« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

『編集』

みうらじゅんさんと泉麻人さんの対談音源を聞いてたら、若かりし頃の二人の出会いを語り合っていました。

泉さんが編集をしていた雑誌で怪獣特集をする事になり、みうらさんを執筆陣に迎える事に。二人は打ち合わせの為、喫茶店で初顔合わせをしました。

その時、二人とも子供の頃にやっていた怪獣スクラップを持ってきていて、意気投合したそうです。しかし、二人のスクラップには若干の違いが。

みうらさんは怪獣の写真だけをスクラップしていたのに対し、泉さんは怪獣に夢中になっていた頃に好きだった力士の写真などもスクラップしていたそうです。

みうらさんは、泉さんが子供の頃から“時代そのもの”をパッケージする視点を持っていた事に、「やっぱり編集者は違うな~」と感じたそうです。

さて、それが片手袋と何の関係があるか、という事なんですが。

この前出会ったこの片手袋。

Img_4218_2

僕の片手袋コレクションの中から、共通点があるものを並べるとします。

例えば、赤と黒のカラーリングに着目して、

Img_2687 Img_2760 Img_3290

これらの片手袋を選ぶ事が出来ます。

一方、“軍手類放置型路肩系片手袋”である事に着目すると、

Img_1770 Img_3394 Img_3475

このような片手袋を選ぶ事も出来る訳です。

つまり、膨大な片手袋写真をどのような視点で編集するか?これが片手袋の本を出す際には重要になってくると思うので、日々悩んでる訳です。

ただ、一番の問題は、片手袋の本を出版するあては今のところ無い、という事なんですが。

…何見てんのよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

『THE LATTER』

Img_4501

自転車の荷台に片手袋。

自転車の持ち主の方が置いていったのか、自転車の傍に落ちていた片手袋を誰かが拾って置いたのか。

この自転車がかなり錆びていて長年放置されている感じだったのに対し、片手袋が割と新しかった事から察するに、恐らく後者でしょうね。

でもこういう放置型と介入型の狭間にあるような片手袋は、想像のしがいがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

『写真投稿頂きました!②』

以前、片手袋写真の投稿を呼び掛け直後に一件投稿して頂いた訳ですが。その後、Twitterやメールを通じて、幾つか写真を送って頂きました!

今日はそちらをご紹介致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※片手袋投稿No.2

__131118_000248

【投稿者名】
SSさん

【発見日時】
2013/11/18

【発見場所】
川越市駅近くの駐輪場

【発見した感想】
自転車の鍵を出したときにでも落としたのでしょうか。
すぐそばに料金精算機があるのでお金を入れるために手袋をはずしてちょっとポケットにでも入れたのが落ちたのでしょうか。
けれど寒い日でしたので、これから自転車に乗って帰ろうとするときに手袋を落として気づかないだろうか?自転車をとめて急いで駅に向かう人が落としたのかもしれません。色々と想像が広がりました。
目につきやすい入り口の柵に置かれており、拾った人の優しさも感じました。落とし主が見つかるといいですね。

※管理人から一言
詳細なレポート付きの素晴らしい投稿です!ありがとうございます。

一応分類してみると、“ファッション類介入型ガードレール系片手袋”になるかな?と思います。

コインパーキング、そしてその敷地内の料金所周辺というのは片手袋が多いです。

Img_3292 120227_1206011

やはりSSさんもおっしゃる通り、鍵やお金の出し入れに伴って手袋を落としてしまうんでしょうね。

※片手袋投稿No.3

Tsjjx S7jwo

【投稿者名】
Mayukoさん

【発見した感想】
こんばんは♪片手袋 気になりながら歩いて(笑)今日!見つけました♪(^-^)/持ち主さんが気づかれたらいいですね。毎週歩く道ですので、来週もチェックしてみます(^o^ゞ

※管理人から一言
Twitterを通じて投稿して頂きました。有難うございます。

これは“ファッション類介入型棒系片手袋”ですね。

P2120440 55

Mayukoさんの写真で気になるのは、片手袋が挿してある棒のすぐ横にフェンスがある事です。数としては“棒系片手袋”よりも“フェンス系片手袋”の方がよく目にします。

110315_093930

しかし、敢えて棒を選んだ所に拾ってあげた人のこだわりと少しの遊び心を感じますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

二つとも素晴らしい投稿です!ありがとうございました。いずれもファッション類である事に、片手袋研究家としては冬の訪れを感じます。

これをご覧になった皆様も是非、写真を送ってみて下さい!よろしくお願い致します。その際は、

katateblog@gmail.com

までお願い致します。Twitter経由でもOKです!

