2017年12月11日 (月)

『祭りのあと』

先週の金曜に出演させて頂いた『別視点ナイト2』。

自分の話はまあいいとして、共演者の方々の話がとても面白かった。

他ジャンルのマニアの方と自分との同じ・違う所を知りたい、と思っていたのだが殆ど共感しかなかった。

また、新たな問題提起をお客さんにも自分にも出来たと思う。が、それに関してはまだまだじっくり考えてみたいし、また他の機会に譲るとしよう。

これはイベント終了後、近所のバス停で出会った一枚。



脳が刺激され心地良い疲労感に包まれている僕を、優しくクールダウンしてくれているようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

『片手袋の形状に注目してみる』

片手袋分類図だけではどうしてもカバーしきれない情報が沢山ある。

Photo

その代表が「片手袋の形状」だ。

Photo_2

チョキというかピースをしているように見える片手袋と出会ったとき、「いや、落とされてるのにピースじゃないよ!」と笑ってしまう事がある。

落ちている手袋がどんな状態になっているかで、こちらが受ける印象もだいぶ変わる。だから試しによく見る形状を一覧にしてみた。

Photo_3

あくまで試作だけど、どうでしょうか?実は初代の分類図からずっと入っていた、「放置型雨に唄えば系」というのがあったのだが、最新版からは外した。

6
※ひとつ前の分類図

要はずぶ濡れになってしまっている片手袋なのだが、「状況・場所」で分けている第三段階において、一つだけ「状態」での分類になってしまったいたので、泣く泣く外す判断をしたのだ。

120124_093254 Img_1855

ただでさえ誰にも見向きもされず悲しい存在の放置型片手袋なのに、このタイプはその中でも特に悲しい存在だ。だから分類図から外したことが心残りだったのだが、片手袋の形状一覧であれば再び取り上げられる。

それにしても、またやる事を増やして自分を苦しめているな、俺は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

連載『この世界の片手袋に』三回目更新

東京別視点ガイドさんで連載させて頂いている『この世界の片手袋に』、第三回目が更新されました。

http://www.another-tokyo.com/archives/50555372.html

今回は子供用片手袋の愛らしさと悲しさ、それに関連して先日行ったトークイベント『絵本と片手袋の不思議な関係』の様子にも触れています。
7 11 14

是非ご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

『昔の俺はこんなもんじゃなかった』

2

昨日バスから撮った一枚。そういえば昨年、三浦半島でもバスから撮ったな。

Photo

でもね、昔の俺ならこんなもんじゃなかったよ。バスに乗ってる時に見つけたらちゃんと降りてた。まあ、その時は車内から撮れなかったから、というのもあるけど。

常にライバルは昔の自分さ。そうやって深めてきたんだよ、片手袋研究を。

(なんだ、今日の投稿は…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

『優しさや善意にも色々ある』

介入型の片手袋。

Img_2081 Photo Photo_2

基本的には、落ちている片手袋を拾ってあげた人の優しさに注目して紹介している。しかし優しさ、善意というものにも色んな種類がある。「ありがた迷惑」「小さな親切大きなお世話」などという言葉があるくらいだ。

11

雨の日に出会った介入型。天候から考えて、自転車の持ち主がサドルに置いていったとは考えにくい。という事はこのそばに落ちていた片手袋を拾った人が、サドルの上に置いていったのだろう。

優しい行為ではあるのだが、自転車の持ち主が戻ってきたら何と思うだろう?再び地面に捨てるのも気が引けるだろうし。

31

同じような例でいうとこれも味わい深かった。車のポールに介入されている。これも車の持ち主を悩ませたと思う。

後日通りかかってみたら、

Img_8101_edited

車の横の木に移動してた。この場合、それでも捨てなかった車の持ち主が一番優しいですよね?

そして一昨日出会った片手袋。

Img_6112

遠めに見た時、帽子が介入されてるんだと思ったけど、近付いてみたら片手袋。これ、仮に持ち主が戻ってきても、手を入れる部分がダルンダルンに伸びちゃってると思う。

このように、親切心や善意が必ず万人に喜ばれるわけではない、というのもまた介入型の味わい深いポイントだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

『重作業類について』

Photo

片手袋の分類図、第一段階の「重作業類」というのが少し分かりにくいかな?と思います。

軽作業類というのは軍手などですね。もしかしたら数は一番多いかもしれません。重作業類というのは、何かの作業用手袋なんだけど軍手などと違い分厚くて頑丈そうな手袋の事なんです。

Photo_2

例えば先日であったこれ。一見ゴム手袋に見えますが、一般的なゴム手袋より分厚くてゴワゴワした感じ。ちょうどこの向かいでビルの解体工事か外壁工事をやっていたので、工事現場のものであることが分かりました。何か特殊な作業に使うものなんでしょうね。

軽作業類と重作業類をまとめて「作業類」にしようかと思った事もありましたが、やはり軍手とこれを一緒にするのは違和感があったのでやめました。

数は少ないが、手袋に与えられた役割の豊富さに気付かせてくれるのが、重作業類の楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

『少し安心』

2017

数日前から「あ、これは寒さが本格的になってきたな」と感じるようになりました。

今日は外出中、五枚の片手袋と遭遇。殆どが上のような冬型の片手袋でした。正直今年は、

「俺にもついにスランプがやってきたか…」

と思うくらい冬型と出会えてなかったのですが、この感じならまた例年と同じような感じになりそう。ちょっとホッとしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

『2017年最初のファッション・防寒類介入型』

3

昨日、11/12(日)に開催したトークイベント、無事終了いたしました。

女の子が片手袋を落とした事で物語が始まる絵本、『ふたつでひとつ』を出版なされたかじりみな子さんと色んなことを語り合いました。

詳細なレポートはまたの機会に譲るとして、僕とかじりさん、さらには会場のひるねこBOOKSさんの間にある様々な縁に気づかされるイベントでした。

そして、その帰り道。

Fullsizerender

気温が高いせいか今シーズン未だに出会ってなかった「ファッション・防寒類介入型」!遂に出会いました!そして、そこから数百メートル歩くと、

Img_5995_2

いきなり二枚目!ここに「2017年度冬の片手袋シーズンイン」を宣言します。皆様、ここからは益々気を引き締めていこうではありませんか!

※2017年最初のファッション・防寒類介入型=11/12(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

『この誤記ぶり野郎!』

Photo

雨の中のディスポーザブル類。

そういえば最近気付いたのだが、分類図を作ってからずっと、「ディスポーザブル類」を「ディスポーザル類」と表記してしまっていた。

7

お恥ずかしい…。訂正しました。

Photo_2

なので厳密には↑の分類図が最新版です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

『僕がもし…』

Img_5975

僕がもし綺麗な手袋だったら、
Img_7771  Img_8580  Img_0864
こんな風に拾い上げてくれるのかい?
クラムボンはかぷかぷ笑ったのかい?
海は死ぬのかい?山は死ぬのかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«連載『この世界の片手袋に』二回目更新