« 妄想してごらん | トップページ | 人目 »

2009年2月19日 (木)

黒子

1 片手袋道を歩み始めてもう何年にもなるが、僕は今まで二、三の例外を除いて落ちている片手袋に触れた事がない。

「警察に届けてやれよ」とか「目立つ所に置いてやれよ」とかいう意見があるとしたら最もだ。

だけど僕は触らない。

誰かが手袋を落とす。そしてそれに気付いた人がどこかに届けてあげたり置いてあげたり、はたまた誰にも気付かれることなく薄汚れていったり。

そこに起こるサイクルやドラマや静寂に僕は関係したくないのだ。ただじっとその流れをファインダー越しに観察したいだけ。

それが良い事なのか悪いことなのかどうでも良い事なのか分からないけど。

今日も僕はジッと路上を見つめる。

|

« 妄想してごらん | トップページ | 人目 »

雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166536/28197803

この記事へのトラックバック一覧です: 黒子:

« 妄想してごらん | トップページ | 人目 »