« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

挑発

19


この片手袋、一回ブログにアップした事ありますけど、まだ同じ所にあるんですね。

築地にある商店の店先のポールに刺さってるんですけど。何故刺さってるのかは分かりませんが。

外国人観光客も多い場所です。中指立ててると勘違いされないか、いつもドキドキしてます。

本当はそんなにしてませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

諦めも肝心

Img_0240


今日出会った片手袋。

白い軍手にフラッシュが当たり、ハレーション起こしちゃってました。

本来ならブログにアップするような写真じゃないんですが、今の僕にはinstagramという強い味方が付いてます!

早速色々と写真を加工してみたんですが…。

何やっても見られたもんじゃありませんでした!やっぱり人間、諦めが肝心!

とか言ってその写真を結局ブログにアップしてる僕は、何の花に例えられましょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

『墓場』

20


この世の何処かに象の墓場があり、死期を悟った象は自らそこへ赴きひっそりと死ぬ、とか、猫は死を悟るとひっそりと飼い主の前から姿を消し静かに死んでいく、とか言いますけど。

真偽はともかく、僕は少なくとも軍手の墓場の存在は知っています。

神聖な場所ですが、今日は特別に写真だけ皆様に披露します。具体的な場所はどうかご勘弁を!

死期を迎えた軍手達が大量に集まっています。この中には揃いの軍手も片手袋も、どちらもある筈です。

しかし、彼らはそんな事はもう気にしていません。ただただひっそりと、短い人生の間に掴んだ物達に思いを馳せるだけです。

あなたはこんな顔で死ねますか?(©地獄甲子園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

『片手袋への挑戦』

7何度も言いますが、片手袋が持っている一側面として、“人間に本来備わっている小さな優しさの産物”というのがあると思います。

落ちてる片手袋を拾った人が、見付けやすい所に置いてあげる。

まちで無言のうちに繰り広げられている、優しさのサイクルだと信じてます。

ところがここに、そんな僕の信念を嘲笑するかのような存在が現れたのです!もう、悔しくて悔しくて…。

写真を見て下さい。この片手袋が掛けられている木についている札。なんて書いてあります?

『エゴの木』…。

誰かが片手袋を優しく置いてあげた優しき行為を、“エゴ”と断言してるんですよ!こんな皮肉屋見た事ないよ!

ぼかぁ~ね、一生戦い続けますよ!こういう…、自分の下らなさと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

『遅刻の理由』

111129_085546ちょっと分かりにくいですけど。無数のゴム手袋が落ちてました。おそらく六個ぐらい落ちてます。

何度か紹介しましたが、こういうの本当にややこしいんですよ。何故なら、可能性が幾つもあるからです。

“揃いの手袋が三組落ちてる”のか“二組の手袋と二つの片手袋が落ちてる”のか?勿論“六個の片手袋が落ちている”可能性だってゼロではないですし。

そういう事考えてると、「そもそも手袋なんて一つずつ作られるんで、“揃い”なんてのは人間が勝手に二つの片手袋を組み合わせただけ。だとしたらこの世の手袋なんて例え一組揃いの手袋でも全て片手袋なんじゃないか?」などと根本的な所に立ち返らざるをえない。

だから出来ればこの手の片手袋には遭遇したくないんですよ。待ち合わせに遅刻しちゃうんで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

いつみても波乱万丈

14 この片手袋、ゴミ捨て場のすぐ上に刺さってました。

持ち主に落とされて、その役目を終えたと思いきや、誰かが拾ってガードレールへ。命は救われた、と思いきやそこはゴミ捨て場のすぐ上。恐らく次の収集日にはゴミと一緒に回収されてしまうでしょう…。

波乱万丈…。この片手袋の人生を表すには、この言葉しか思いつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

『雨の中の、片手袋』

1334830902054.jpg 何日か前、雨の中を自転車に乗り急いで帰宅していた時の事。 びしょ濡れでガードレールに刺さった片手袋を発見。 しかし大雨の中携帯を取り出し写真を撮る、なんて凄く面倒臭い。でも、やるんだよ。 急いで携帯カメラを被写体に向けるも、光量が足りず写真は真っ黒。何が写ってるのかすら分からない。 「そうだ!」。自転車のLEDライトを片手袋に当て、もう一度シャッターを押す。 で、撮れたのが今日の写真。そこまでしたのに、正直何だかよく分からない写真だ。 でも、僕はやった。片手袋道を全うした。それで充分じゃないか! その結果、何が得られたのかはすぐには分からないけど。片手袋道を歩み続けてきて、何を失ったのかはすぐに50個程思い付くけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

フェイント

1336053033619.jpg

片手袋の写真を撮り続けてて気付いた事の一つが、“基本的には路上には何でも落ちている”という事です。

多分、世の中に存在している物、殆ど全て落ちてますよ、路上に。落ちている場所が散り散りなだけで、一箇所に集めたらそこにある物だけで一生生活出来ると思います。

で、僕はその中から片手袋を選んで写真を撮り続けてる訳ですが、たまにそれ以外の物でも心を奪われてしまうような落し物があるんですね。

よくあるのが“片手袋だと思ったら両手袋だった”というパターンですけど、それだって見た目のインパクトが物凄いやつがあるんですよ、たまに。

でも、そういった物まで撮影の対象を広げてしまうと、片手袋だけでも忙しくて町を真っ直ぐ歩けないのに、もはや目的地まで辿りつけなくなってしまうと思われるので、撮りたい気持ちをグッと堪えて前に進む事にしています。

で、今日の写真。急いでいる時に見付けた片手袋、かと思いきや片靴下…。

なんか凄い脱力感に襲われ、例外的に撮っちまいました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

53

1334670111007.jpg
昔、知り合いが「俺はゴミ収集の人達をこの世で一番尊敬してるよ」と言ってて、僕は内心(何言ってるんだ、この人は?)と思ってたんですね。

でも最近は何となくその言葉の意味が分かる気がします。

今日出会った片手袋は、ゴミ収集車の傍らに落ちていました。

手袋を落としたせいで仕事に支障をきたしてないと良いんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

ザギン

1334587667063.jpg
銀座で出会った片手袋。

お洒落な町では軍手タイプも真っ白でした。

銀座の真ん中で片手袋にカメラを向ける僕の顔は真っ赤でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

BOX

1334491605817.jpg
この片手袋、横に変な箱が落ちてたんですけどね。

家に帰って画像をよく見たらその箱に、“FOCUS”って書いてあったんですよ。

なんか僕はこの箱に、「はい、ここに片手袋ありますよ!はい、カメラ向けて!フォーカス合わせて!」

と命令されてた形だったんですね〜。

おい、箱!気軽に命令してんじゃね〜!…でも教えてくれてありがとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣替え

1334416524537.jpg
帰り道。雨に濡れた片手袋。

今日は寒かったけど、もう手袋をしている人をあまり見かけない。

よって出会う片手袋も防寒用のしっかりしたお洒落な手袋よりも、作業用の軍手の方が多くなってくる。

沢山の魅力的な片手袋に慣れちゃって、夏でも姿を見せてくれるお前の有難味を忘れてたけど…。

これから次の冬までまた頼むな、軍手よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

再利用

1334312021479.jpg
instagramなるものを始めてみました。

とにかく僕のPCは片手袋の写真で溢れかえっていて、「このブログに既にアップした写真かどうか?」とか、「皆様に見て頂けるレベルの写真か?(ピンボケが酷いのが結構ある)」とか、データの整理が全然出来てないんですね。

でもinstagramに今まで出会った片手袋の写真を片っ端からアップしていけば、とりあえず一箇所にまとめておけるので重宝しそうです。

あとやってみて気付いたのは、写真の加工が凄く簡単に出来るので、ピンボケや面白味に欠ける写真でもなんとなく味わいのある写真に見えてしまうんです!

今日の写真だってなんて事ない片手袋だったんですけど、加工するとちょっと良さげに見えませんか?

「rakuda2010katatebukuro」の名前でやってます。iPhoneかAndroid携帯の人は良かったらチェケラッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

須藤か?

13 今日の片手袋、築地で遭遇したんですけど。

四日前くらいの記事で紹介した片手袋に非常に似ている事に今気付きました。そんなによく見るタイプの手袋じゃないし、もしかして同一片手袋?