投稿の際の注意点として、こちらの記事もご参照くださいませ。SSさん、Mayukoさん、本当にありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

『大阪中央卸売市場の片手袋調査②』

前回からの続き)

キョロキョロしながら片手袋をさがしつつ歩いていると、大阪中央卸売市場に到着。

Img_4397

しかし、寝坊の為少し遅すぎたようで、場内は既に暗い。

Img_4401

あちこちで水を撒きデッキブラシをかけている。これでは落ちた片手袋も片付けられてしまっているかも…。しかしせっかく来たのだから場内を歩いてみる事に。すると、いきなりこんな光景が!

Img_4392

うわ!いきなり“三つの手袋問題”か!片手袋界の“ポアンカレ予想”が“手袋と手袋の距離問題”なら、片手袋界の“四色定理”がこの“三つの手袋問題”!(この段落、かなり頭おかしい事になっているのは自覚しております)

“三つの手袋問題”とは簡単に言えば、「同じ柄の手袋が三つ落ちてたら、それは三つの片手袋なのか、もしくは一組の手袋と一つの片手袋なのか?」という問題である。しかし、いきなりこんなアヴァンギャルドな形で同じ手袋が三つ並んでいるとは。まるでピラミッドを護る為に謎を投げ掛けてくるスフィンクスではないか!大阪中央卸売市場、恐るべし。

Img_4390

気を取り直し歩いていると、お次はこんな片手袋が。

Img_4400

これは作業系片手袋!これは築地でも良く見掛ける片手袋です。例えばこんな風に。

54

やはり市場という磁場は、東西関係なく同じような片手袋を産み出すようだ。

さらに、こんな珍しい作業系片手袋も見付けました。

Img_4394

う~ん。素晴らしい。

実は「美味しい朝ごはんを食べたい」というのも市場に来た理由の一つなので、途中お寿司屋さんに入りました。こちらのお寿司屋さん、東京の僕からしたら初めて経験するシステム(醤油は自分で刷毛でネタに塗る、等)でしたが、とても美味しかったです。

Img_4396

一時間くらい場内を歩き回りましたが、そろそろ神戸に向かう時間。放置型にしろ介入型にしろ、一般的な片手袋に出会う事はありませんでしたが、大阪中央卸売市場が持っている片手袋ポテンシャルは充分感じる事が出来ました。

…と思ったら、帰り際に籠系片手袋が御見送りしてくれました。横にちゃんと揃いの手袋がある所が悲しいですね。

Img_4403

これからも、東京以外の都市に行く事があったら、市場を見学してみると面白いかも、と思いました。まあ、僕の場合片手袋目当てなんで、全く一般的な目的ではありませんが。

※今回の結論=全国の市場、片手袋的にヤバイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

『大阪中央卸売市場の片手袋調査①』

11/17、僕の出演した『大阪ほんわかテレビ』の放映日。後日録画を送ってもらいチェックする事にしていたのだが、夕方になって「やっぱり生で見たい!」という衝動が抑えられなくなてしまった。

結局六時に仕事を終えると大急ぎで家を飛び出し、大阪に向かった。そしてビジネスホテルで自分の出ている番組をチェックする、というとても不思議な経験を味わったのだった。

翌日は神戸ビエンナーレのまだ見ていないエリアを周る予定だったが、その前に午前中、大阪中央卸売市場を調査する事にした。

“調査”。勿論、片手袋の。ではなぜ大阪中央卸売市場なのか?

