« 『フリ・フリ'66』 | トップページ | 『業』 »

2013年6月12日 (水)

『神戸ビエンナーレへの道~その9~』

・神戸訪問記②

5/27の朝、兵庫駅で待ち合わせしていた「フレシオンかめや」の井上社長と無事お会いする事が出来ました。

初対面にもかかわらず、井上社長はお会いするとすぐに車で神戸の名所旧跡を案内して下さいました。

平清盛と神戸の関係や…

Img_3115

巨大仏…

Img_3121_3

有名な神戸事件にまつわる旧跡…

Img_3125

などをめぐりながら神戸の歴史を教えて頂きました。

神戸と聞くとなんとなく“国際都市”といったイメージが湧きますが、それは日宋貿易などの時代にまで遡れる事を知り驚きました。

「フレシオンかめや」にもお邪魔しました。社長は神戸空港や神戸モザイクのウッドデッキを手掛けながら、須磨の巨大日時計や現在はノエビアスタジアム神戸にある巨大サッカーボール(元々は日韓ワールドカップの時に作られた)を制作するなど、神戸のまちを楽しく盛り上げていこう、という気概に満ちた御方でした。

1

本当にお世話になった社長とはアートインコンテナの会場となるメリケンパークでお別れし、ここから一人で会場の下見。

Img_3129 Img_3139

海風の気持ちの良い、思っていたより広い公園でした。僕は釣りキチなので、正直疼きましたよ。ここは釣り禁止なのかな?

Img_3142

園内には敢えて阪神淡路大震災の傷跡を残してある場所もあり、そもそも神戸ビエンナーレが始まった経緯などを再確認致しました。そして、勿論僕が今回の作品を作る意図も…。

Img_3134

そうそう、僕にとっての神様にも挨拶してきました。

Img_3160

このエルヴィスの銅像は以前、原宿にあったのですが、その地域が再開発される事になり一時は処分されそうになったのです。

それが数年前、神戸に設置される事が決まった時は本当にホッとしたし、実は僕、神戸に移動したエルヴィスに数年前会いに行った事もあるんです。

今回、このエルヴィスの銅像近くのメリケンパークで展示する事になるなんて、何かに導かれてるとしか思えませんよ!

その後は大阪に移動し、作品に使う資材を作っているメーカーさんや販売店さんを訪ねました。その途中にもしっかりコイツと出会う辺り、因果を感じます。

Img_3167

夕方五時頃に今回の遠征の目的を全て終えましたが、帰りの深夜バスの発車時間までは五時間ぐらいあるので梅田周辺をウロウロ。

大阪まで来て何故か映画を一本見て時間を潰し、無事バスに乗り込んで全ての行程が終了致しました。

今回の遠征で作品制作に向けてかなり具体的な進展がありました。ご協力頂ける方に実際にお会いし、作品に使う資材を決定し、神戸というまちの雰囲気を肌で感じ…。本当に行って良かったです!

これからまだ何度も神戸にお邪魔する事になりますが、積極的に色んな場所を訪ねてみたいと思います!

|

« 『フリ・フリ'66』 | トップページ | 『業』 »

神戸ビエンナーレ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/52015370

この記事へのトラックバック一覧です: 『神戸ビエンナーレへの道~その9~』:

« 『フリ・フリ'66』 | トップページ | 『業』 »