« 『好事家』 | トップページ | 『青い心』 »

2012年10月10日 (水)

『ノーベル片手袋賞』

Img_1565今日のこの片手袋を見付けた時、何故かメリケンサックを思い出しまして。

中学の時、ゴム製のメリケンサックを付けた乱暴な先輩に、肩を殴られて悶絶した事を思い出してしまいました…。

そんな僕のどうでも良い記憶はともかく、今まで片手袋の魅力って何となく指の部分にあるのかな?と思っていたんですね。指の折れ具合とか、逆にピン!と張った様子が妙におかしくて。

だからこういう指が中に陥没しちゃってるタイプの片手袋は、見付けた時の喜びが半減してたんですけど。

しかし!今日の写真みたいに真横から撮ると、なんか妙な味わいが出る事に気付きました!ナイス発見、俺!

でもそんな発見喜んでんの、この世でお前だけだぞ、俺!

オーレ、オレオレオレ!

気を付けよう、おれおれ詐欺!

|

« 『好事家』 | トップページ | 『青い心』 »

写真」カテゴリの記事

コメント

指部分が中に陥没している手袋からは、生々しさを感じています

このような発見で喜んでいる人、ここにもいます

投稿: うみがめ | 2014年7月26日 (土) 07時30分

片手袋って状況や種類、指の形状なんかを見ていくと、一つとして同じものが無いですよね。そこがいつまでも飽きずにいられる要因かも。

投稿: 管理人 | 2014年7月26日 (土) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/47381167

この記事へのトラックバック一覧です: 『ノーベル片手袋賞』:

« 『好事家』 | トップページ | 『青い心』 »