今回のテレビロケで実感したのは、“僕の片手袋研究は東京で構築してきた研究である”という事だ。つまり、今までの研究が東京以外の都市でも通用するのか分からなかった為、ロケで片手袋のありそうな地域を特定するのに苦労したのだ。

東京で片手袋の聖地と認定している場所は二つあって、一つは“東京湾奥”と呼ばれる、海沿いの倉庫や運送会社や工場の密集地帯。これに関しては、テレビのロケで神戸の同じような海沿いの場所を歩いて、沢山の片手袋に出会う事が出来た。

L_4

つまり海沿いの工場地帯は、東京以外の都市でも片手袋の聖地のようだ。

もう一つ、東京には片手袋の聖地があって、それは築地市場だ(本当はさらに“高速道路”というのもあるが、ちょっと特殊な事情なので割愛)。それが何故かについては過去の記事を読んで頂くとして、折角天下の台所大阪にいるのだから、市場を確認してみたかったのだ。果たして築地と同じように片手袋が沢山あるのか?

前日は仕事で疲れた体で大阪まで乗り込んだので寝坊してしまい、朝930頃市場の最寄り駅、野田駅に到着。「さて、市場はどうやって行けば…」、等と考えて歩いていると、いきなり!

Image1

市場に辿りつく前にいきなりのお出迎え。築地も市場だけでなく、その周辺も片手袋が多いので期待が高まる。…とか考えながら10歩ほど歩いてたら。またもや!

Image2

(おいおい、ちょっと幸先が良過ぎないかい?)、などと考えながら写真を撮っていると、横を通り過ぎたサラリーマンの男性が、チラチラとこちらを見ている。

(やはり東京でも大阪でも、往来で片手袋の写真なんか撮ってたら怪しまれるよな)、と小さくなっていたら、なんとその男性がこちらに向かってくるではないか!

(うわ、土地勘がないから分からないけど、なんか写真なんか撮ってたら怒られるような場所だったのかな?)と身構えていると、その男性が一言。

「昨日、テレビ見たよ!あっちにも落ちてたよ!」

なんと、前日の『大阪ほんわかテレビ』を見て下さった方だったのだ!なんだかとても恥ずかしい気分になってしまった僕は、

「あ、ああ!そうですか。なんかスミマセン。こんな変な事やってまして。あっちに落ちてる片手袋ももう写真に撮りました。この辺、凄く落ちてますね。でも、なんか、スミマセン!」

と“スミマセン”を連発しながら、その場を急いで立ち去ったのである。

(大阪中央卸売市場。これは侮れないぜ)。気を引き締めて再び市場に向けて歩き出した。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

『神戸ビエンナーレへの道~残り一週間!~』

Img_3778

神戸ビエンナーレ会期終了まで、いよいよあと一週間となりました!

僕の作品『まちに咲く五本指』は、八年間に及ぶ片手袋ライフの集大成です!今年は仕事以外の時間は殆ど全て、作品に取り組んでいました。

「自分がやってきた事、表現したかった事に対して誠実に」。その思いは努力の甲斐もあり達成出来たと思います。

奨励賞受賞に始まり、二ヶ月間の会期中、予想を遥かに上回る反応を頂きましたし、新聞やテレビに出演する、という滅多に出来ない経験もさせて頂きました。「参加して良かった」、の一言に尽きると思います。

残り一週間。少しでも多くの方に見て頂きたいです。勿論、僕の作品以外にも本当に本当に面白い作品が沢山あります。お近くの方、興味のある方、是非神戸ビエンナーレに足をお運び下さいませ!

神戸ビエンナーレ
http://www.kobe-biennale.jp/

石井公二作:『まちに咲く五本指』
http://www.kobe-biennale.jp/compe/container/2013/20130404153114.html#001839

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

『今日は手袋の日、では片手袋の日は?』

今日、11月23日は“手袋の日”だそうです!

【手袋の日】
日本手袋工業組合が1981(昭和56)年に制定。これから手袋が必要になる季節に向けて、祝日の勤労感謝の日を記念日にした。

ここで皆さんにクイズです!では、“片手袋の日”はいつだかご存知ですか?

正解は…

8月24日です!

【片手袋の日】
2005(平成17)年8月24日、東京都在住の石井公二さんがmixiに“片手袋コミュニティ”を開設し、片手袋という概念を広く世に問うた日である事から制定。毎年この日は盛大なお祭りが行われる、という事も特になく、石井さん自身も忘れてしまいがちである。

ちなみに、mixiにアップした(そして恐らく初めて写真に撮った)片手袋写真がこちらです!

17453550_185

この写真、なんと4KBしかありません!物凄く小さいサイズの写真です。それもその筈、まだ出始めたばかりの携帯カメラで撮った写真なのです。あの頃はこんな写真しか撮れなかったんですね~。

神戸ビエンナーレに出品した写真はB2サイズなんですが、殆どiphoneで撮った写真です。そんなに大きく引き伸ばしても全然問題なかったんですから、技術の進歩に感謝です。

それはそうと皆さん、片手袋の日、是非覚えて下さいね!僕も頑張りますから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

『こぼれたミルクに泣かないで』

Mm__

クラゲでしょうか?

いいえ、片手袋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

『大阪ほんわかテレビ出演記録』

去る11/17(日)、に僕が出演した『大阪ほんわかテレビ』が放送されました。

Image

僕の載った新聞記事を見てオファーを頂いたのですが、最初は「片手袋について喋れば良いのかな?」くらいの認識でした。

しかしディレクターさんとお話してみると、「片手袋を見付ける瞬間を撮りたいので、実際に探しに行くロケがしたい」との事。正直、(それは厳しいな…)と思いました。

だって11月初旬の神戸はまだ暖かかったので、ファッション類の片手袋は無いだろうし、何より僕は関西の土地勘がない。片手袋が高確率で見つかるエリアの知識もない訳です。

しかしまあ、当たって砕けろで神戸ロケを敢行する事に。その際、「・やらせは出来ない・神戸ビエンナーレの事も取りあげて欲しい」という二つの条件を提示させて頂きました。

これに関してはディレクターさんも最初から当然そのつもりだったようで、「当然です!ガチンコで行きましょう!」と力強いお言葉を頂きました。

実際にロケを行ったのは11/5(火)。読売テレビの森アナウンサーに同行して頂き、午前九時頃から片手袋探しを開始しました。出発は神戸ポートタワーあたりです。

Image3

しかしこの前日、ディレクターさんと実際にお会いして打ち合わせをしたのですが、その段階では「見つからなかった時どうするか?」という事に一番時間を割いたように思います。それくらい、ハッキリ言って自信はありませんでした。

実は以前ブログに書いたこの記事。この日のロケを想定して、「狙って片手袋を見付ける」という事にチャレンジしてたのです。勝手知ったる東京ですらイマイチの結果でしたので、重苦しい気持ちのままロケはスタートしました。

しかし、番組を見て頂いた方はご存知かと思いますが、結果的には幾つも片手袋を見付ける事が出来たのです!一つ目こそ見付けるまでに時間が掛かりましたが、ロケをスタートした元町周辺だけで幾つも見付けてしまったのです。

A F

「元町周辺だけでは画が変わらないので」との事で、長年の研究成果から海沿いの工場地帯に移動する事に。すると、ここでも片手袋達はすぐに僕達を迎えてくれたのです。

L

やっぱり僕と片手袋の間には、強力な力が働いているようですし、これまで写真を撮るだけでなくしっかりと片手袋に纏わる事象を研究してきた甲斐もありました!

片手袋もこんな風に撮られる日が来るとは、夢にも思わなかったでしょう!

Image1

実際にOAされたVTRも、当日の興奮する僕と呆れる森アナウンサーの対比が面白かったし、僕が片手袋にどんな思いを抱いていて、どんな風に研究を続けてきたのかが凄く分かりやすくまとまってました。

ブログやTwitterを通じて沢山の反響を頂きましたが、全て好意的なご意見でした。出演して本当に良かったです。

さて、一つだけ事情が複雑過ぎたのか、OAされなかった片手袋があるのですが、それが凄く面白かったんですよ。

一つ目の片手袋を見付けて、再び森さんと歩いていると、道に面したとあるビルのガラス窓に目が留まりました。

C

少し透けてるガラス越しに、ビルの中の片手袋が見えるではありませんか!すぐに森さんがビルに入って中の方にお話を伺うと、そこは御仏壇屋さん。御仏壇を取り扱う時に嵌める手袋が、片方だけ窓際に置きっぱなしになっていたのでした。

僕は「片手袋探し、というとアウトドアな趣味だと思われるかもしれないが、実は室内にも片手袋は沢山ある。きっと、どこの家にだって忘れられた片方だけの手袋がある筈」というような解説をしましたが、急にカメラと有名人である森さんがやってくるは、訳の分からない男が手袋について語り出すはで、御仏壇屋さんは頭が混乱したと思います。すみませんでした!

さて、番組を見て片手袋に興味を持って頂いた皆様。もしよろしければ、こちらの記事を参考に、見付けた片手袋の写真を送ってみて下さい。ブログで紹介させて頂きます!

番組関係者の皆様、森アナウンサー、ロケ中にお話を聞かせて頂いた方々、番組を見て下さった方々。本当にありがとうございました!

P.S 後日、番組ディレクターの方から、片手袋の写真が送られてきました。ロケ以来気になって、撮って下さったそうです。こういう反応が、一番嬉しいですよね!

1384743063502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

『片手袋ダイエット』

最近、太りましてね…。

結婚してから四年間で20kgぐらい太ってしまい、そこから少し痩せたりしたものの、やっぱりお腹はポッテリ…。

そこで最近始めたのが、自宅の最寄り駅から一つ前で電車を降りて歩く事。僕の肥満の原因はとにかく運動不足だと思うので。

始めてからまだ一ヶ月くらいですが、早くも効果が出てきました。既に2kgくらい痩せましたからね。しかも減量だけでなく、嬉しい副産物も!

いつもより多く歩く訳ですから、当然片手袋との遭遇率もアップ!痩せられて片手袋とも沢山出会えるんだから最高でしょ!

Ss___2

今日もご覧のように、駐車禁止の看板の上に絶妙なバランスで乗っかってる、介入型の片手袋と出会いました。寒くなってきたものの、介入型とはまだそれ程出会ってないので嬉しかったです。

こんなに楽しくて、しかもお金も掛からないダイエット法。

いつやるの?…誰もやらないよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

『じみへん』

__h_2

日曜日の『大阪ほんわかテレビ』出演後、ツイッターやブログを通して様々なご感想を頂いております。八年間、殆ど誰にも見向きもされず続けてきた事がこんなに大きな反響を呼ぶなど思ってもみませんでした。皆様、本当にありがとうございます!

八年間積み重ねてきた事の成果として、神戸ビエンナーレなりテレビ出演なりがある訳ですが、とは言え、片手袋との日々の出会い一つ一つは相変わらず極めて地味なもの。そしてその地味な作業は、テレビ放映後も日々続いていくのです。

今日は軍手類にしてはとても綺麗な逸品に出会いました。マンホールの上に落ちている片手袋をよく見付けるのですが、それが何故かについての考察は出来ておりません。まだまだ片手袋には謎が一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

『ありがとうございました!』

1384730759445.jpg

昨日、『大阪ほんわかテレビ』が放送されました!僕が八年間どういう風に片手袋ライフを送ってきたのかを、とても分かりやすくまとめて下さっていたと思います。

始めた時は当然何も考えず、何かに取り憑かれたようにただただ片手袋を撮っていたのですが、長年続けていくうちに片手袋の背後に様々な人間のドラマが見えてくるようになりました。

これからも死ぬまで片手袋生活は続くと思います。地味な趣味ですが、今年は神戸ビエンナーレへの参加、新聞・テレビからの取材など、片手袋が大きく花開いた年になりました。夢である片手袋写真の出版化なども目指し、より多くの方に路上で繰り広げられる“おかしく、優しく、不思議で笑っちゃう”人間ドラマが届くよう精進します!

…ただ、自分が片手袋を撮ったり語ったりしてるのを初めて客観的に見ましたが、ちょっとアレな感じでしたね。

先日のロケでは、放送されなかったけど面白い出来事が幾つもありました。いずれこちらで報告させて頂きます。皆さん、ありがとうございました&これからもよろしく!

※最初の写真は先日のロケで出会った片手袋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

『テレビ出演のお知らせ』

明後日、11/17(日)に『大阪ほんわかテレビ』に出演させて頂きます。

「一つのことに熱中している人を取り上げる」という趣旨のコーナーに出ます。当然僕の片手袋ライフを取材して頂きました。

神戸で実際に片手袋を求めロケをしたのですが、事前に「あらかじめ片手袋を置いておき、見つけたように撮る、といった事は絶対に出来ない」とお伝えしました。

僕が言うまでもなく、番組のディレクターの方は「勿論、ガチンコで探しましょう!」と言って下さいました。もう一つ、神戸ビエンナーレの事も取り上げて頂きたかったので、ロケは神戸で行いました。

寒くなってはきたが、手袋をする程でもない。そんな片手袋的には不利な時期のロケでしたが、結果はどうなったか?結果は番組で!

残念ながら関西のみの放送ですが、関西ではとても人気のある番組だそうです。放送が終わりましたら、当日と様子などをブログでご報告させて頂きます。

関西方面の方、是非ご覧下さい!

・『大阪ほんわかテレビ』
11/17(日)、22:30から読売テレビにて放送

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

『ベラスケス』

先日、ドイツの方を東京案内する際、築地に行ってまいりました。僕には見馴れた景色なんですが、海外の方の目にはやはり全てが新鮮だったようです。

客人を案内しつつも、僕の視線は片手袋捜索モード。だって寒くなってきた築地なんて、片手袋の宝庫ですから。

するとやはり大量にありましたね。

Img_4345

お客様にも楽しんで頂き、片手袋も豊作。言う事なしでした!

そして後日、そのドイツの方からメールで写真が送られてきました。

Kojisan_glove_1

片手袋を撮ってる人を撮った入れ子状の写真でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

『12時のベル』

092246_2

まるでシンデレラですよ、この片手袋…。

だって右上には、台車を押す男性にキチンと可愛がられている軍手両手袋。それをすぐ傍で見せ付けられてるですから…。

せめてコイツがガラスの片手袋ならね~。

…なにが“せめて”なのか自分でも全く分かりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

『七五三』

今日は娘の七五三でした。

こういう記念日には必ず出会います、片手袋。

という訳で一緒にパチリ。

Image

三歳の娘は、“かたてぶくろ”と“エルヴィス”は見付けると認識出来るようになりました。これ以上ないくらい、順調に育ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

『経て』

Img_4060

おお!介入型ガードレール系片手袋じゃないか!

なんだか久しぶりに出会った気がする。やっぱり寒くなったんですね。でも久しぶり過ぎて撮り方を忘れたのか、写真がイマイチ。近づいてもう一枚。

101

う~ん。光の加減なのか黒い手袋の写りが悪く、何を撮ったのか分かりづらいです。まあ、取りあえず二枚おさえたんでこの場を離れました。

しかしこの後、一日中写真を上手く撮れなかった事が心に引っ掛かって、何をやってても気になります。仕方がないので帰り道、再び立ち寄ってみると…

Img_4078

既にガードレールから外れて、下に落ちていました。でもこれ、この状態だけを見た人は、放置型路肩系片手袋だと勘違いしてしまいますよね?

僕が今まで記録してきた路肩系片手袋の中にも、こんな経過で路肩系になったものがあったのかもしれません。

う~ん。やっぱり片手袋研究はまだまだ不完全ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

『先週のタマフル』

僕は毎週土曜日にTBSラジオで放送している、『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』を楽しみに聞いています。

番組の看板企画の一つ『ムービーウォッチメン』は、毎週宇多丸さんが一本の映画を解説&批評するのですが、毎回毎回本当に真摯な態度で映画と向き合っていて素晴らしいです。

さて、先週11/2の『ムービーウォッチメン』は、『アフターショック』という映画を取り上げていました。これはイーライ・ロスという映画監督&俳優&脚本家が関わった映画で、僕は未見ですがかなり残虐な描写満載らしいのです。

僕にとってイーライ・ロスは“『イングロリアスバスターズ』のあいつ”くらいの知識しかなく、彼の撮った『ホステル』などは名前は知っているものの、聞こえてくる評判からして恐そうで避けてきたのが本音です。

宇多丸さんはエクストリームな映画にも造詣が深いと思うのですが、残虐だったり極端だったり過激だったりする映画の中にも人間の崇高さが描かれる瞬間がある、という事を『アフターショック』評の中で力説しておられました。

(※18:00頃からが重要!)

今回なんで急にラジオの話を始めたかというと、ここで宇多丸さんが言ってる事って僕が7月に書いた記事で主張した事、そして神戸ビエンナーレに出品している『まちに咲く五本指』のテーマと全く同じなんですよ!

何もかも信じられなくなるような人間社会の中で、それでもギリギリの所で発揮される小さな小さな、しかし物凄く崇高な行い。僕が片手袋に感じる事と全く同じ事を、イーライ・ロスの関わった作品に宇多丸さんが感じているとは!

ただ何度も言うように、片手袋はそんな“人間の気高さ”なんて格式高い話だけじゃなくって、勿論“人間のおっちょこちょい、というかスットコドッコイ”な部分も表しているからこそ魅了されちゃう訳で。この『アフターショック』評を聞いていると、そんな所もイーライ・ロス関連作に似てるのかな?と。

…こりゃあ『ホステル』、見てみなきゃ駄目なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

『豪快さん』

Img_4081

こういう、“グーの形で裏返し”ってよく見掛ける片手袋ですよね。

きっとポケットとかにしまう時にきちんと畳んだりせず、手から外したまんまで突っ込んでたのを落としたんでしょうね。

そういう豪快さ、ちょっと憧れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

『写真投稿頂きました!』

月曜火曜と再び神戸ビエンナーレに行ってきました。鑑賞者の方のリアルな反応をうかがうのは毎度楽しいですし、今回は片手袋始まって以来の大きなチャレンジもしてきました。

その事についてはまたいずれお知らせ致しますが、今日は先日呼びかけた片手袋写真の投稿に、嬉しいリアクションがありましたのでご紹介致します!

投稿はK.K.Ramoneさんよりメールで頂きました!

Photo


【投稿者名】
K.K.Ramone

【発見日時】
2013/11/3

【発見場所】
山形県山寺駅前

【左右】
右手袋

【発見した感想】
山寺の紅葉を堪能した後、土産物屋の脇にある小さな食堂で美味しい芋煮をいただきました。この手袋の持ち主も同じコースだったのではないでしょうか。

洒落た柄の手袋から察すると若い女性でしょうか。きっと、来るまでは寒かったけれど山寺を昇り降りしたので暑くなり手袋を外したのでしょう。

手袋を片方忘れたことも、素敵な旅の思い出の一つになってるといいなぁと思いました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

K.K.Ramoneさん、素晴らしい投稿有難うございました!

先日僕が書いた投稿の際に書いておいて欲しい事 から抜け落ちていた手袋の左右がキチンと書いてある点、落とし主の心の動きや行動を推理してある点、手袋を落とした事も思い出の一つと前向きな点、模範的な投稿だと思います!

それにしても山形はもうだいぶ寒いのでしょうね。こうした冬用の防寒具としての片手袋が既に出現しているんですね。あと、この片手袋、珍しい形状なのも気になります。

皆様もこのように発見した投稿を気軽に送ってくださいね!その際は、

katateblog@gmail.com

までお願い致します。

K.K.Ramoneさん、全くお会いした事はありませんが、本当にありがとうございました!僕の高校時代からの友人と全く同じあだ名なのが気になりますけど、不思議な事ってあるもんですね!

それでは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »