覗いてみて下さいませ。

さて、今年最も印象的だった片手袋=MVS(Most Valuable KATATEBUKURO)”ですが…。※ちなみに去年はこちら

九月に出会ったコイツです!

Img_3565

写真としては地味ですが…。メリケンパークで作品制作を始めた初日に、神戸ビエンナーレの事務局で出会った片手袋です。

初日にコイツと出会えた事で勇気づけられた気がしたし、作品もきっとうまくいくような予感がしました。なので今年は片手袋の存在感とか写真の出来、とかではなく、心の部分で選びました!

さあ、来年はどんな片手袋との出会いが待っているでしょうか?そして片手袋研究がどんな風な広がりを見せるでしょうか?何だか楽しみです!

皆さま、今年一年有難うございました。そして良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

『シクラメンのかほり』

_4545_

年末で慌ただしい時間が過ぎていく中、こんな片手袋に出会ってホッコリしました。お花屋さんの前にあったんです。

今年神戸ビエンナーレに出品した僕の作品のタイトルは、『まちに咲く五本指』。もっと早くコイツに出会っていれば、作品を象徴するような一枚として使えたんですけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

『裏を返すと』

_211_

随分とカラフルな片手袋。でも裏返し。

考えてみれば、裏返しの片手袋ってあまり見掛けません。特にファッション類の介入型は。

もしかして拾ってあげた人が、ちゃんと表にして置いてあげてる、なんて事ないですよね?だとしたら物凄いキメの細かい優しさですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

『そりゃあ片手袋の勝手だろ』

_1225__2

片手袋撮影において乗り越えなければならない壁。それは“他人の視線”。

「この人何撮ってるの?」と訝しむ通行人の視線。「い、いや、僕はただ片手袋を撮ってるだけなんです!」と慌てて説明したい気持に駆られるが、その説明自体物凄く怪しい事に気付き言葉を飲み込む。

今日出会った“介入型ガードレール系片手袋”の場合、通行人の他に車道を走る車の運転手さんからも視線を投げ掛けられる。

でも、もういいんだ。そんな事はどうでも。どうでもいいじゃないか、そんな事はどうでも。スーパーソニックジェットボーイ…。

行動だけでなく、文章もおかしくなり始めてます、最近。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

『聖夜に子供達は…』

子供がずっと探し物をしているので、何を探しているのか聞いてみました。

_22_

キティちゃんシールの手袋が片方なくなったそうです。

親は片手袋を撮り、子供は片手袋をなくし…。親子で何やってるんでしょうか?

メリークリスマス(唐突に)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

『サンタの落とし物』

_54__2

今日はサンタさんからのプレゼントなのか、一日でなんと七つの片手袋に遭遇!僕にとっては最高のプレゼント!

でも、落とした人にとってはクリスマスイブに手袋を片方なくすなんて、あんまり良い思い出じゃないですよね…。

ところでサンタクロースの画像を検索すると、手袋をしている・していない、2パターン出てくるんですが、正式にはどちらなんでしょう?正式、なんてないのかもしれませんが。

いずれにせよ、明朝、サンタが落とした片手袋に遭遇したら幾ら僕でも腰抜かしますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

『me,too.』

_121_

この手の形は、「愛してます」を意味するそうですね。

僕だって片手袋の事、死ぬほど愛してるさ!例え皆に笑われようとも!

…え?笑ってる人いるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

『影の加減』

どんな片手袋でも平等に愛する、片手袋博愛主義者の僕ですけど。

片手袋そのものではなく、それを撮った写真に関してはやはり好き嫌い、出来不出来が出てきてしまいます。

寒くなってきてから既に沢山の片手袋と出会っていますが、今日はこの冬一番印象的な片手袋写真を撮る事が出来ました。

_dgfdg__2

影まで撮る事が出来たのが良かったですね~。こんな事で二、三日は機嫌が良くなる僕であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

『門前仲町で逢いましょう』

ちょっと用事があって門前仲町を歩いていたら、永代通りで出会いました。

__

これを撮ってる時に、なんだか不思議な気持ちになってきました。

「…ここで前にも片手袋と出会ってないかな?」

家に帰ってパソコンを調べると、やっぱりありました!

_1_

今年の二月四日、確かにここで出会ってました。一緒に映ってる台車から判断するにガードレール一個分ずれてはいますが、殆ど同じ場所です。

ここは魚屋さんの前なんで、軍手とかだったら何かの作業の為にわざと置いてある事も考えられますが、僕が出会ったのはいずれもファッション類。何故かは分かりませんが、手袋を落としやすい磁場のようなものが発生しているのでしょうか?

もう一つ不思議なのが、別に門前仲町を頻繁に利用する訳でもない僕が、何故こうも遭遇してしまうのか?

だって別にここは高確率で片手袋が発生しやすい場所ではなくて、この一年間に二個しか発生していない事も考えられる訳で。だとしたら、その二個にいずれも僕が立ちあってるって何なんでしょう?

もう大抵の事では驚きませんが、やっぱり僕と片手袋の間には何かありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

『paint it white』

Img_4223

朝日の当たった真っ白い軍手類片手袋。僕の技術とiphoneでは、どうしても片手袋がこんな感じで写ってしまうのです。

今のところ解決策として…

Img_4224

こうやって接写すると何とか片手袋の細部まで写るんですが。接写をすると片手袋の表情が分かって良いのですが、引きで片手袋の置かれている状況も押さえたいんですよね~。

やっぱり良いデジカメとか買わなきゃ駄目なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

『インパク知』

_df_

地面に走る十字の亀裂。そこに一つの片手袋。

この片手袋の位置。ボキャブラ天国の座標で言えば、ちょうどバカパクの辺りですね。

年齢を感じさせる文章で申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

『What do you think? 』

_12__2

ご近所さんからの目撃報告を受け、仕事終わりに急いで現場へ直行。

雨がぱらついてきておりましたが、片手袋はまだありました。こういう地道な努力が必要なんです!多分。

ところでこの冬、介入型の片手袋は“三角コーン系”がとても多いですが、皆さんはいかがですか?聞かれても困りますか?

まあそれは置いといて、この片手袋を撮りに行く道中で違う片手袋と二つも出会ってしまったのですから、本格的にシーズンが始まっているのを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

『リッツは食べるのみ』

___1

ミッドタウンにあるリッツカールトンの入口付近で撮りました。

これを撮っている時、横をロールスロイスが通り過ぎたのでビビりました。しかしよく辺りを見回してみると、走っているのは超高級車ばかりでした。そういう地域なんですね。

「下駄を履く人作る人。そのまた鼻緒を作る人」

などと申しますが、

「ロールス乗る人作る人。その横で片手袋を写す人」

という心境でした。

…なんだ?その心境。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

『下を向いて歩こう』

_er_

コンビニの外にあった片手袋。私、これは介入型の片手袋に分類したいと思います。

誰かが落ちている片手袋を拾い、落とし主が見付けやすいよう目立つ場所に置いてあげるのが介入型。必然、介入型はこのように視線に入りやすいよう高い位置にあるのが普通です。

741

冒頭の片手袋はほぼ地面にあったので、最初に見つけた時は「放置型かな?」と思いました。

_gh_

でも地面近くとはいえ、この僅かなスペースの角っこに置かれている几帳面さを見ると、「どうもこれは介入型なんじゃないかな?」と思った訳です。

「初めて見付けた、地面にある介入型!」…と思いきや、過去にもこんな怪しいのがありました。

P1310438

これは片手袋の分類に新たな仲間が加わる可能性大です!もう一つくらい具体例を見付けなければいけませんが、“地面の介入型片手袋”がにわかに盛り上がってきたのは事実。

来年の日経MJヒット商品番付から目が離せませんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

『投稿頂きました!④』

またまた色々な方から写真が寄せられました!

※片手袋投稿No.7

Bbf_3shcuaezfxv

【投稿者名】

babyjoseeさん

【発見日時】
2013/12/10
 

【発見場所】
寝屋川市駅前

【発見した感想】
寝屋川市駅前で、鉢かづき姫が大事そうに持っていました。自分ではめればいいのに。(※Twitterで頂いたメンションを管理人が編集させて頂きました)

※管理人から一言
Twitter経由で大阪から投稿して頂きました。有難うございます!

この写真、とても面白いですよね!確かに鉢かつぎ姫の手の辺りに置かれた介入型片手袋。まるで笠地蔵ですよ!

この写真を見て、片手袋における新たな研究課題が浮かび上がってきました。まだ上手く頭の中で整理出来ていないのですが、いずれ発表したいと思います。

※片手袋投稿No.8

120131_1008gh501_2 Ivd9k_2

【投稿者名】
Mayukoさん
 

【発見日時】
不明

【発見場所】
不明
 

【発見した感想】
こんばんは(^^)見つけました!男性物のようです。撮影していたら、犬の散歩中の方と犬に 不思議そうにみられましたw

※管理人から一言
以前も投稿して頂いたMayukoさんから、またまた頂きました!有難うございます。Mayukoさん、順調に片手袋道に迷い込んでおります!

落ち葉にまみれた放置型の片手袋。季節を感じられる良い写真ですね~。僕のコレクションのこの写真を思い出しました。

Photo

片手袋を撮影する際の周囲の視線は永遠の課題です。僕も未だに恥ずかしいのですが、片手袋への愛がそれを上回っているのでしょうがありません!

それとMayukoさん、前回投稿して頂いた片手袋を毎週チェックしていたそうですが、三週目に無くなっていたそうです。

Tsjjx Iiud3

この視点はとても重要で、“片手袋と時間経過”については僕も以前考察しました。

Mayukoさん、一枚目でそれに気付くなんて素晴らしいです!

※片手袋投稿No9.10

994663_554246717987531_1536999957_n 1467297_556275844451285_357508157_n


【投稿者名】
Kさん


【発見日時】
(一枚目)12/8
(二枚目)12/12
 

【発見場所】
(一枚目)相模大野
(二枚目)文京区湯島
 

【発見した感想】
(一枚目)相模大野の路上で片手袋発見。石井さんの影響で写真に撮ってみました。たくさんの車に踏まれたのか、イカ焼き並みにかなりぺっちゃんこでした。

(二枚目)「おかえり。」湯島で見つけた片手袋。

(※Facebookにアップされていた写真と文章を、許可を頂き掲載させて頂きました)

※管理人から一言
ご近所の知り合いKさん。神戸ビエンナーレの作品も見に来て頂きました。最近片手袋を撮ってFacebookでアップしていたので、ご紹介させて頂きます。

一枚目のペッタンコの片手袋。確かにあるんですよね~、信じられないくらいペッタンコのやつ。

Pb070216

でもKさんのこの撮り方はインパクト大ですよね!

二枚目の写真。確かに写真に映り込んだ言葉や風景が、片手袋との妙なマッチングを見せて独特の雰囲気を醸し出す事があります。意図せず片手袋に付けられたキャプション、と言いますか。

Pc270027

例えばこの写真なんかも、『休止中』というタイトルを付けたくなるくらい、偶然写り込んだ文字が何かを主張しているような気がしてきます。こういう所も片手袋写真の面白味なんじゃないかな?と思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回も投稿して下さった皆さん、本当に有難うございました!皆さんの写真と、僕のコレクションを照らし合わせる事で、新たな発見がありますね!

引き続き、投稿お待ちしております!

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

『エブリご近所、カ~ミングアウトッ!』

Img_4471

これまで八年間。ごく少数の友人や家族にしか、僕の片手袋活動について話した事がありませんでした。

しかし今年、神戸ビエンナーレに入選したのを機に皆にカミングアウト。最初は変人である事が発覚すると同時に白い目で見られる事を恐れましたが、意外にも皆笑って面白がってくれました。

それどころか実際に神戸の作品を見に、多数の知り合いが神戸まで足を運んでくれたのだから驚きました。こんな事ならもっと早くカミングアウトしておけば良かった、と後悔しました。

もう一つ嬉しい事が。最近は近所の知り合いが、「○○に片手袋があったよ!」と目撃報告を寄せてくれるのです。情報が入るとすぐに写真を撮りに行くようにしているので、今までよりも片手袋との遭遇回数が増えました。

今日の写真もそんな目撃情報をもとに撮りに行きました。少し遠かったのですが、片手袋ダイエットで歩いて向かうとまだちゃんとあった!後ろにライトアップされたスカイツリーも映り込んで、お気に入りの一枚となりました。

ありがとう、近所の方々!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

『擬態という議題』

_kj_

ファッション類介入型三角コーン系片手袋”です。今日出会いました。

一瞬、「軍手類かな?」と思ったのですが、よく見てみるとゴムの滑り止めではなく、白いドット柄でした。

いわゆる“擬態”というやつですね。

何が「いわゆる」なんだかは、自分でも分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

『濡れ鼠』

_1__2

今朝の東京は物凄い暴風雨に見舞われました。

僕は築地にいましたが、そんな中で出会った“軍手類放置型雨に唄えば系片手袋”です。

相変わらず、片手袋の背負っている悲壮感を一手に引き受けたかのような“雨に唄えば系”でしたが、今日の僕は突然の豪雨に襲われ全身ずぶ濡れ。この片手袋よりみすぼらしい風貌でしたよ…。

そんな中でも片手袋撮影は絶対に怠りません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

『The Marvelettes』

Img_2190

この片手袋写真。結構気に入っていて、神戸の展示でも先日のテレビ出演の際も使ったりしてたんです。

やっぱり「なぜこの片手袋がここにあるのか?」というのが、これほど想像しやすい例も珍しいと思うんですよね。

しかし、先日出会ったこの片手袋。

Img_4476

女性物の仕立ての良い片手袋。この片手袋が置かれている状況を少し引いてみると…

Img_4474

こんな感じです。

このポストと片手袋の距離。これぐらいの距離だと、片手袋がここで発生してしまった事と郵便ポストの間に因果関係があるのかどうか、物凄く微妙です。

郵便物をポストに入れる際手袋を外した事が原因なのか、たまたまポストの近くで手袋を落としただけなのか?

難しいな~。

♪Please Mister Postman, look and see!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

『投稿頂きました!③』

各方面から片手袋写真の投稿を頂いておりますので、ご報告させて頂きます!

※片手袋投稿No.4

Exploding_sakurajima_23_november_20 Glove

【投稿者名】

ハンスさん

【発見日時】
2013/11/23

【発見場所】
鹿児島県

【発見した感想】
 The glove I photogrophed in front of the exploding Sakurajima, covered by the ashes of the vulcno.

※管理人から一言

いや~、珍しい片手袋がきました!この写真を送ってくれたのは、神戸ビエンナーレで親しくなった、ドイツ人アーティストのハンスさんです。

正直、写真からは片手袋が落ちていた状況が分からないので分類は難しいのですが、それよりもこの状態ですよ!

ハンスさんは来日してから神戸だけでなく精力的に日本中を旅していたのですが、鹿児島を訪れた際に桜島の前で火山灰まみれの片手袋を発見したのだそうです。

こんな片手袋は流石に僕も見た事がありません!こういうのがあるから投稿は有難いですよね。僕が東京近辺だけで調査していては永遠に出会わなかった可能性がある、片手袋の存在。それを沢山知る事が出来るんですから。

ハンスさん、ありがとう!

※片手袋投稿No.5

_____2

【投稿者名】
Sさん

【発見日時】
2013/11/25


【発見場所】

東京都

【発見した感想】
不明

※管理人から一言

同じ町内会の昔からの知人が送ってくれました。写真に写っているバイクのナンバーだけ修正させて頂きました。

名前を掲載して良いかとか感想とか聞き忘れてしまったのですが、最近は便利なもんで画像データに撮影日時とかが含まれてるんですよね。

これは“ファッション類介入型棒系片手袋”か“ファッション類介入型フェンス系片手袋”かで迷う所ですね。鉄製の門?の支柱に嵌められているので、どちらとも言えそうです。

ちなみに、流石同じ町内会。この写真をメールで送ってもらった数日後に、僕も出会ってしまい笑いました!

Img_4589

※片手袋投稿No.6

Baiscdcqaadjdf

【投稿者名】
Akira.Kさん

【発見日時】
不明
 

【発見場所】

京都四条通
 

【発見した感想】
・これは四条通という京都一番のショッピングストリートにあった片手袋です。四条通の突き当たりには八坂神社があり、鴨川を渡り河原町を過ぎて烏丸通に行く途中、そこに落ちていました。

・路肩に落ちていました。色が土色に変わっているところが排水溝です。だからちょうど境目あたりです。
(以上、Twitterで寄せて頂いたコメントを管理人が抜粋させて頂きました)

※管理人から一言
・ほんわかテレビを見た視聴者の方が読売テレビの森アナウサーにTwitterで感想や片手袋発見報告を送る。
     ↓

・森アナウンサーが僕のアカウントで片手袋投稿を受付けている事を伝えて下さる。

そんな流れで、Twitterを通じても幾つか片手袋の投稿を頂いております。本当に有難うございます。

Akira.Kさんもそんな流れで写真を送って下さいました。これは片手袋の王道、“軍手類放置型路肩系片手袋”ですね!

僕はこのタイプの片手袋に何度出会ってきたか分かりませんが、それでも京都に落ちていた、と聞くと軍手の白さも舞子さんのようにはんなりとした趣が感じられるから不思議です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回投稿して下さった皆さん、本当に有難うございました!やはり片手袋の撮り方一つとってみてもそれぞれの個性が感じられますね。面白いですし、僕の片手袋研究ももう一段階進化していけそうです。

引き続き、投稿お待ちしております!

※投稿の際の手引はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

『19の掌』

Img_4640

見て下さいこの写真。片手袋的にとてつもなく難しい問題を孕んでます。頭がパンクしそうです。

片手袋界の“四色定理”として知られる、“三つの手袋問題”。簡単に言えば、「同じ柄の手袋が三つ落ちてたら、それは三つの片手袋なのか、もしくは一組の手袋と一つの片手袋なのか?」という問題です。

三つだけでもややこしいのに、今日の写真、19枚の軍手が干してあるんです。という事は…

①19枚の片手袋である
②1組の手袋と17枚の片手袋である
③2組の手袋と15枚の片手袋である…

以下、可能性は幾らでも考えられますよね?こうなるともはや、「軍手はそもそも揃いの物として考えられていないのではないか?」という可能性が生じ、そうなると「手袋は二枚で一組である」という前提が覆されかねませんよ。

師走でお忙しい時期に、皆さんにこんな重大かつ難解な問題提起をしてしまってスミマセン。各自、レポートにまとめて提出して下さい。

僕はそろそろ晩飯でも食いますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

『電柱でござる』

Img_4639

多分片手袋を拾った人が、電柱に元々結んであった紐に挟んだんでしょうね。

これをやってあげた人、繊細なのか豪快なのかよく分かりませんが、優しい人である事は間違いないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

『神戸ビエンナーレへの道~無事閉幕!~』

                           

120227_12u06011_3

九月、初めて入った実際のコンテナ内部。あまりの暑さと湿気に驚き、

120131_11008501_2

フレシオンかめやさんという心強い味方に励まされ、

 120227_1206011_2

兄に手伝って貰い、床の写真を配置した時は妙な手応えを感じ、

 Img_3717_2

自分のイメージの中だけにしかなかった作品が、悪戦苦闘しながらも実際に姿を現した時には感動を覚え、

 P6080541_2

神戸ビエンナーレが開幕してみれば、来場者の方の新鮮な反応が嬉しく、

 20080612014958_2

テレビの取材や、

 40974968_201_2

新聞の取材など、地味だった片手袋活動に光があたり、

 120131_1008fh501_2

何より神戸のまちに対し深い思い入れが湧いてきた頃に、神戸ビエンナーレは12/1で終了しました。休む間もなく翌日に、

 Img_1952_2_2

胸を痛めながら大切な作品の解体を始め、

 120131_1008501_2

二ヶ月間耐えてくれた写真達も、どことなく疲れて見えたり、

 Img_4634_2

そんなこんなで、コンテナは再び空に戻りました。

神戸ビエンナーレに入選が決まった三月末から今まで、本当に沢山の方に助けて頂きました。

家族、友人知人、材料や資金を援助してくれた方々、何から何まで神戸での作業を助けてくれたフレシオンかめや様、実行委員の方々、作家の皆様、そして何より実際に作品を見て下さった鑑賞者の皆様、新聞やテレビに反応して片手袋に興味を持って下さった方々。

片手袋研究家として過ごしてきた、地味な地味な八年間。しかしその間に溜めこんできた写真や研究成果や想いが、今年一気に爆発して沢山の出会いを連れてきてくれました。

今回の出品作、『まちに咲く五本指』がテーマにした“人と人との見えない繋がり”。図らずも、作品を作っていく過程で僕自身がそのテーマを深く再認識する事になったのです。

これから片手袋にどんな未来が待っているかは分かりませんが、今年経験した事は僕にとって本当に大きな財産になったと思います。その財産を糧にまた何か面白い事が出来れば、と考えております(とにかく本として出版が出来れば…)ので、その時にはまたよろしくお願い致します!

P.S 当たり前ですが、当ブログでの片手袋に関する更新はこれからも続いていきます!どうぞよろしくお願い致します!

Img_4467_2

※神戸ビエンナーレを見に行ってくれた友人から送られてきた画像。期間中、他の作家さんのコンテナに片手袋が落ちていたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

『通常営業』

Img_4578

二ヶ月にわたって開催された神戸ビエンナーレも、12/1に無事終了致しました。

僕個人の地味な趣味として続けてきた片手袋が、大きく羽ばたいた今回の挑戦。勿論、書きたい事は山ほどあるのですが、今日は敢えて通常営業。

自転車置き場の地面に落ちていた子供用の片手袋。きっとお母さんが子供を降ろそうと抱っこした時に、落ちてしまったのでしょう。

またこのような地味な報告を続けてまいりますが、皆様、たまにで良いので当ブログを覗いてやって下さいませ。これからもよろしくお願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »