2018年5月11日 (金)

『連載の最新回が更新されました』

東京別視点ガイドさんで連載させて頂いている『この世界の片手袋に』の最新回です。

http://www.another-tokyo.com/archives/50557191.html

今回はジブリとディズニー/ピクサー映画に登場する片手袋について考察しました。もはや宮崎駿やラセターは片手袋的視線に基づいて作品を構築してるとしか思えません!

「お前、頭おかしいんか!」と言わずに、是非読んで下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

『忙しい』

更新滞っておりますが、とにかく仕事が忙しくて…。

片手袋と出会ってない訳ではないのですが、さすがに出会う頻度は落ちてきてます。今年から撮影はiPhoneだけでなくミラーレス一眼も導入してるので、今は冬場に撮った写真を見返して楽しんだりしてます。

Photo

やっぱり、こういう風に背景をぼかした写真は今までになかったので、なんか新鮮ですよね。でも、片手袋と背景を区別して考えるのか、等価の物として扱うかに関しては熟慮が必要だと思ってます。

仕事が落ち着いてきたら、フカボリシテミ対テーマが溜まってきてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

『一年ぶりに片手袋分類図を改訂しました』

前回、初めての片手袋同人誌『暮らしお役立ち 片手袋分類図鑑』の完成をお知らせしました。

それに併せて、約一年ぶりに片手袋分類図を更新したのです。八回目の改訂です。ちなみに、ついこの間まで使用していた旧版の分類図がこちら。

Photo

そして最新版がこちらです!

Photo_2

今日は旧版から何が変わったのか、説明したいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

第一段階
「新たに“お子様用”という種類を追加しました」

実はこれ、昨年分類図を改訂した直後に追加し忘れたのを悔やんでたんですよ。

13

14

やっぱりお子様用の片手袋は他と違う独特の存在感がありますからね。東京別視点ガイドさんで連載している『この世界の片手袋に』の第三回も、丸々お子様用について書きましたし。

今までは“ファッション・防寒類”と同じに扱っていましたが、これからは分けて考えたいと思います。

第三段階
「放置型に深海デブリ系を追加しました」

先日、とある方からメールを頂きまして。その方は深海の微生物について研究していらっしゃるのですが、海底に沈んでいるゴミの中に片手袋があるんだそうです。

分類図には既に「放置型海辺系」という片手袋がありますが、

Img_4940

海岸に流れ着かず沈んでいく片手袋も当然ある、って事ですよね。

海底片手袋の多くはゴム手袋類で、恐らく分解されにくいのと、派手な色の多いゴム手袋は光の届かない深海で目立つから発見されやすい、という理由が考えられるそうです。

当然僕自身は見た事がないのですが、海洋研究開発機構さんのHPに海底ゴミ(深海デブリというそうです)のデータベースがあるので、是非ご覧になってみて下さい。

http://www.godac.jamstec.go.jp/catalog/dsdebris/metadataList

「イソギンチャクやヒトデの住処になっている片手袋」なんて、さすがの僕でも今まで全く想像していませんでしたよ!

第三段階
「介入型に消火器系を追加しました」

これは実例が溜まっていたのに、今まで何となく分類図に追加していなかったのです。今回ようやく加える事が出来ました。

Img_3626

Img_3653

何故か道端の消火器ケースの上に介入型片手袋がよく置かれているのです。これは介入型室外機系なんかと同じく、

Img_4902

「都会にはあまりない平面&台」としての機能が介入型を誘発していると思われます。また消火器ケースは多くの場合真っ赤な色をしていますので、その視認性の高さも置き場所として選ばれる理由でしょう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

以上が今回の変更点です。分類図は変更・発展させていく事こそがその存在意義なので、今後も新種の発見や新たな視点の獲得がありましたら、その都度改訂していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

『遂に完成!片手袋分類図鑑』

いつもお世話になってる東京別視点ガイドさんに「今度参加するウェブメディアびっくりセールというイベントに、石井さんも何か出しませんか?」とお誘い頂きました。

「それならば」と、ずっと興味はあったけど取り組んでこなかった、片手袋同人誌制作を決意しまして。

一ヶ月くらい睡眠を削りまくって作業を続けてきましたが、ようやく完成しました!それがこちら!

Img_7311

タイトルは『暮らしお役立ち 片手袋分類図鑑』です!

片手袋研究を紹介する際にいつも用いている片手袋分類図ですが、

Photo

正直これ一枚だけ見てもよく分からない事も多いと思うんですよね。なので一つ一つの分類を詳しく解説した、40ページの図鑑を作ったのです。

Fullsizerender

第一段階から第三段階まで、それぞれに実例の写真も沢山掲載しておりますので、片手袋の分類については完全に理解して貰えると思います。

町で出会った片手袋の種類が分からず、迷子の子犬のように不安な顔をしていたあなたもこれでもう大丈夫!是非是非、手に取ってご覧下さい。

イベント当日は東京別視点ガイドさんブースにて、一冊500円での販売となります。当日僕は立ち会えないのですが、片手袋分類図鑑以外には…

「・東京別視点ガイド傑作選の同人誌 ・中国のヤバいオモチャ ・あんみつブローチ ・路上園芸ハンコ ・キレイな枝」

などの販売があるそうです。

片手袋分類図鑑は別にしても、イベント自体が滅茶苦茶面白そうなので、足をお運びくださいませ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
第三回『ウェブメディアびっくりセール』
日付:2018.4.21(土)
時間:12:00~17:00
場所:二子玉川ライズ
料金:無料
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

P.S. イベント終了後も購入して頂けるような方法を各種考え中です。決定次第、またお伝え致しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

『大谷選手の三試合連続HRを見て考えた』

大谷選手。いや、凄いっすね。三試合連続HR。感心する反面、考えちゃいました。

「大谷選手、23歳。俺、37歳。俺が23歳の頃、一体何をしていただろう?それどころか、37歳になった今、大谷選手ほどの何かを残してきたのだろうか?」

僕と同い年であれほどの偉業を打ち立ててきた松坂選手ですら、昨今は色々言われている訳です。じゃあ、俺なんかどうなっちゃう訳?

でもね、ゴマ油が染みだしてくるくらい頭を振り絞って考えてみたら、ありましたよ、一つだけ。大谷選手の三試合連続HRに負けるとも劣らない僕の偉業が。

それは2007年5月1日の事でした。

6

なんと、一か所で三枚の片手袋と遭遇したのです!これは人類が歩んできた片手袋の歴史上、滅多に(ひょっとしたら一度も)なかった事だと思います!今から11年ほど前。僕も20代で既に、こんな事を達成していました。

皆さん、大丈夫です!どんなに平凡に見える人生でも、必ずや一つは誰にも出来ない事を成し遂げているものです。我々だって世界に一つだけのハナ肇。胸を張って生きていきましょうよ!

37歳、松坂世代。これからも全力で走り抜けます!

…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

『冬の介入型もそろそろ終わり?』

東京の桜はすっかり散ってしまいました。今年は暖かくなるのが早いのか、もうツツジも咲き始めています。

そのせいか、最近出会う片手袋は軍手などの放置型が多くなってきました。

Img_7286

でも今日(4/6)なんかは結構寒くて、まだまだ厚手の上着もしまえない感じ。だから完全に冬型の介入型が見られなくなった訳でもないんですよね。

Img_7272
※4/2、千葉のアウトレットにて

Img_7288
※4/5、東京千駄木にて

過去の例を見てみますと、これなんか6/21に出会ってるんですね。

3_2

勿論、冬の間に介入型になったものが六月末までずっと残ってたんでしょうけど、「もう放置型しかないんだろうな」という油断は禁物ですよ。

どれだけ理論的に突き詰めていっても、必ずそれを裏切るものが出てくる。悩ましくもあり、片手袋研究の楽しみでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

『連載の最新回が公開されました』

東京別視点ガイドさんで連載させて頂いてる『この世界の片手袋に』。第七回が更新されました。

『インポのON』とは何か?:東京別視点ガイド

今回は番外編で『インポのON』の記録&調査報告…のつもりが、『インポのON』に振り回され苦しい展開に。

19

しかし最後には僕の出生の秘密も絡んだ感動の結末が!

…って「そもそも『インポのON』ってなんだよ!」と言われてしまいそうですが、それも含めて是非記事を非ご覧下さい。

そしてみんなも『インポのON』を探してみよう!見付けたら教えてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

新たな片手袋絵本発見!『だれのおとしもの?』を読みました。

いつもお世話になっている谷中の素敵な本屋、「ひるねこBOOKS」さんから情報が入りました。

「片手袋の登場する新たな絵本が見つかった」

と。すぐに一冊確保をお願いし手に入れる事が出来ました。それが今回ご紹介する絵本です。

『だれのおとしもの?』種村有希子 作/絵(PHP研究所)

Img_7222

表紙の女の子が持っているのは両手袋。一瞬「あれ?」と不安を覚えましたが、

Img_7223

裏表紙を見て納得。緑色の片手袋が描き込まれています。

お話は、まほちゃんという女の子が道端で手袋の落とし物を見つけた所から始まります。全部を書いてしまう訳にはいかないので、片手袋目線でその先の物語を説明すると、

「放置型の片手袋が介入型になるけど、最終的には実用型片手袋になるお話」

です。はい!全然意味不明ですね!でも読んで頂ければ全く嘘は書いていない事がお分かり頂けると思います。

寒い寒い雪の日のお話なのに、読み終わった後は温かな気持ちになる素敵な絵本です。一枚の片手袋を落としたり拾ってあげたりする事で、いつの間にか知らない人同士が繋がってしまう面白さも感じられると思います。何しろ絵がとても可愛らしくて素敵ですしね。

皆様も是非、読んでみて下さい!

そして、片手袋が登場する創作物にまた新たに素敵な作品が仲間入りしました。早速、一覧表に加えておきました。

2018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

「魔が差す。いや、“ま”を指す」

Img_7068

「これです!これが“ま”です!」

そう必死に訴えているような片手袋だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

『七年』

東日本大震災から七年が経ちました。毎年この日は、震災直後に書いた記事を再掲載しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2
これは僕が“介入型”と呼んでいるタイプの片手袋です。

落ちている片手袋に気付き、見つかりやすい場所に移動してあげた誰かが存在する。

そうして生まれるのがこの“介入型”の片手袋なのです。

我々には有事ではなく普段から、このようなちょっとした、でもとても重要な心の優しさが備わっています。そう信じています。

ましてや過去最大級の有事が起きている今この時。

批判や言い争いや怒りはひとまず置いておいて、正確な情報や落ち着いた行動に基づく優しさを発揮しましょう。

僕自信、自分に出来る事は何か、冷静に考えてみます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎年この文章を再掲するのは、何かを啓蒙しようという思い上がりではなく、あの地震の直後に自分が何を感じたかを忘れないようにする為です。

七年も経つとどうしても色々な感情が薄れていってしまうし、「忘れる」という事も人間の大事な機能だとは思いますが、それでもやっぱり心に刻み付けておくべきこともある筈。

あれ以来、様々な団結も、様々な断裂も両方生まれて、その溝はもう絶対に埋められないくらい深まってしまったようにも思います。

でも、片手袋を落としてしまう心の隙は人間誰でも平等に持ってるし、落ちてる片手袋を思わず拾い上げちゃう優しさだって誰にでも備わってます。

大きな繋がりを持てなくても、小さなところでひっそり繋がってる。そんな事も忘れないよう、これからも日々自分に出来る事を続けていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『ふんふんふん、黒豆よ』