でも、ちょっと待って下さいよ。

四日前の記事の片手袋は、我が家の近所で遭遇したんです。で、今日のは築地。恐らく5kmくらい離れてますし、出会った日だって全然違います。

…では何故?

俺、つけられてる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

祝タマフル五周年!

12 毎週毎週楽しみに聞いてる『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』というラジオ番組があるんですけど。

先週、五周年記念で一般のリスナーから特集企画を募集して、オーディションに通ったリスナーが実際に生放送で特集内容を喋る、という恐ろしい企画があったんですが。

僕も密かに片手袋の研究成果を発表する企画書を送ったんですね。まあ、当然選ばれなかったんですが。

ちょっと気落ちして、番組放送終了後に宇多丸さんやスタッフの方々、オーディションに通ったリスナーの方達の反省会を収録したポッドキャストを聞いてたんです。

そしたら何と、番組構成作家の古川耕さんが“オーディションには落ちたけど、タイトルが面白そうだった企画”の中で、僕の企画名(『日本に住んでいて片手袋を気にしない奴はわりと普通だ!』特集)を読み上げてくれたんです!

まあ、時間にして2秒くらいでしたけど、ビックリするやら嬉しいやらで舞い上がっちゃいました!

まあ、こんな地味なブログですけどたまには良い事があるもんですね。またオーディション企画があったら懲りずに送ってみようと思います。

とにかく、タマフル五周年おめでとう!

今日の写真は全く目立たないけど、たまにひょこっと思わぬ所に顔を出す片手袋。まるでこのブログみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

フェロモン的な何か

11 “フェンス型”ですね。

このタイプの片手袋もよく見掛けます。なんか、かすみ網に掛かった野鳥を思わせますけども。

「フェンスに引っ掛けられた片手袋をよく見掛ける」という事は、「人間はフェンスの前に手袋を落としやすい」という事でもありますよね?

フェンスには手袋落としを誘発するフェロモン的な何かが含まれてるんですかね?

僕は含まれてないと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

ほこり

1333972739560.jpg
側道に落ちている片手袋。

殆ど例外なく埃まみれ。

そんな哀れな奴等でも片手袋なら分け隔てなく愛でる。

それが僕の誇り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

俺とウォレット

10 家族が財布を失くしましてね。

どこかに落ちてないか皆で手分けして探してたわけです。

そういう緊急事態の時に限って、見付けちゃうんですよね~、片手袋。

せっかくの出会いを無駄にしないよう、写真を二枚撮って満足してうちに帰りました。

で、僕は何しに外へ出たんだっけ?…っていう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

お片見

1333718362410.jpg
お花見の帰りに出会った片手袋です。

この時期、皆さん上ばかり見上げて益々片手袋の存在感が薄くなります。

しかし、花見は春の風物詩とは言え、夜は凄く冷えるので手袋は欠かせません。ところが皆さん酔っ払ってるので手袋を片方失くしちゃう方も続出。

というわけで、花見の季節は片見の季節なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

変遷

1333553016695.jpg
本日出会った片手袋。
そして今日の投稿は初めてiPhoneでやっている。
思えば片手袋道を本格的に歩み始めたのは、七年くらい前にデジカメを購入したのがキッカケだった。
フィルムカメラより手軽に撮影&保存が出来るので、いつ出会うか分からない片手袋を撮り続けるのには必須アイテムだった。
撮った写真はmixiのコミュニティに投稿して発表。やがて携帯カメラの性能も飛躍的に向上し、デジカメにとって変わる。
写真の発表の場もmixiからブログになり、今年は遂にiPhoneを導入。
撮影、保存、発表が一台の機械で出来るようになってしまった!
片手袋なんて地味な存在でも、案外様々なガジェットの進化と密接な関係があったりするのだ!
しかし、今日の記事が無事投稿出来ているかどうか、明日パソコンでチェックしてみるので、便利になっているのかどうかは、また別の話…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

やがて嵐が来る

9 今朝、嵐が来るその前に、出会った片手袋。

今頃、どうしてるだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »